工学部 応用化学科

地球環境にやさしい素材・材料が身の回りに増えてきました。では、これまでの大量生産・大量消費の悪循環に、この調子でいけば終止符を打てるでしょうか。地球環境にやさしくても、使い勝手、壊れにくさ、コストの面で優れた素材・材料が現状でいかに少ないことか。応用化学科は、環境を考慮しても人類の生活レベルを落とすことなく繁栄できる安全・快適で持続可能な社会の構築に貢献できるように、応用化学の分野で社会のさまざまな課題に挑戦し活躍できる研究や人材を養成しています。

※2017年4月新設 内容が変更になる場合があります。
卒業するとこんな仕事も待っている?

学びのポイント

化学工学で生産技術も意識
地球環境にやさしく、性能も従来品と同等以上の実用素材・材料を創製するには、基礎研究から産業における生産段階の技術までのどの段階でも手を抜くことは許されません。化学工学で最終段階の生産技術の大切さまで習得し、素材・材料開発の流れを身につけます。
ワークショップ
身の回りで起きている現象の調査やものづくりなど、実際性のある学びを行うワークショップ科目を低学年次から開設し、高い技術力と実行力を身につけることができるよう配慮しました。学んだ知識を実践できる演習科目も、各年次に配置しています。
4部門制
「有機化学」「無機・分析化学」「物理化学」「化学工学」の4部門が柱です。地球環境を意識しながらの素材・材料開発はもはや常識で、いかに人類の高い生活レベルを伴えるかが次世代の焦点です。ものづくりに、適切な素材・材料を見抜く力と開発力を併せ持った技術者の育成を目的とします。

暮らしを支える応用化学

応用化学科の学び
有機化学

高効率で環境にやさしい有機合成プロセスや、高い付加価値を持つ機能性高分子の合成と機能評価のできる素養を身につけます。

無機・分析化学

次世代のエネルギー備蓄に重要な電気化学や、有害物を粘土で回収する無機材料工学、さらに微量の有害元素も見逃さない分析化学を学びます。

物理化学

元素の特性や物質の状態、さらには物質どうしの化学反応やその速度などの化学の基本概念を学び、それらを駆使してさまざまな化学現象を分析できるようになります。

化学工学

生産段階で高効率で低コストなプラント設計ができるように、超音波や生体触媒を用いた化学工学的な解析や設計能力が養成されます。

カリキュラム一覧
カリキュラム図表

PICK UP

  • 物理化学実験 (2年次)

    我々の過ごしている環境には、光・熱・応力・電界などのさまざまな刺激が含まれています。これらの刺激に高分子化合物・有機化合物・無機化合物などの材料がどのように応答するかを、測定実験を通して学びます。

  • 応用有機化学実験 (3年次)

    2年次に習得したものづくり(有機化合物合成)の基本を応用して、高分子などの有機材料を合成します。さらにガスクロマトグラフィー、赤外分光、核磁気共鳴等の機器分析を利用して、それらの分子構造や性質などを調べます。分子構造をもとに有機材料の機能を考える力が身につきます。

  • 応用化学工学実験 (3年次)

    粒子系や粘性の異なる混合物が液体中で沈降する速度を測定解析したり、沸点の違いで混合溶媒を精製する蒸留操作を学ぶことで化学工業における生産段階のプラント設計能力を磨きます。

研究室一覧

東京電機大学では、4年間の学びの集大成として原則1年間「卒業研究」に取り組み、研究成果を論文などにまとめます。
研究室は教員、大学院生、卒業研究生(卒業研究に取り組んでいる4年生)で構成され、同じ専門分野の研究テーマを追求していきます。卒業研究生は、教員からの指導や大学院生からのアドバイスを受けながら、将来の夢に向かって研究活動に邁進していきます。

  • 材料物性化学研究室
    石丸 臣一 教授

    環境を守る無機化合物

    • 電池材料
    • 重金属回収
  • 生体反応制御研究室
    夏目 亮 教授

    有用酵素の開発に
    構造情報を活かす

    • 酵素
    • 結晶構造解析
  • 高分子材料デザイン研究室
    宮坂 誠 准教授

    スマートなプラスチックを
    デザイン・創製

    • 高分子合成
    • 機能性分子
  • 合成有機化学研究室
    篠崎 開 教授

    過酸化水素・
    マイクロ波利用の有機合成

    • 環境適応型有機合成
    • マイクロ波有機合成
  • 分析化学研究室
    保倉 明子 教授

    環境をはかる

    • 環境
    • 植物
  • 電気化学エネルギー研究室
    藪内 直明 准教授

    電気を蓄える
    新しい材料を創り出す

    • エネルギー
    • 蓄電池
  • 機能高分子化学研究室
    鈴木 隆之 教授

    光応答性高分子の
    光スイッチ機能に関する研究

    • 高分子化学
    • 光化学
  • 反応工学研究室
    小林 大祐 准教授

    フラスコから
    実用スケールを目指す化学

    • 反応工学
    • 超音波化学
  • 岩﨑 直也 講師

    畠中 正志 助教

    山本 哲也 助教

めざせる資格
  • 公害防止管理者
  • 毒物劇物取扱責任者
  • 技術士補
  • 危険物取扱者(甲種)
  • 消防設備士(甲種)
  • 弁理士
  • 高等学校教諭一種免許状(理科)※
  • 中学校教諭一種免許状(理科)※ など
※ 文部科学省における審査の結果、予定している
教職課程の開設時期が変更になる可能性があります。
卒業後の就職者の業種別割合※1 (2015年3月卒業生実績)
卒業後の就職者の業種別割合 棒グラフ
主な就職先※1
  • トヨタ自動車
  • 大日本印刷
  • 味の素
  • 三菱電機
  • 日立製作所
  • 富士電機
  • 山崎製パン
  • パナソニック
  • YKK
  • 大成建設
  • 日本ケミコン
  • 日本サムスン
  • 共同印刷
  • JR東日本
  • TDK
  • 日本製紙
  • キッコーマンソイフーズ
  • 住友精化
  • 日立プラントテクノロジー
  • ニチレイフーズ
  • 鳥居薬品
  • 和光純薬工業
  • 神戸屋
  • 東京消防庁
  • 教員 (神奈川・埼玉など) など
大学院進学※1 (2015年4月進学実績)

16名
男子:13名  女子:3名 
進学率:24.2%

※1 環境化学科のデータを参考に掲載しています。
ページトップへ戻る