トップ > ニュース一覧 > 電気電子システム工学専攻 小林さんが「ICREPQ'17」で受賞

2017年4月14日電気電子システム工学専攻 小林さんが「ICREPQ'17」で受賞

 4月6日、先端科学研究科博士課程(後期) 電気電子システム工学専攻の小林さんが、スペインのマラガで開催されたINTERNATIONAL CONFERENCE ON RENEWABLE ENERGIES AND POWER QUALITY (ICREPQ'17)にて、Best Poster Awards受賞しました。

受 賞 名 : INTERNATIONAL CONFERENCE ON RENEWABLE ENERGIES AND POWER QUALITY
         (ICREPQ'17) Best Poster Awards

受賞論文名: "Study on Voltage Control of Distribution Network Using PV Generation Forecasting",
         and authors:

受 賞 者 : 先端科学研究科博士課程(後期) 電気電子システム工学専攻
         小林浩昭さん(博士3年)

所属研究室 : エネルギー環境システム研究室(加藤政一教授)

<受賞者から喜びのコメント>
研究内容をまとめることも、それを英文で論文に仕上げることも、労力を使いました。さらに、それらを1枚のポスターにわかりやすくまとめ、説明することにも苦労しました。スペインの学会会場での拍手や「congratulation!」の言葉は、今でも耳に残っています。
加藤教授はじめご協力していただいた方々に感謝いたします。

<研究内容>
日本における太陽光発電の問題点について触れ、利用効率を上げる研究としてまとめました。
一般家屋の屋上に太陽電池を設置するという利用方法は、国土が狭い日本には適した手法です。しかし、太陽電池の普及率がさらに上がると、天候により局所的に発電量が多すぎたり、不足することがあり、その結果、電圧調整が困難になる現象が発生する可能性があります。本研究では、事前に太陽光発電による発電量を予測することにより、配電系統(通常の電柱の配線)の電圧調整を効率よく行い、太陽電池から得られた電気エネルギーを無駄なく使用するというものです。本研究は主に「太陽光発電の予測」と「配電系統の電圧制御」で成り立っています。

参 考 : ICREPQ'17



受賞

一覧に戻る

一覧に戻る

本学に留学を希望される方

一覧に戻る

海外に留学を希望される方

ページトップへ戻る

検索

閉じる