トップ > 学部・大学院 > 理工学部 > 建築・都市環境学系

建築・都市環境学系
学系オリジナルサイト

建築・都市環境学系

21世紀の循環型社会の実現に向けて、人間と自然が調和する環境を多角的に考察できる人材が求められています。社会が要請する構造物を造る技術、環境保全や環境予測に必要な知識、高度情報化社会に対応できる情報技術などを学び、「持続可能な社会」の構築に貢献できる技術者を育てます。

学科の概要

学びのポイント

Point1
講義と実習

講義では幅広く学ぶ建設系共通科目と深く学ぶコース専門科目を用意。実践に役立つ理論を学びます。実習では構造・材料・土質・水理実験や測量実習、プログラミング演習、デザイン演習などがあり、実践に役立つ技術と感性を磨きます。デザイン演習では住宅、公共施設、都市空間を設計し、CADによる製図や模型製作を行います。

Point2
空間のデザイン方法を学ぶ

まちにあふれる建築も、また都市自体も人間が生活をする空間です。この生活空間は2つの要素、つまり「自然環境」と「人工環境」の混合物。この2つについ ての知識と実践を学びます。またイメージをかたちにする(デザイン)ため、生活環境に対する感性と技術を学ぶことを目的としています。

Point3
総合力と専門力

授業科目としては「設計」「都市」「建築」「環境」「地盤」「水理」「材料」「構造」「測量」「施工」といった10の専門科目群を開設。建築・都市環境に関わるあらゆるフィールドを網羅しており、総合力を身につけるとともに、専門性を深く追究できる柔軟なカリキュラムとなっています。なお、国際的に通用する専門技術者養成の教育プログラムとして日本技術者教育認定機構(JABEE)より認定されています。

暮らしを支える建築・都市環境学

暮らしを支える建築・都市環境学

拡大してみる

建築・都市環境学系の学び

建築コース

建築の専門知識や技術を学び、デザインするための感性を磨きます。また、「建設系総合教育」の理念のもと、一つの建物だけでなく、都市・環境・景観に配慮した総合的な視野を備えた建築家や建設技術者を育成します。
都市環境コース

人にやさしく、災害に強い、快適で安全な循環型の「まち」のつくり方を学びます。そして、環境工学や都市空間デザインといった現代的な分野と土木工学を融合した「まちづくり」のスペシャリストを育成します。

研究室と教員紹介

井浦先生0961

井浦 雅司
教授
構造工学研究室

岩城 和哉

岩城 和哉
教授
建築意匠研究室

RG島田先生

島田 政信
教授
衛星リモートセンシング
研究室

RG高田先生2

高田 和幸
教授
都市・交通計画
研究室

RG近津先生2

近津 博文
教授
イメージセンシング
研究室

RG中井先生2

中井 正則
教授
水理・環境研究室

RG見波先生2

見波 進
教授
建築構造学研究室

RG安田先生

安田 進
教授
地盤工学研究室

鳥海吉弘

鳥海 吉弘
准教授
建築環境・設備研究室

RG石川先生

石川 敬祐
助教
地盤防災・環境工学研究室

RG佐藤先生

佐藤 大作
助教
水圏環境科学研究室

RG宗政由桐先生

宗政 由桐
助教

カリキュラム

建築・都市環境学系カリキュラム

カリキュラムを拡大してみる

学部共通カリキュラム(理工学部)

共通教育科目科学技術と人間、社会との関わりを理解し、科学技術者として良識ある社会人として必要な教養、キャリア意識、倫理観を身につける
東京電機大学で学ぶ/哲学A・B/現代青年の心理と論理/歴史学A・B/心理学A・B/倫理学A・B/技術者倫理/文学A・B/教養ゼミA・B/日本の文化 と倫理/ヒトの発達心理学/社会福祉論/日本語リテラシーA・B/体育Ⅰ~Ⅵ/学外体育研修A・B/経済学A・B/日本経済の現在/世界経済の現在/法学 A・B/現代社会と法/日本国憲法/政治学A・B/社会の成り立ち/社会学A・B/科学技術と社会A・B/ことばと社会/情報と倫理/仕事と職業
世界で活躍できる技術者に必要なグローバルなコミュニケーション能力を身につける
欧米文化研究/アジア文化研 究/ドイツ語入門Ⅰ・Ⅱ/基礎ドイツ語Ⅰ・Ⅱ/初級ドイツ語Ⅰ・Ⅱ/フランス語入門Ⅰ・Ⅱ/基礎フランス語Ⅰ・Ⅱ/初級フランス語Ⅰ・Ⅱ/中国語入門Ⅰ・ Ⅱ/基礎中国語Ⅰ・Ⅱ/初級中国語Ⅰ・Ⅱ/留学生のための日本語中級AⅠ~BⅡ/留学生のための日本事情Ⅰ・Ⅱ/留学生のための日本語中級CⅠ・CⅡ/留 学生のための日本語上級Ⅰ・Ⅱ/英語ⅠA~ⅤB/海外英語研修A~D/海外事情
教職課程科目教員免許を取得するための専門教養科目
教職入門/教育課程論/教育心理学/教育相談/教育の方法と技術/教育 実習セミナー/教職実践演習/教育実習Ⅰ・Ⅱ/生徒・進路指導論/道徳教育論/教育学概論/教育社会学/教職総合演習/特別活動論/工業科教育法A・B/ 情報科教育法A・B/理科教育法A・B/理科指導法A・B/数学科教育法A・B/数学科指導法A・B/情報と倫理/情報と職業入門/情報と職業/職業指導

ピックアップカリキュラム

建築都市デザイン演習Ⅰ

図面や模型を製作しながら、住宅、学校、美術館、駅前広場など、建築および都市環境のデザインに取り組みます。

p87_建築都市デザイン演習I

気圏・地圏の環境

環境問題は水圏・大気圏・地圏の三圏にわたっています。本講義では、建築・都市環境学の領域において重要と考えられる大気圏および地圏の環境問題について、主として自然科学・工学の側面からわかりやすく解説します。

気圏・地圏の環境

都市プロジェクトの評価

都市整備の方法には、民間企業が行う都市開発事業と自治体などが行う公共事業の、大きく2つのアプローチがあります。本講義では、特に公共事業のプロジェクト評価(費用便益分析)の方法について学びます。

卒業後の就職者の業種別割合 (2015年3月卒業実績)

建築・都市環境学系_卒業後の就職者の業種別割合

卒業者数
男子 73名 女子 5名

主な就職先

鹿島建設、大成建設、大林組、五洋建設、戸田建設、住友林業、大和ハウス工業、JR東日本、中日本高速道路、公務員(埼玉県庁など)、建設技術研究所、大日本コンサルタント、協和コンサルタンツ、東急ホームズ、日立ビルシステム など

大学院進学

17名(2015年3月卒業実績)
男子 16名
女子 1名
進学率 21.8%

取得可能な資格

めざせる資格

一級建築士
二級建築士
木造建築士
技術士補
造園施工管理技士(1級・2級)
測量士・測量士補
建築施工管理技士(1級・2級)
土木施工管理技士(1級・2級)
建設機械施工技士(1級・2級)
電気工事施工管理技士(1級・2級)
管工事施工管理技士(1級・2級)
高等学校教諭一種免許状(工業) など

理工学部でめざせるその他の資格・免許

ビオトープ計画管理士(2級)
ビオトープ施工管理士(2級)
危険物取扱者(甲種) など

4年間のSTEP

I.M

これまで学んできたことに
意味のないものは一つもなかった


建築・都市環境学系
I.M(茨城県/県立水海道第一高校 出身)

Step1:1年次
基礎学力をしっかり身につける中で設計の面白さや難しさを実感

中学生の頃から将来は建築分野に進みたいと考えていました。この学系を志望したのは、建築だけを専門的に学ぶのではなく、周囲にある幅広いことも学ぶことができる期待からです。1年次は、数学・物理・化学などの基礎的な講義が多く、基礎学力を固めることができたと思います。その中で印象に残ったのは、初めて受講した専門科目である「建築・都市デザイン演習Ⅰ」でした。図面を起こし、それを模型で具現化していくプロセスから、設計の楽しさと難しさを知ることができました。

1年次

演習の授業で製作した模型「キューブハウス」
まず平面図・立面図・断面図を作成しますが、頭の中で思い描いているように図面が引けず、製図の難しさを痛感。模型は、スチレンボードを用い、1/50ぐらいのスケールで製作したものです。

Step2:2年次
複雑な計算式を解く楽しさや実寸で構造物を作ることの
大変さを知る

専門の授業が増え、製図や設計、計算など、実際に手を動かすことが多くなりました。建物を作る際には構造計算が重要ですが、それだけでなく、水の流れの力や地盤の固さなどの計算も学び、それが知識の領域や将来の可能性を広げることに役立ったと思います。「鉄筋コンクリート工学」は、構造計算を行う際に、物理の簡単な計算式ではなく、鉄筋の太さなどを考えながら行うものだったので、かなり大変でしたが、難しい計算式を解いていくことは楽しかったです。

2年次

苦心の末作り上げた実寸大の「光と影の空間」
この製作物は、実際に木を使って実寸大で作ることが最大のポイント。模型の設計通りに作っても木の重みで崩れてしまい、試行錯誤を繰り返しましたが、完成した時の達成感は忘れられません。

Step3:3年次
実際に使用される施設の設計を通しより実践的な知識や技術を習得

建築分野における実際の業務に直結することを多く学びました。演習では、学生食堂「HATO CAFE」の改修プランを提案。それまでと違い、現実に使用される施設であり、建設費用や水道配管なども考慮しながらの設計だったので、実践的な知識が身についたと思います。他には「建築構法」が思い出深いです。製図板を使って構造図などを作成するのですが、線がほんの少し曲がっているだけでも再提出。年次に従い、学ぶことが高度になり、基準も厳しくなりました。

3年次

施工費用に伴うプラン変更に頭を悩ませた「蔵ウンジ」
我々が考えた「HATO CAFE」のリニューアル案です。コストの制約からデザイン変更の要請が出たのですが、どう直していいかわからず、色々な専門書を紐解き、「HATO」の過去のデザインも調べました。

Step4:4年次
大規模地震が超高層建物に及ぼす影響を評価する研究に取り組む

「梁端破断限界性能に対する長周期地震動の影響」というテーマで卒業研究に取り組んでいます。東日本大震災のような大規模な地震が発生した時に、どのくらいの揺れによって超高層建物の梁部材が破断するのか、その限界性能を評価するものです。今後の発生が懸念されている南海トラフ地震の予測波を使い、過去の地震と比較して、どのような影響が出るのか解析を行います。解析プログラムは既存のものですが、現在対象とする建物のモデル作成に苦心しています。

4年次

過去の地震データによって得られる変位応答グラフ
縦軸が建物にかかる荷重の大きさで、横軸が変位の大きさです。地震の揺れに対して建物がどのような応答をするのかを表しています。過去の大きな地震の地震波データを利用しています。

そして未来へ 内定先
清水建設株式会社

本学で学んでよかったと思うのは、基礎学力をしっかりと身につけることができたことです。これまで学んできたことの一つ一つに意味のないものはありませんでした。それを強く実感しています。卒業後は清水建設に入社することが決まっていますが、複数の建設会社でインターンシップを経験し、社員個人が高い意識を持って仕事に臨んでいる同社に惹かれました。入社後は現場監督の職務に就く予定です。将来的には建築士の資格にも挑戦したいですが、まずは現場監督の仕事に邁進したいと思っています。大きな建物や施設を造り上げた時の達成感は、きっと素晴らしいものだろうと期待しています。。

こぼれ話

ロードバイクで山道を疾走する爽快感や、走り抜けた時の充実感は最高です。通学にも頻繁に使っていました。した。

そして未来へ

ページトップへ戻る

検索

閉じる