トップ > 学部・大学院 > 理工学部 > 情報システムデザイン学系

情報システムデザイン学系
学系オリジナルサイト

情報システムデザイン学系

現代の人間社会で必要不可欠な「情報」について総合的に学びます。「情報学」は情報、コンピュータ、ネットワーク、現代社会、表現創造など、幅広い分野から構成される学問です。本学系では、理学、工学、情報、人文社会学、芸術学など、さまざまなアプローチから、専門知識と実践力を備えた情報学の専門家を育成します。

学系の目的と理念

学びのポイント

Point1
情報処理

学系共通科目を基に教育・研究が行われています。プログラミング、統計学、情報処理については、学系共通の教育として組み込まれており、情報のスキルを十分に磨くことができます。

Point2
幅広い知識

カリキュラムは、情報、コンピュータ、ネットワーク、現代社会、表現創造など情報学の幅広い分野から構成されています。互いに統一的で協調性があるのが特色です。文系理系の枠を超えて、幅広い知識を身につけることができます。

Point3
スペシャリスト

複雑化・高度化する社会環境において、高度な情報システム技術を駆使できると同時に、幅広い視野から自律的に分析・判断し、行動できる実践力を備えた未来型情報スペシャリストの育成をめざします。

暮らしを支える情報システムデザイン

暮らしを支える情報システムデザイン

拡大してみる

情報システムデザイン学系の学び

コンピュータ
ソフトウェアコース

ソフトウェアシステムの設計・構築に関する実習等を通じて、幅広い用途のソフトウェアの開発に柔軟に対応できる情報技術者を養成します。
ネットワーク
システムコース

情報社会基盤を支える情報システム・ネットワークシステムの計画・設計・構築・運用に関わる分野の教育・研究を行います。
アミューズメント
デザインコース

遊びや人を楽しませることに関わるテクノロジー、芸術、文化について学び、感動力、発想力をあわせもつ表現創造型の情報技術者を養成します。
社会コミュニケーションコース

ITを基盤とする社会を前提とし、社会環境、コミュニケーション一般に関する問題の発見・解決のために幅広く教育・研究を行います。
コンピュータサイエンスコース

アルゴリズム、プログラム言語、人工知能、ソフトウェア工学など、コンピュータの理論と応用に関する教育・研究を行います。

研究室と教員紹介

石塚 正英

石塚 正英
教授
感性文化学研究室

柏崎 尚也

柏崎 尚也
教授
感性工学研究室

勝又洋子

勝又 洋子
教授
空間演出デザイン
研究室

神戸先生RD

神戸 英利
教授
組み込みソリューション
研究室

小林春美

小林 春美
教授
コミュニケーション
科学研究室

佐藤定夫

佐藤 定夫
教授
数学・
プログラミング研究室

陳致中

寺島悦恩

寺島 悦恩
教授
芸術表現学研究室

町原文明

町原 文明
教授
通信システム研究室

山口正二

山口 正二
教授
認知・社会心理学
研究室

磯野春雄

磯野 春雄
特別専任教授
人間情報工学研究室

細村宰

細村 宰
 特任教授
画像情報処理
研究室

泉智紀

泉 智紀
准教授
遠隔制御研究室

柴田 良二

柴田 良二
准教授
映像情報美学研究室

柴山拓郎

柴山 拓郎
准教授
作曲・音楽文化
研究室

高橋先生

高橋 達二
准教授
内部観測研究室

築地 立家

築地 立家
准教授
計算理論研究室

藤本 衡

藤本 衡
准教授
システム評価研究室

松浦昭洋

松浦 昭洋
准教授 
メディア数理研究室

矢口博之

矢口 博之
准教授
エルゴノミクス
デザイン研究室

徳田太郎

徳田 太郎
講師
情報数学研究室

稲村先生RD

笹川隆史

笹川 隆史
助教
ニューロコンピューティング
研究室

我妻先生RD

我妻 伸彦
助教
計算視覚科学研究室

RD松井先生

松井 加奈絵
助教

カリキュラム

理工学部-情報システムデザイン学系-カリキュラム

カリキュラムを拡大してみる

ピックアップカリキュラム

コンピュータ基礎Ⅰ/ 情報学基礎実習

人間社会と情報技術の橋渡しとして活躍できる技術者となるのが目標。人とコンピュータの接点となる計測、制御に関する実験やコンピュータとの関わり方、活用術等について、学系の全教員が直接指導に当たります。

コンピュータ基礎Ⅰ情報学基礎実習

ゲームプログラミングA・B

ゲーム制作におけるプログラミング技術を実践的に学びながら、シューティング、パズル、アクションゲームなどさまざまなゲームを短期間で数多く作ります。画像、音楽、プログラムを創作して、パソコンで動くオリジナルゲームを作りましょう。

ゲームプログラミングA・B

卒業後の主な進路 (2014年3月卒業実績)

理学系-情報システムデザイン学系-主な進路

卒業者数
男子 169名 女子 19名

主な就職先

JR東日本、三菱電機NEC、東芝、凸版印刷、ヤマハ、日立製作所、ローランド、セガ、コナミ、大日本印刷、日本テレビ、沖電気工業、日立情報システムズ、NTTデータ、映像システム、クラリオン、京セラ、東京都高校教員、地方公務員(新宿区役所・小田原市役所)、ドコモ・モバイル、日立情報システム、NECソフトウェア、富士ゼロックス、NECソフト など

大学院進学

26名(2014年3月卒業実績)
男子 24名
女子 2名

めざせる資格

高等学校教諭一種免許状(数学)
高等学校教諭一種免許状(情報)
中学校教諭一種免許状(数学)
社会調査士
技術士補 など

理工学部でめざせるその他の資格・免許

ビオトープ計画管理士(2級)
ビオトープ施工管理士(2級) 
危険物取扱者(甲種) など

4年間のSTEP

情報システムデザイン-OI

入学時には想像できないほど
プログラミングのスキルが向上した


情報システムデザイン学系
O.T(栃木県/県立宇都宮高校 出身)

Step1:1年次
高校までとは違う高度な講義を通して情報科学の基礎知識を習得

高校時代からゲームソフト制作を行っており、プログラミングを中心に情報技術を学びたいと考え本学を選択しました。就職率がよく、卒業生が幅広い分野で活躍していること、また緑に囲まれた埼玉鳩山キャンパスの環境も魅力的でした。1年次は基礎的な授業が多いのですが、高校の授業とは異なり専門性に特化した高度な内容で、専門分野に進むための基礎知識を固めることができました。中でも、入学して初めて本格的な実験やレポート作成を体験した「情報学基礎実習」が思い出深いですね。

情報システムデザイン-step1

チームワークの重要性を学んだ情報学基礎実習
グループ単位の実験ですが、チームで力を合わせて効率よく進めないと時間内に終えることができない内容であり、「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」の大事さを学ぶことができました。

Step2:2年次
好きな専門分野で新しい知識を得られる過程が楽しかった

専門性が高くなり、自分が好きな分野の授業も増えてきました。さらに主コースと副コースで幅広い科目を学ぶことができ、プログラミングだけでなく、情報科学全般に興味が広がっていきました。「情報システム実験Ⅰ・Ⅱ」では、1年次に比べて回路の複雑さが格段に増しました。毎週のレポート提出にも追われましたが、実験を通じてそれまで座学で習得してきた知識を定着させることができたと思います。好きな分野で新しい知識を得られる過程が楽しく、多くの科目が思い出深いものとなりました。

情報システムデザイン-step2

専門科目でゲームソフトを制作
ゲームプログラミングやコンピュータグラフィックスなど、専門性の高い授業では実際にゲームソフトやCGの制作を行います。これらの科目を通して、応用力を高めることができました。

Step3:3年次
プログラミングスキルを磨くと同時に最難関の資格試験にも挑戦

3年次では「計算量と暗号」という講義が印象に残っています。内容は非常に高度なもので、最初の授業で大きな衝撃を受けたことを覚えています。実際のプログラミングや数学の証明問題もあり非常に苦心しましたが、その分得られるものも大きく、プログラミングにおける自分の成長を実感することができました。また、この講義でセキュリティに関心を持ち、資格試験にも挑戦。セキュリティ分野における最難関といわれる情報セキュリティスペシャリスト試験に合格することができました。

情報システムデザイン-step3

さらに高度なゲームプログラミング技術を習得
「人工知能プログラミング」では、プログラミングを行いながら、人工知能や複雑系、ソフトコンピューティングなどの分野を具体的に学習。これはその授業で制作した「ライフゲーム」です。

Step4:4年次
画像処理専用の演算装置を他の分野でも簡単に利用したい

卒業研究として「GPGPUを簡単に利用するためのライブラリの制作」に取り組んでいます。GPUは、一般的には画像処理を行うための演算装置として用いられていますが、非常に高い情報処理能力を持っているため、画像処理以外の目的への利用が進んでいます。それがGPGPU(汎用GPU)です。ただしその利用には、新しく拡張言語を習得する必要があり、手順の把握も煩雑です。それをプログラミング初心者でも使えるようにしたいと考え、このテーマを選択しました。

情報システムデザイン-step4

卒業研究に関するプログラムのソースコード
ソースコードはプログラミング言語に添って書かれている文字列で、プログラムの動作が記述されています。コンピュータではそのまま理解することができないので、機械語に翻訳します

そして未来へ 内定先
株式会社NTTデータ

大学での学びに並行して資格試験に挑戦するだけでなく、学内・学外のサークルではゲームソフトを数多く制作し、非常に充実した学生生活を送ることができたと思っています。特にプログラミングにおいては、入学時では想像できなかったほど高いスキルを身につけることができました。ゲーム制作を仕事にしたいと考えた時期もありましたが、情報科学全般を広く学ぶことで視野が広がり、最終的にNTTデータを就職先として選択しました。入社後は、システム開発やネットワーク運用などの分野で、顧客に有益なITサービスを提供できるSEを目指したいですね。

こぼれ話

プログラムのバグを環境のせいにせず、問題を追究することが大切。
これらの本は、そういう心構えも教えてくれます。

情報システムデザイン-こぼれ話

ページトップへ戻る

検索

閉じる