トップ > 学部・大学院 > 理工学部 > 生命理工学系

生命理工学系
学部オリジナルサイト

生命理工学系

環境問題や医療・福祉問題を抱える現代社会において、安全で快適な生活を維持し、真に人類のためとなる社会やシステムを築くためには、理学・工学・医学という従来の枠組みを超えた新しい発想のアプローチが必要です。
これからの人間社会に対応できる、柔軟な応用力を身につけた人材を育成することを目的としています。

学科の概要

学びのポイント

Point1
基礎の習得

複雑な生命現象を理解するためには、基礎が大事です。生物学や化学の基礎をしっかりと学んだ上で、バイオサイエンス・生物・環境分野の幅広い知識を身につけます。

Point2
実践的教育

学系共通科目では、遺伝子から細胞、生物、そして環境にまたがる幅広い領域の勉強をします。勉強した内容を単なる知識として留めるのではなく、実社会で役立つスキルにするためのカリキュラムを用意しています。

Point3
専門家の養成

将来、生命科学や生物環境の分野で活躍できる人材の育成を目標にしています。高度な内容の専門教育を通じて、物事の本質を見きわめる力や問題を解決する力を養いながら、高い倫理観と創造力にあふれる専門家を養成していきます。

暮らしを支える生命理工学

暮らしを支える生命理工学

拡大してみる

生命理工学系の学び

生命科学コース

バイオサイエンスの分野を探究します。生命の神秘にチャレンジし、新しい知見を立てていきます。
生物環境コース

地球環境における生態系全般を研究対象とし、生態環境の維持の機構、新しい生物環境、生態系の変化などを生物学的、化学的、物理学的見地から探究します。

研究室と教員紹介

川井 悟

川井 悟
教授
生命有機化学研究室

栗山 昭

栗山 昭
教授
植物細胞工学研究室

椎葉 究

椎葉 究
教授
食品バイオ工学
研究室

田中 眞人

田中 眞人
教授
細胞分子生物学研究室

村勢則郎

村勢 則郎
教授
食品生命工学研究室


村松 和明

村松 和明
教授
生体組織工学研究室

刀袮重信

刀袮 重信
特別専任教授
分子発生生物学研究室

長原 礼宗

長原 礼宗
教授
細胞生化学研究室

根本航

根本 航
准教授
情報分子生物学研究室

安部 智子

安部 智子
助教
環境微生物学研究室

松永 直樹

松永 直樹
助手
食品生命工学研究室

上原歩助教

上原 歩
助教
植物細胞工学研究室

カリキュラム

生命理工学系カリキュラム

カリキュラムを拡大してみる

学部共通カリキュラム(理工学部)

共通教育科目科学技術と人間、社会との関わりを理解し、科学技術者として良識ある社会人として必要な教養、キャリア意識、倫理観を身につける
東京電機大学で学ぶ/哲学A・B/現代青年の心理と論理/歴史学A・B/心理学A・B/倫理学A・B/技術者倫理/文学A・B/教養ゼミA・B/日本の文化 と倫理/ヒトの発達心理学/社会福祉論/日本語リテラシーA・B/体育Ⅰ~Ⅵ/学外体育研修A・B/経済学A・B/日本経済の現在/世界経済の現在/法学 A・B/現代社会と法/日本国憲法/政治学A・B/社会の成り立ち/社会学A・B/科学技術と社会A・B/ことばと社会/情報と倫理/仕事と職業
世界で活躍できる技術者に必要なグローバルなコミュニケーション能力を身につける
欧米文化研究/アジア文化研 究/ドイツ語入門Ⅰ・Ⅱ/基礎ドイツ語Ⅰ・Ⅱ/初級ドイツ語Ⅰ・Ⅱ/フランス語入門Ⅰ・Ⅱ/基礎フランス語Ⅰ・Ⅱ/初級フランス語Ⅰ・Ⅱ/中国語入門Ⅰ・ Ⅱ/基礎中国語Ⅰ・Ⅱ/初級中国語Ⅰ・Ⅱ/留学生のための日本語中級AⅠ~BⅡ/留学生のための日本事情Ⅰ・Ⅱ/留学生のための日本語中級CⅠ・CⅡ/留 学生のための日本語上級Ⅰ・Ⅱ/英語ⅠA~ⅤB/海外英語研修A~D/海外事情
教職課程科目教員免許を取得するための専門教養科目
教職入門/教育課程論/教育心理学/教育相談/教育の方法と技術/教育 実習セミナー/教職実践演習/教育実習Ⅰ・Ⅱ/生徒・進路指導論/道徳教育論/教育学概論/教育社会学/教職総合演習/特別活動論/工業科教育法A・B/ 情報科教育法A・B/理科教育法A・B/理科指導法A・B/数学科教育法A・B/数学科指導法A・B/情報と倫理/情報と職業入門/情報と職業/職業指導

ピックアップカリキュラム

生命理工学実験Ⅰ・Ⅱ

生命科学および生物環境に関する基本的な実験手法の習得が目的。年間を通して、生体分子の抽出や定性・定量分析、植物細胞や微生物の培養、大気や水質等の環境分析、酵素反応や有機合成の実験などを行っていきます。

生命理工学実験Ⅰ・Ⅱ

植物生理学

光合成を行うことができる生物、つまり光合成細菌やラン藻から種子植物までを幅広く扱っていく科目です。授業では、主に陸上植物の構造の特徴や生殖、発生、環境適応などについて詳しく解説します。

植物生理学

細胞生物学

現代の細胞生物学は、細胞の中で起こる分子レベルの出来事を生きたままの細胞で可視的に調べることをめざしています。細胞分裂や細胞運動の基本から、再生医療やがん、脳・神経科学などの理論的根拠までを学びます。

細胞生物学

卒業後の就職者の業種別割合 (2015年3月卒業実績)

生命理工学系_卒業後の就職者の業種別割合

卒業者数
男子 57名 女子 20名

主な就職先

アステラス製薬、大日本印刷、森永乳業、テルモ、ヤクルト本社、興和、大正製薬、キリンビール、協和発酵、帝人、富士フイルムRIファーマ、フジパングループ、赤城乳業、デンカ生研、クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン、ノバルティス ファーマ、中外製薬、キッコーマンソイフーズ、アンデルセン、日本化薬、キユーピー など

大学院進学

27名(2015年3月卒業実績)
男子 23名
女子 4名
進学率 35.1%

めざせる資格

技術士補
PE(Professional Engineer)
FE(Fundamentals of Engineering)
高等学校教諭一種免許状(理科)
中学校教諭一種免許状(理科) など

理工学部でめざせるその他の資格・免許

ビオトープ計画管理士(2級)
ビオトープ施工管理士(2級)
危険物取扱者(甲種) など

4年間のSTEP

I.N

生命科学の楽しさを伝えられる
教師として活躍したい


生命理工学系
I.N(埼玉県/県立川越女子高校 出身)

Step1:1年次
生命科学の基礎となる細胞の働きを学ぶ

高校の生物の授業で強く興味を持ったことから、生命科学について研究したいと考えていました。東京電機大学を選んだ理由は、理系に特化した大学であり、広範な知識を幅広く学ぶことができると思ったためです。また高校の理科の教員免状を取ることができるということも、ポイントとなりました。1年次で印象に残っているのは、「細胞の科学」の授業ですね。細胞の構造や働きの基礎を学ぶという内容なのですが、ここでの学習が今の卒業研究につながっています。

1年次

現在の研究につながる基礎を学んだノート
もともと理系科目は不得意だったのですが、基礎からしっかり学べるカリキュラムが組まれており、教え方も丁寧なので、きちんと理解して授業についていくことができました。

Step2:2年次
遺伝子とタンパク質の働きについて具体的なメカニズムを知る

2年次では「分子生物学」で、遺伝子におけるDNAの構造や、タンパク質の働きについて学びました。遺伝がどのように伝わるのか、染色体がどのように生成されるかという具体的なメカニズムを理解でき、生命に関する興味がさらに深まりました。非常に難しい内容でしたが、教授との距離が近いアットホームな環境もあり、納得いくまで何度も繰り返し質問できたことが理解につながっています。またこの授業を受けたことが、現在の研究室を選んだ契機となりました。

2年次

理解度チェックで必要な知識を復習する
「分子生物学」では、授業のはじめに前回の授業における理解度を再確認する小テストが実施されます。その時点において、覚えておくべきことを把握するうえで役立ちました。

Step3:3年次
実験器具の使い方や具体的な実験の手法を身につける

3年次の「遺伝子工学」では、現在の研究の基礎となるDNAの構造をはじめ、遺伝子組み換え技術の具体的な手法など遺伝子に関して詳しく学びました。これまでは主に理学系の講義を受けてきたのですが、顕微鏡の原理や構造、実験機材の使い方、具体的な実験の手法など工学系の知識をこの授業において身につけることができました。生命科学の分野では専用の機材を使った実験が不可欠なので、4年次になって役立っています。

3年次

分からない箇所は講義後にすぐ確認しておく
生命科学コースで指定された教科書なのですが、講義で理解できない内容が出てきた際の復習に活用しました。「遺伝子工学」ではこれまでにない知識が求められ、苦労しました。

Step4:4年次
未知のタンパク質の働きを明らかにする

4年次は細胞分子生物学研究室に所属し、「蛍光タンパク質を用いたプロフィリン・アイソフォームの機能解析」に取り組みました。細胞内には、どのような働きをするのか、いまだ分かっていないタンパク質が数多く存在しています。その一つであるプロフィリンの働きを調べるというのが、研究のテーマです。東京電機大学では1期生より取り組んでいるとのことで、私自身も前任者の発表を見て興味を持ったことから卒業研究として選択しました。

4年次

たった1回の失敗で数週間の準備が無駄になることも
目標のタンパク質が、細胞内でどのように発現するかを調査したもの。一つの実験に何週間もかけた準備が必要となるなど、苦労は多いのですが、その分やりがいもありました。

そして未来へ 進学先
東京電機大学大学院 理工学研究科 生命理工学専攻

純粋に今の研究が楽しく、1年だけでは足りないと感じたことから、研究の環境が充実している東京電機大学大学院への進学を決めました。大学院では専門知識をさらに深め、卒業研究のテーマを継続して行い、何らかの成果を出していきたいと考えています。また在学中に教職課程科目の単位を取得しており、将来は高校の理科の教師を目指しています。自分の経験からも、高校は進路選択における重要な分岐点だと思いますが、そこで理科の楽しさを伝えながら、生徒の将来を決める手助けができたらと希望しています。

こぼれ話

大学では陸上部に所属し、マラソンに取り組みながら毎日10キロ走っていました。

そして未来へ

ページトップへ戻る

検索

閉じる