トップ > 学部・大学院 > 未来科学部 > ロボット・メカトロニクス学科

ロボット・
メカトロニクス学科
学科オリジナルサイト

ロボット・メカトロニクス学科

機械工学、電気電子工学、情報工学、制御工学を軸とする4分野の専門知識をベースに、数学的なモデリング力とデザイン力を駆使することで実現される先端的なメカトロニクス技術を身につけます。ロボット製作実習や関連理論の講義・演習を通して、学生自身の知識と技術、豊かな創造性を養い、未来につながる知的システムを生み出せる技術者を育てます。

学科の概要

学びのポイント

Point1
新学問領域への挑戦

技術は高度・複雑化しています。新たな製品や機能を創造するためには、システム全体を的確に理解し、いろいろな技術を効果的に組み合わせる「システムインテグレーション」が重要です。機械、電気電子、情報、制御の基盤4分野の専門知識を学び、相互の関係を知ることで、科学・産業・環境・福祉分野などで活躍 できるメカトロニクスエンジニアをめざします。

Point2
実践的学習

メカトロニクスに関する充実した演習・実験
数学、力学、製図、実験などを通じて、基盤4分野の実力を養います。

ものづくりのプロをめざすワークショップ
プロジェクト形式でロボット製作を行い、ものづくりの実際を体験します。

懇切丁寧なプログラミング教育
学習や研究における強力な手段としてのプログラミングを基礎から学びます。

Point3
自信から確信

毎年次実施の少人数ゼミ
1~3年次はプロジェクト形式のグループ学習、4年次からは研究室で卒業研究を行います。

全学年統一実力テスト
全学年共通のテストにより、専門能力の習熟度を逐次確認していきます。

よろず相談室
大学院生や上級生が勉学や学生生活の相談相手になります。

暮らしを支えるロボット・メカトロニクス

暮らしを支えるロボット・メカトロニクス

拡大してみる

ロボット・メカトロニクス学科の学び

「機械」+「制御」

動くものづくりの基本分野です。新しい機構やメカニズムを提案し、実現します。ロボットモーション、輸送機械、航空・宇宙、プラント制御、ハイブリッド自動車など。
「電気・電子」+「制御」

電気回路技術や制御アルゴリズムなどを駆使して、人間と機械が共存する社会づくりに貢献する分野を学びます。パワーエレクトロニクス、回路設計、ロボットセンシング、電気自動車など。
「情報」+「制御」

コンピュータや情報通信ネットワークを駆使して、地球や人類にやさしいインテリジェントなシステムづくりに関する分野を学びます。ネットワーク、組込みシステム、知能ロボット、人間機械インタフェース、ビル管理システムなど。

研究室と教員紹介

FR_ishikawa

石川 潤
教授
ロボティクス研究室

FR_kuniyoshi

国吉 光
教授
可視化デザイン
研究室

FR_shiotsuki

汐月 哲夫
教授
情報化制御
研究室

FR_hatakeyama

畠山 省四朗
教授
情報駆動知能化
研究室

FR_hanasaki

花崎 泉
教授
信号処理とモデリング研究室

FR_higaki

FR_yokoyama

横山 智紀
教授
電子制御
システム研究室

FR_iwase

岩瀬 将美
准教授
情報駆動制御
研究室

FR_kamamichi

釜道 紀浩
 准教授
ソフトメカニクス
研究室

FR_suzuki

鈴木 聡
准教授
人間機械系研究室

FR_nakamura

中村 明生
准教授
知能機械
システム研究室

TDU

篠田 義明
客員教授

FR_inoue

井上 淳
助教

FR_fujikawa

藤川 太郎
助教

カリキュラム

ロボット・メカトロニクス学科カリキュラム

カリキュラムを拡大してみる

学部共通カリキュラム(システムデザイン工学部/未来科学部/工学部)

共通教育科目科学技術と人間、社会との関わりを理解し、科学技術者として良識ある社会人として必要な教養、キャリア意識、倫理観を身につける
フレッシュマンセミナー/東京電機大学で学ぶ/情報と職業/論理的思考法/文章表現法/人間科学プロジェクト/歴史理解の基礎/哲学と倫理の基礎/認知心理 学/人間関係の心理/自己心理学セミナー/情報デザインと心理/芸術/実用法律入門/日本国憲法/日本経済入門/介護福祉論/企業と社会/大学と社会/企業と経営/健康と生活/身体運動のしくみ/トリムスポーツⅠ・Ⅱ/体力科学演習/アウトドアスポーツA・B・C/技術者倫理/失敗学/情報化社会と知的財 産権/製造物責任法/情報倫理/情報とネットワークの経済社会/情報化社会とコミュニケーション/科学と技術の社会史/科学技術と現代社会/科学技術と企業経営
世界で活躍できる技術者に必要なグローバルなコミュニケーション能力を身につける
グローバル社会の市民論/比較文化論/地球環境論/国際政治の基礎/ヨーロッパ理解/アメリカ理解/アジア理解/ドイツ語・ドイツ文化/中国語・中国文化/総合英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/ 口語英語Ⅰ・Ⅱ/英語演習A・B・C・D・E・F・G・H・I/海外英語短期研修/国内英語短期研修
教職課程科目科学技術と人間、社会との関わりを理解し、科学技術者として良識ある社会人として必要な教養、キャリア意識、倫理観を身につける
教職入門/教育学概論/教育心理学/教育社会学/数学科教育法/工業科教育法/道徳教育論/教育相談/生徒・進路指導論/教育実習セミナー/教育実習Ⅰ・Ⅱ/教職実践演習(中・高) 他

「メカトロニクス」とは

メカニクス(機械工学)とエレクトロニクス(電気工学)の融合という意味で日本で作られた言葉ですが、今日では情報工学と制御工学を含む4要素技術に関連する融合技術と製品を意味します。メカトロニクスを応用した機器は工作機械や自動化工場など産業界だけでなく、ロボットやハイブリッド自動車をはじめエレベータ、洗濯機、ビル管理システムなど私たちの身近な生活空間にもたくさん見られます。

「メカトロニクス」とは

ピックアップカリキュラム

ワークショップ

入学してすぐにものづくりの基礎を体験できる科目。グループ形式で講義・実習・設計・製作を学び、単なる「ものづくり」にとどまらないメカトロニクス技術の本質を体験的に習得することができます。

ワークショップ

メカトロニクス総合実験A・B

「マニピュレータ遠隔制御」「サッカー競技ロボット製作」の2つのメインテーマに取り組みます。『機械』『電気電子』『情報』『制御』の4分野からなるメカトロニクス技術を駆使できる、技術者の卵としての実力を養成します。

メカトロニクス総合実験Ⅰ・Ⅱ

プロジェクト型ワークショップ

目標性能や機能要件といった技術的課題を解決するためのプロジェクトを通して、モデリング、制御系設計、シミュレーション、実装、検証の一連のプロセスを学びます。実践的な課題を通して、プロジェクトマネジメントの能力を身につけ、社会に貢献できるエンジニアとしての知識と技術を深めます。

プロジェクト型ワークショップ

よろず相談室

「徹底したフォローアップ」をスローガンに、教員・大学院生が学科専門科目のサポートを行います。授業内容の質問、欠席時の補習、コンピュータ操作のサポート、学生生活に関する相談など、気軽に相談できます。

よろず相談室

主な進路

卒業後の就職者の業種別割合 (2015年3月卒業実績)

卒業後の就職者の業種別割合

卒業者数
男子 113名 女子 7名

主な就職先

トヨタ自動車、JR東日本、ホンダ、富士重工業、スズキ、住友重機械工業、小松製作所、ミネベア、荏原製作所、ボッシュ、日立製作所、三菱電機、NEC、富士通、三洋電機、オリンパス、安川電機、アズビル、ヤフー、日本コムシス、大林組、東洋熱工業、東京メトロ、バンダイ、公務員 など

大学院進学

61名(2015年3月卒業実績)
男子 59名
女子 2名
進学率 50.8%

取得可能な資格

めざせる資格

PE(Professional Engineer)
FE(Fundamentals of Engineering)
技術士補
高等学校教諭一種免許状(数学)
高等学校教諭一種免許状(工業)
高等学校教諭一種免許状(情報)
中学校教諭一種免許状(数学)
弁理士
国家公務員(Ⅰ種・Ⅱ種)
地方公務員(上級)
CAD利用技術者検定
情報処理技術者試験 など

4年間のSTEP

S・H

脳波で動く機械を設計、
製作していきたい


ロボット・メカトロニクス学科
S.H(福島県/県立安積高校 出身)

Step1:1年次
不安を解消してくれたワークショップの存在

小さい頃から何かを作るということが好きで、ロボットを作りたいと漠然と思っていました。ただ、普通科高校出身で、工学系の知識も技術もなく、授業についていけるか不安がありました。でも、東京電機大学のパンフレットを読んだときに、実際に手を動かしてものを作る「ワークショップ」の授業があると知り、入学を決めました。実際、入学して授業を受けてみると、加工機器の使い方などをていねいに教えて頂き、何にも知らない状態からでも安心して学ぶことができました

1年次

コミュニケーションの大切さも学んだロボットづくり
「ワークショップ」では、グループで話し合いながら、ライントレースロボットや輪投げロボットを設計、製作していき、グループワークやコミュニケーションの大切さも学びました。

Step2:2年次
本格的な実験が始まり技術レポートのノウハウを習得

2年次では、「メカトロニクス基礎実験」で、初めて本格的な工学実験を経験し、技術的なレポートを書きました。それまでレポートを書いたことがなかったので、最初のうちはとても戸惑い、直されることも多かったのですが、1年を通じてだんだんと押さえるべきポイントがわかってきました。このとき身につけたノウハウが、その後のレポート作成や卒論の執筆などにとても役に立ちました。また、実験を通して、機械、電気電子、情報、制御というメカロトニクスの4分野がより深まりました。

2年次

初めて制御を体験した2リンクマニピュレータ
実験では、ものを製作すると同時に動かし方の制御についても学びます。プログラムなどをつくり、機械が自分の思い通りに動くのを目の当たりにして、感動を覚えました。

Step3:3年次
学科の強みを実感したメカトロニクス総合実験

3年次になると、授業も実験もより専門色が濃くなります。2年次の実験を発展させた「メカトロニクス総合実験」では、半期をかけて一つのテーマにじっくりと取り組みます。1回の実験で、一つの小テーマという構成となり、これら複数回の小テーマで扱った技術を組みあわせて、一つのシステムを完成させます。もちろん、実験の難易度は上がり、レポートの量も増えますが、機械、電気電子、情報、制御の4分野を統合し、一つのシステムをつくりおえるとロボット・メカトロニクス学科の強みを実感しました。

3年次

実験で製作したサッカーマウスロボット
実験テーマの一つであったサッカーマウスロボットの製作では、まず、グループで戦略を練り、それを実現させるために最適なデバイス設計やプログラム作成を自分たちで考えました。

Step4:4年次
学生同士で教え合う体験から自分の知識を再確認

4年次は、卒業研究も始まり、自分で課題を見つける力が大切になってきます。それを養うのに役立ったのが「メカトロニクス設計製作」です。この実験では、まず、所属する研究室に関連する実験課題を自分たちで考えます。そして、その課題を他研究室に所属する学生に教え取り組んでもらうというものです。つまり課題を教える側と他の研究室の課題を教わる側の両方を経験する事になります。この体験を通して、自分の取り組んでいる課題を客観的に見つめ、人に伝え、教えることの大切さを学びました。

4年次

自分たちで考えたメカトロニクス設計製作の課題
他の研究室の学生に教える課題として、カメラで物体の位置を認識し、マニピュレータを使ってその物体を倒すシステムを考えました。授業を通して人に教える難しさを実感しました。。

そして未来へ 進学先
東京電機大学大学院 未来科学研究科
ロボット・メカトロニクス学専攻

現在、ロボティクス研究室に所属し、考えただけで機械を動かすことができるブレイン・マシン・インタフェース(BMI)に関する研究に取り組んでいます。卒業研究では、利用者の意思を識別する方法を検討し、BMIの識別率向上を目指しています。この最先端のテーマを研究するには、1年では十分でないと考え、大学院に進学することを決めました。卒業研究では脳波の解析をメインにしていますが、進学後は学部時代に培った知識と技術を活かし、脳波で動く具体的な機械を検討し、設計や製作を行っていきたいと考えています。

こぼれ話

中学生の頃から軟式テニスをしていて、大学でもテニス部に所属。日々、楽しく練習しています。

そして未来へ

ページトップへ戻る

検索

閉じる