トップ > 学部・大学院 > 未来科学部 > ロボット・メカトロニクス学科

ロボット・
メカトロニクス学科
学科オリジナルサイト

ロボットメカトロニクス学科

学科の目的と理念

機械工学、電気電子工学、情報工学、制御工学などの専門知識をベースに、数学的なモデリング力とデザイン力を駆使することで実現される先端的なメカトロニクス技術。それを身につけたエンジニアは、科学、産業、環境などあらゆる分野において活躍することが可能となります。ロボット・メカトロニクス学科では、自在に動くロボットなどをつくり上げる実習や関連理論の講義・演習を通して、学生自身の知識と技術、豊かな創造性を養い、未来につながる知的システムを生み出せる技術者を育てます。

ロボットメカトロニクス学科の目的と理念

専門フィールド

メカトロニクス分野においては、「機械工学」「電気電子工学」「情報工学」「制御工学」などの個別分野が融合することによって専門フィールドが構成されます。
3分野融合、4分野融合も同様に考えられます。

専門フィールド

「機械」+「制御」

動くものづくりの基本分野です。新しい機構やメカニズムを提案し実現します。
ロボットモーション、輸送機械、航空・宇宙、プラント制御、ハイブリッド自動車など
「電気・電子」+「制御」

電気回路技術や制御アルゴリズムなどを駆使して、機械と人間が共存する社会づくりに貢献する分野です。
パワーエレクトロニクス、回路設計、ロボットセンシング、電気自動車など
「情報」+「制御」

コンピュータや情報通信ネットワークを駆使して、地球や人類にやさしいインテリジェントなシステムづくりをする分野です。
コンピュータネットワーク、組込みシステム、知能ロボット、人間機械インタフェース、ビル管理システムなど

学びのポイント

Point1
新学問領域への挑戦

「機械工学、電気電子工学、情報工学、制御工学」の4 分野を基礎からトータルに学び、相互の関係を知ることで、21 世紀の科学・産業・環境・福祉分野などで活躍できるメカトロニクスエンジニアをめざします。

Point2
実践的学習

メカトロニクスに関する充実した演習・実験
数学、力学、製図、実験等を通じて、4分野の実力を養います。

ものづくりのプロをめざすワークショップ
プロジェクト形式でロボット製作を行い、ものづくりの実際を体験します。

懇切丁寧なプログラミング教育
学習や研究における強力な手段として基礎から学びます。

Point3
自信から確信

毎年次実施の少人数ゼミ
1〜3年次はプロジェクト形式のグループ学習、4年次からは研究室で卒業研究を行います。

全学年統一実力テスト
全学年共通のテストにより、専門能力の習熟度を逐次確認していきます。

よろず相談室
常駐の大学院生が勉学や生活の相談相手になります。

研究室と教員紹介

石川 潤

畠山 省四朗

畠山 省四朗
教授
情報駆動知能化
研究室

岩瀬 将美

岩瀬 将美
准教授
情報駆動制御
研究室

釜道 紀浩

釜道 紀浩
 准教授
ソフトメカニクス
研究室

 中村 明生

中村 明生
准教授
知能機械
システム研究室

宮武 信春

宮武 信春
特別専任教授

深澤 克也

深澤 克也
講師

井筒 正義

井筒 正義
助教

井上先生

井上 淳
助教

藤川 太郎

藤川 太郎
助教

カリキュラム

未来科学部-ロボットメカトロニクス学科-カリキュラム

カリキュラムを拡大してみる

「メカトロニクス」とは

メカニクス(機械工学)とエレクトロニクス(電気工学)の融合という意味で日本で作られた言葉ですが、今日では情報工学と制御工学を含む4要素技術に関連する融合技術と製品を意味します。メカトロニクスを応用した機器は工作機械や自動化工場など産業界だけでなく、ロボットやハイブリッド自動車をはじめエレベータ、洗濯機、ビル管理システムなど私たちの身近な生活空間にもたくさん見られます。

「メカトロニクス」とは

ピックアップカリキュラム

よろず相談室

「徹底したフォローアップ」をスローガンに、学科専門科目のサポートを行います。授業内容の質問、欠席時の補習、コンピュータ一般のサポート、学生生活に関する相談など、教員・大学院生に気軽に相談できます。

よろず相談室

ワークショップ

入学してすぐにロボット作りの基礎を体験できる科目。グループ形式で講義・実習・設計・製作を学び、単なる「ものづくり」にとどまらないメカトロニクス技術の本質を体験的に習得することができます。

ワークショップ

メカトロニクス総合実験Ⅰ・Ⅱ

「マニピュレータ遠隔制御」「サッカー競技ロボット製作」の2つのメインテーマに取り組みます。『機械』『電気電子』『情報』『制御』の4分野からなるメカトロニクス技術を駆使できる、技術者の卵としての実力を養成します。

メカトロニクス総合実験Ⅰ・Ⅱ

主な進路

主な就職先

日立製作所、NEC、三菱電機、トヨタ自動車、ホンダ、三洋電機、JR 東日本、ミネベア、日本製鋼所、荏原製作所、富士電機、サンデン、CKD、安川電機、山武、日本コムシス、PFU、大林組 など

大学院進学

55名(2012 年3 月卒業実績)

取得可能な資格

めざせる資格

PE(Professional Engineer)
FE(Fundamentals of Engineering)
技術士補
高等学校教諭一種免許状(数学)
高等学校教諭一種免許状(工業)
技術士補高等学校教諭一種免許状(情報)
中学校教諭一種免許状(数学) など

未来科学部でめざせるその他の資格・免許

弁理士
国家公務員(Ⅰ種・Ⅱ種)
地方公務員(上級)
CAD利用技術者検定
情報処理技術者試験 など

4年間のSTEP

ロボット・メカトロニクス学科-青木-優人

ロボット製作に必要な知識や
技術を幅広い視野で学びたい


ロボット・メカトロニクス学科
青木 優人(千葉県/八千代松陰高校出身)

Step1:1年次
初めてのロボット製作をチームワークで成し遂げる

ロボットづくりに関する実践的な授業が多いことが決め手になり、東京電機大学をめざしました。1年次は「ワークショップ」の実習で、チームでロボットをつくったことが印象に残っています。また、授業の最後には16チーム対抗でロボットコンテストを行うので、なおさらチームワークが重要でした。ロボット製作だけでなく、意見のすり合わせや周囲への気配りなど、チームで協力してモノをつくることの難しさと楽しさを経験することができました。

「ワークショップ」のクレーン型ロボット

「ワークショップ」のクレーン型ロボット
アルミ板、木材などを加工してロボットを作製。加工機器の使用方法についても学ぶことができました。

Step2:2年次
ロボット製作に必要な知識をより実践的に学ぶ

2年次で興味深かったのは「メカトロニクス基礎実験Ⅰ・Ⅱ」です。画像処理や論理回路、2リンクマニピュレータといった、よりロボットに関連する授業であったことから印象に残っています。また、1年次から気になっていた2リンクマニピュレータの制御実験を行えたこともうれしかったです。実験結果をまとめ、考察や課題などに対する調査を行うことで、より専門的な知識と考え方を身につけることができました。

旋盤を使って加工したピストンを評価・測定

旋盤を使って加工したピストンを評価・測定
「メカトロニクス基礎実験Ⅰ・Ⅱ」では、形状測定というテーマで、旋盤を使って加工したピストンの真円度や円筒度を評価しました。

Step3:3年次
自分で組んだプログラムを初めてロボットに実装

3年次は、複雑なアルゴリズムを含むプログラムなど専門的な学びが増えてきます。「メカトロニクス総合実験Ⅰ」では、実機に触れ、メカトロニクスについて学びます。ここで、ロボットに取らせたい行動をプログラミングによって実現することができました。これまではJavaやC言語など、プログラミング言語を学んでもパソコンの画面上で確認するだけで、ロボットに実装することはなかったので、プログラム通りにロボットが動くのを見たときは、とても感動しました。

基盤の設計も行ったマウスロボット

基盤の設計も行ったマウスロボット
「メカトロニクス総合実験I」では、基盤の設計や加工の方法を学ぶことができました。2年次までに学んだ基礎も活かされていることを実感できました。

Step4:4年次
実験内容から結果の評価方法まで自分たちで考察・決定する

4年次は、研究室に所属し、これまで学んできた知識をベースに、1年かけて卒業研究に取り込みました。レーザ距離センサを用いて、物や人を認識すると共に人の向きを推定する技術について研究しています。また、研究以外に国外の大学生も参加するInternational Design Contestという国際ロボコンにも参加することができました。私は、この大会でロボット作りを通して他国の友人を作ることができ、とても良い経験をすることができました。

International DesignContest(IDC ロボコン)の参加

International Design Contest(IDCロボコン)の参加
9カ国の大学から選抜された学生で、混成チームを編成。ロボットを設計・製作した。競技会で、優勝することができました。

そして未来へ 進学先
東京電機大学大学院 未来科学研究科 ロボット・メカトロニクス学専攻

所属研究室のテーマは、機械が人や物を認識するのに必要な「コンピュータビジョン」です。大学院進学後は、学部で研究した、人の向きを推定する技術を発展させ、人の案内をすることができる「ガイドロボット」の研究をしたいと思っています。大学の4年間では、必要な知識や技術を学ぶことができたうえ、理論だけでなく実際に手を動かすことで、製作の実践を体で覚えることができました。その成果を、「人に身近な、コミュニケーションのとれるロボット」に活かしたいと思います。

ページトップへ戻る

検索

閉じる