トップ > 学部・大学院 > 未来科学部 > 情報メディア学科

情報メディア学科
学科オリジナルサイト

情報メディア学科

現代社会における私たちの生活は、コミュニケーションの形態から、学び、遊びの形態までさまざまな情報技術によって形作られ、新たな魅力を持った姿に変容しています。メディア学とコンピュータサイエンスを融合し、デザイン、表現、技術などさまざまな観点から理解を深めることで、次世代の技術を生み出していく人材を育成します。

学科の概要

学びのポイント

Point1
演習を重視

さまざまなコンテンツの企画・制作と、システムの設計・構築のプロセスを、体験を通して学んでいく演習。そして、その根底にある技術の本質を追究する講義の双方を重視。講義の内容を演習で実践し理解を深めていきます。

Point2
一人ひとりに合わせて

専門分野の豊富な科目群を「ユニット」という単位で4つにグループ化。学生はどのユニットでも自由に選択することが可能です。一人ひとりの将来像や目標に合わせて複数のユニットを学ぶことで、独自性豊かな専門家をめざすことができます。

Point3
充実したソフトウェア教育

高度なCG、複雑なネットワーク、これらを現実のものにしているのはソフトウェア技術です。じっくり学ぶ入門科目から、高度な知識が身につく専門科目まで、体系的に学ぶことによってソフトウェアによるものづくりの力をつけることができます。

暮らしを支える情報メディア

暮らしを支える情報メディア

拡大してみる

情報メディア学科の学び

クリエイティブ

コンピュータグラフィックスや映像作品・音楽作品を制作するための手法、さまざまな形の情報を合理的に設計・表現するためのコンテンツ、情報伝達を保証するシステムとインタフェース、人間の特性やインタラクションなどについて学びます。
テクノロジー

インターネットを支える基盤技術から、Webサイトの構築・発展、プログラミング、ソフトウェア設計、セキュリティ技術などについて学びます。

研究室と教員紹介

佐々木 良一

佐々木 良一
教授
情報セキュリティ
研究室

猪俣敦夫

猪俣 敦夫
教授
情報セキュリティ研究室

小坂 直敏

小坂 直敏
教授
音メディア表現研究室

川澄 正史

川澄 正史
教授
アクセシブル
テクノロジ研究室

絹川 博之

絹川 博之
教授
計算言語学研究室

小山 裕徳

小山 裕徳
教授
生体情報研究室

鉄谷 信二

鉄谷 信二
教授
メディア応用研究室

中島 克人

中島 克人
教授
知的計算システム
研究室

増田 英孝

増田 英孝
教授
Web工学研究室

矢島 敬士

矢島 敬士
教授
先端情報システム
研究室

MasayukiIWAI-3

岩井 将行
准教授
実空間コンピューティング
研究室

竜田 藤男

竜田 藤男
講師

山田 剛一

山田 剛一
講師

井ノ上寛人

井ノ上 寛人
助教

FI柿崎先生

柿崎 淑郎
助教

森谷 友昭

森谷 友昭
助教

カリキュラム

情報メディア学科カリキュラム

カリキュラムを拡大してみる

学部共通カリキュラム(システムデザイン工学部/未来科学部/工学部)

共通教育科目科学技術と人間、社会との関わりを理解し、科学技術者として良識ある社会人として必要な教養、キャリア意識、倫理観を身につける
フレッシュマンセミナー/東京電機大学で学ぶ/情報と職業/論理的思考法/文章表現法/人間科学プロジェクト/歴史理解の基礎/哲学と倫理の基礎/認知心理 学/人間関係の心理/自己心理学セミナー/情報デザインと心理/芸術/実用法律入門/日本国憲法/日本経済入門/介護福祉論/企業と社会/大学と社会/企業と経営/健康と生活/身体運動のしくみ/トリムスポーツⅠ・Ⅱ/体力科学演習/アウトドアスポーツA・B・C/技術者倫理/失敗学/情報化社会と知的財 産権/製造物責任法/情報倫理/情報とネットワークの経済社会/情報化社会とコミュニケーション/科学と技術の社会史/科学技術と現代社会/科学技術と企業経営
世界で活躍できる技術者に必要なグローバルなコミュニケーション能力を身につける
グローバル社会の市民論/比較文化論/地球環境論/国際政治の基礎/ヨーロッパ理解/アメリカ理解/アジア理解/ドイツ語・ドイツ文化/中国語・中国文化/総合英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/ 口語英語Ⅰ・Ⅱ/英語演習A・B・C・D・E・F・G・H・I/海外英語短期研修/国内英語短期研修
教職課程科目科学技術と人間、社会との関わりを理解し、科学技術者として良識ある社会人として必要な教養、キャリア意識、倫理観を身につける
教職入門/教育学概論/教育心理学/教育社会学/数学科教育法/工業科教育法/道徳教育論/教育相談/生徒・進路指導論/教育実習セミナー/教育実習Ⅰ・Ⅱ/教職実践演習(中・高) 他

ピックアップカリキュラム

ワークショップ

20名前後のグループに分かれ、各グループの担当教員が示すテーマに従って調査・討論・発表等の学生主体の学習を体験。また、教員の指導の下、学科科目の履修計画策定なども行います。

ワークショップ

サーバプログラミング演習

インターネット上のWebシステムを対象に、要件定義、設計、実装の一連の構築を行います。4人前後のチームで独自の企画に基づき開発を進め、システム開発におけるプロジェクト管理や、コミュニケーション、共同作業の難しさと楽しさを経験します。

サーバプログラミング演習

情報セキュリティの基礎と暗号技術

情報セキュリティの基礎を学んだ後、代表的な共通鍵暗号や公開鍵暗号の原理や具体的仕組みを理解。さらに、デジタル署名や電子政府システムについても学びます。

情報セキュリティの基礎と暗号技術

コンピュータアニメーションおよび演習

CGにおけるコンピュータアニメーション制作技術について、表現手法や技術について学びます。実際の制作現場でも使用されている3次元CGソフトウェアMayaを使用し、コンピュータアニメーションの制作演習を行います。

コンピュータアニメーションおよび演習

主な進路

卒業後の就職者の業種別割合 (2015年3月卒業実績)

卒業後の就職者の業種別割合

卒業者数
男子 94名 女子 26名

主な就職先

日立製作所、三菱電機、NEC、凸版印刷、富士通、富士ゼロックス、NTTデータ、東芝情報システム、JR東日本情報システム、みずほ情報総研、野村総合研究所、日本総合研究所、日立システムズ、富士通ビー・エス・シー、ぐるなび、ドコモ・システムズ、日立公共システム、カシオ計算機、グリー、ヤフー など

大学院進学

30名(2015年3月卒業実績)
男子 29名
女子 1名
進学率 25.0%

取得可能な資格

めざせる資格

PE(Professional Engineer)
FE(Fundamentals of Engineering)
技術士補
高等学校教諭一種免許状(数学)
高等学校教諭一種免許状(工業)
高等学校教諭一種免許状(情報)
中学校教諭一種免許状(数学)
弁理士
国家公務員
地方公務員(上級)
CG検定
CAD利用技術者検定
情報処理技術者試験 など

4年間のSTEP

M・Y

研究で学んだことを生かして
SEとしてステップアップしたい


情報メディア学科
M.Y(東京都/都立上野高校 出身)

Step1:1年次
新しい技術を学ぶことで思い通りにデザインできた

幼い頃から母の「ワープロ」に触れていたせいか、パソコンには興味があり、得意でもありました。簡単なウェブサイトは作成した経験がありましたが、Webページ制作は体系的に学ぶことで、より効率的に自由にデザインすることができるようになります。「コンピュータプログラミングⅠ・Ⅱ」では、「Processing」というソフトで、プログラミングを学びますが、結果がビジュアルとして目に見えるので、達成感を感じることができました。

1年次

はじめて触れる技術も楽しんで学べました
初めて触れた「スタイルシート」を使用することで、それまでにはできなかったレイアウトやデザインが、簡単に思い通りに実現できるようになりました。

Step2:2年次
本格的なプログラミングとチームワークを学ぶ

「オブジェクト指向プログラミングおよび演習」は、難しく感じる人もいたようでしたが、プログラミングについての理解を深めることができたと感じています。また、「メディア演習A(動画)」では、4人がチームになって動画制作に取り組みました。デジタル技術を利用してコンテンツを作り上げていく授業はこの学科らしい授業のひとつだと思います。ものづくりの楽しさと、みんなで取り組むというチームワークの楽しさを知りました。

2年次

テーマは「記念日」アイデアを映像にしていく
それぞれが作った動画の設計図になる「絵コンテ」を検討して、実際に制作する作品を選びます。内容の面白さだけでなく、撮影のしやすさも選択のポイントです。

Step3:3年次
実務と同じ役割と手順でアプリケーションを開発する

「サーバプログラミング演習」は4~5名のチームで取り組みました。半期を丸々使って、サーバの構築からアプリケーションの開発までを行う授業です。実際に企業で行われているのと同じように進めていき、役割も実務に即して分担します。「友情崩壊授業」と呼ばれるほど厳しい内容ですが、技術だけでなくチームワークについても学べます。とても大変でしたが、この授業を通して総合力が鍛えられた気がしています。

3年次

簡単で使いやすいスケジュール共有アプリを開発
実務と同じように、サーバの構築、アプリケーションの設計、プログラミングに加えて、操作マニュアルの作成やプレゼンテーションまでが開発プロジェクトに含まれます。

Step4:4年次
それまでに学んだことをすべて注ぎこむ卒業研究

CGだけでなく、広く映像系を学びたいと考えていたので、「ビジュアルコンピューティング研究室」を選択しました。卒業研究は「アニメ塗りの似顔絵の自動生成」です。今まで、あまり似ているアニメ風似顔絵の自動生成システムがなかったのでチャレンジしたいと考えました。研究ではこれまでに学んだことを総動員しています。基礎はもちろんのこと、興味のある授業を選択できたからこそ、学んだことのすべてが役立っているのだと思っています。

4年次

「顔の特徴」を数値化してアニメ風の似顔絵を合成する
人間の顔と、それをアニメ風似顔絵にしたものを比較して、特徴を抽出していきます。顔のパーツを強調したり、配置を変えることで、「アニメ風」の似顔絵を生成します。

そして未来へ 内定先
三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社

絵を描くことが好きで、パソコンに興味があったので、情報メディア学科を選択しました。映像系の職業に就くため就職先には、要件定義などの上流部門から、実際のプログラミングにまで携わることができる大手システムインテグレーターを希望しました。東京電機大学の授業は、実務に即した演習やチームで取り組む課題が多いのですが、企業の方からも「実践的だ」とたくさん高評価をいただきました。まさに「実学尊重」という建学の精神を体現している大学であると誇らしかったです。SEという仕事に、この力は必ず役立つと感じています。

こぼれ話

得意のドラム、ギター、ピアノ、ボーカルで、軽音楽部を大いに盛り上げました。

そして未来へ

ページトップへ戻る

検索

閉じる