トップ > 学部・大学院 > 未来科学部 > 建築学科

安全で快適な生活を支え、豊かな空間をつくり出す建築の未来のために、実践力を備え、国際的にも活躍できる設計者、技術者、研究者を養成することを目的としています。完全習熟教育システムや、先端IT技術を取り入れたカリキュラム、長期インターンシップなどの多様な学びを展開し、広く社会で通用する実践力と豊かな表現力を身につけます。

学科の概要

学びのポイント

Point1
技術や知識の確実な習得

学生一人ひとりの個性を尊重した講義や演習(計画・意匠、住環境・インテリア、歴史・都市、構造・生産、環境・設備の分野)で、設計・デザインの能力と情報・解析・表現の技術をバランスよく学びます。3年次には、これらの学習を統合する「技術や知識の習得確認テスト」があり、社会で活躍できるプロフェッショナルに必要な技術や知識を確実に習得できます。

Point2
豊富な実践の機会

社会で役立つ人材を育成するため、研究・開発・実務の前倒しともなる「長期インターンシップ教育」※を実施しています。本学科は、国内に類のない「学内一級建築士事務所」を有しており、インターンシップを強力にサポートしています。実社会と連携した新技術の研究開発および調査、設計コンサルティングを通じて、プロの技術と倫理観を養います。

※本学大学院における長期インターンシップは一級建築士受験資格の実務歴として公的に認定されています。

Point3
表現能力の向上

1年次から学生全員が設計課題で発表し、それに対する講評を受けます。若手と熟練の実務者・研究者からなる教員陣のもとで重ねるこのような経験が、表現力やプレゼンテーション能力を向上させます。その他、建築に作用する見えない力や熱などをコンピュータを用いて可視化し理解したり、3Dプリンタを用いた3次元造形物を制作したりできるデジタル作業環境も充実しています。

暮らしを支える建築

暮らしを支える建築

拡大してみる

建築学科の学び

情報・解析・表現の技術

設計・デザインの能力

住環境・インテリア

・インテリア設計
・福祉・住環境
・ディスプレイデザイン
・リノベーションデザイン
構造・生産

・構造デザイン
・構造解析
・材料・生産・構法
・耐震・免制震
計画・意匠

・建築設計
・建築計画
・建築表現
・作品・形態論
歴史・都市

・建築史
・都市計画
・都市デザイン
・保存と再生
環境・設備

・建築環境工学
・省エネルギー
・環境心理生理
・サステナビリティ

研究室と教員紹介

秋田先生

秋田 剛
教授
環境心理生理研究室

朝山秀一

朝山 秀一
教授
情報・設計工学研究室

射場本忠彦

射場本 忠彦
教授
建築環境工学研究室

今川憲英

今川 憲英
教授
素材と構造デザイン
研究室

立花正彦

立花 正彦
教授
建築構造研究室

土田寛

土田 寛
教授
都市デザイン研究室

積田洋

積田 洋
教授
建築・都市空間研究室

山本圭介

山本 圭介
教授
空間デザイン研究室

柳原隆司

柳原 隆司
特別専任教授
建築環境・省エネルギー
研究室

大崎 淳史

大崎 淳史
准教授
バリアフリー環境研究室

松下希和

松下 希和
准教授
建築デザイン研究室

百田真史

百田 真史
准教授
建築設備・環境工学研究室

FA山川誠先生

山川 誠
准教授
構造工学研究室

山田あすか

山田 あすか
准教授
建築・環境計画研究室

横手義洋

横手 義洋
准教授
建築史研究室

渡邊朗子

渡邊 朗子
准教授
空間・環境情報デザイン研究室

遠藤先生FA

遠藤 薫
特別専任教授

FA呉先生

呉 鴻逸
講師

荻原雅史

萩原 雅史
講師

二瓶光希

二瓶 光希
講師
TDU建築設計事務所

FA松永先生

松永 英伸
講師

カリキュラム

建築学科カリキュラム

カリキュラムを拡大してみる

学部・大学院6年一貫教育を実施しています。

学部共通カリキュラム(システムデザイン工学部/未来科学部/工学部)

共通教育科目科学技術と人間、社会との関わりを理解し、科学技術者として良識ある社会人として必要な教養、キャリア意識、倫理観を身につける
フレッシュマンセミナー/東京電機大学で学ぶ/情報と職業/論理的思考法/文章表現法/人間科学プロジェクト/歴史理解の基礎/哲学と倫理の基礎/認知心理 学/人間関係の心理/自己心理学セミナー/情報デザインと心理/芸術/実用法律入門/日本国憲法/日本経済入門/介護福祉論/企業と社会/大学と社会/企業と経営/健康と生活/身体運動のしくみ/トリムスポーツⅠ・Ⅱ/体力科学演習/アウトドアスポーツA・B・C/技術者倫理/失敗学/情報化社会と知的財 産権/製造物責任法/情報倫理/情報とネットワークの経済社会/情報化社会とコミュニケーション/科学と技術の社会史/科学技術と現代社会/科学技術と企業経営
世界で活躍できる技術者に必要なグローバルなコミュニケーション能力を身につける
グローバル社会の市民論/比較文化論/地球環境論/国際政治の基礎/ヨーロッパ理解/アメリカ理解/アジア理解/ドイツ語・ドイツ文化/中国語・中国文化/総合英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/ 口語英語Ⅰ・Ⅱ/英語演習A・B・C・D・E・F・G・H・I/海外英語短期研修/国内英語短期研修
教職課程科目科学技術と人間、社会との関わりを理解し、科学技術者として良識ある社会人として必要な教養、キャリア意識、倫理観を身につける
教職入門/教育学概論/教育心理学/教育社会学/数学科教育法/工業科教育法/道徳教育論/教育相談/生徒・進路指導論/教育実習セミナー/教育実習Ⅰ・Ⅱ/教職実践演習(中・高) 他

ピックアップカリキュラム

建築ワークショップ

ものづくりの楽しさを体験する授業で、学生は教員別のテーマに応募します。1チームが8~9人で、前期は設計に取り組み、夏期に実物を作成します。

ワークショップⅡ

材料・構造実験

建築物の主要な構造材料の物理的性質、鉄筋コンクリートや鉄骨の構造部材の基本的な力学的性質を実験などの実習を通して体感し、これら材料や構造部材に対する知識を具体的に体得します。

材料・構造実験

建築設計製図Ⅴ

地域に開かれた小学校の設計を通して〈学ぶ〉ための空間と〈地域の人々を結びつける〉ための空間の創り方を学びます。複合度の高い建築のプログラムを解く方法を学ぶとともに、併設される体育館の設計を通して大空間の創り方を学びます。

設計・パフォーマンスⅤ(3年前期)

長期インターンシップ

学内に設置されている一般社団法人TDU一級建築設計事務所や学外企業がインターンシップ先。本学教員のもとで、設計や耐震調査を実践し、一級建築士試験の大学院での実務経験も認定されます。

長期インターンシップ

主な進路

卒業後の就職者の業種別割合 (2015年3月卒業実績)

卒業後の就職者の業種別割合

卒業者数
男子 63名 女子 26名

主な就職先

竹中工務店、大林組、鹿島建設、清水建設、大成建設、三井住友建設、住友林業、積水ハウス、大京、大和ハウス工業、長谷工コーポレーション、三井ホーム、日建設計、日本設計、梓設計、JR東日本、旭ビルウォール、東京電力、東芝メディカルシステムズ、厚木市役所 など

大学院進学

54名(2015年3月卒業実績)
男子 40名
女子 14名
進学率 60.7%

取得可能な資格

めざせる資格

一級建築士
二級建築士
木造建築士
土木施工管理技士(1級・2級)
一級建設機械施工技士
一級建築施工管理技士
建築設備士
PE(Professional Engineer)
FE(Fundamentals of Engineering)
高等学校教諭一種免許状(数学)
高等学校教諭一種免許状(工業)
中学校教諭一種免許状(数学)
消防設備士(甲種)
技術士補
インテリアプランナー
インテリアコーディネーター
福祉住環境コーディネーター
宅地建物取引主任者
弁理士
国家公務員(Ⅰ種・Ⅱ種)
地方公務員(上級) など

4年間のSTEP

K・A

失敗も自分の糧に
経験を重ね、より実践的な設計を



建築学科
K.A(神奈川県/県立横浜緑ヶ丘高校 出身)

Step1:1年次
「被災地の役に立つ」をテーマにチームで課題に取り組んだ

「建築ワークショップ」で私たちに与えられたテーマは東日本大震災の被災地の方に役立つ空間を作るもので、ベンチを作ることになりました。通常は使わない大きな材料を加工する必要があるため、千葉ニュータウンの合宿所に1週間ほど泊まりこんで作業をしました。
予算も設定されているので、それに合わせてデザインの変更が必要になったり、材料の購入、加工、組み立て、塗装とすべての工程を自分たちで行うのはたいへんですが、やりがいがありました。

1年次

福島の人に使ってもらえてほんとうに嬉しかった
慣れない自炊など大変なことばかりで、とても疲れましたが、大きな充実感を感じました。なによりも、被災地の方からいただいた感謝のお手紙にとても感動しました。

Step2:2年次
人に会うこと、話を聞くこと建築に必要な建築以外のこと

未来科学部の他2学科の初めて話す人たちとチームを組んで「足立区ロボットタウン計画」というテーマでプロジェクト課題に取り組みました。古い町並みと近代技術をどうすれば共存できるか、を探るために、街の人にインタビューして解決策を検討しました。そこで一番に感じたことは、建築に携わるには建築以外の知識も大切だということ。そして、同じテーマでも、他の学科の視点からは、自分には気づけない提案ができるということでした。

2年次

住宅のコンセプトは家族が集まる空間
「建築設計製図Ⅳ」では戸建住宅の設計に取り組みました。家の中心に家族が集まる空間を作ることを考え、円形の住宅を提案しました。

Step3:3年次
利用者の立場に立って意匠・構造・環境を考える

東京電機大学で学ぶまで、建築=意匠(デザイン)というイメージがありました。しかし、実際には建物の構造や、空間の環境なども考慮する必要があります。「建築設計製図Ⅴ」では、小学校の設計がテーマでしたが、私は地区センターの機能を持った小学校を設計しました。放課後も子どもたちが遊べる空間を作りたいと思っていたのですが、地区センターの利用者は子どもだけではないことを指摘され、設計を変更しました。

3年次

周囲の環境と調和し利用者に優しい多機能小学校
小学校の周囲は、低層の住宅街なので、小学校もそれと調和する高さに設計しました。また、さまざまな利用者がそれぞれ快適に利用できるように「ゾーン分け」を採用しました。

Step4:4年次
地域で住み続けることができる都市空間を創造する

3年間の集大成となる「特別設計Ⅰ・Ⅱ」では、地域に必要な複合施設の設計がテーマでした。地元が求めている施設をリサーチして、必要な機能を盛り込んでいきます。身近な家具から、都市空間までを設計していくためには、新たに学ばなければならないことがたくさんありましたが、自分自身のまとめになったと感じています。また、卒業研究は、高齢者が地域で住み続けることができる施設の研究で、どのような施設が必要なのかを調査しているところです。

4年次

立ち退きまで想定した再開発プロジェクト
この課題では、単に建物を設計するだけでなく、建築する際に立ち退いた人の再居住までを視野に入れた設計にする必要があります。自分の足りないところを気付かされました。

そして未来へ 進学先
東京電機大学大学院 未来科学研究科 建築学専攻

オープンキャンパスで建築模型を見たことが建築学科に進むきっかけになりました。福祉系の仕事に興味があったことと、誰かの役に立ちたいということが、「建築・環境計画研究室」の研究テーマと一致すると思いました。大学院への進学は、4年間の学びではまだまだ不足していると実感して決めました。東京電機大学の特長は、とにかく手と頭を使うことだと感じています。図面、パース、模型、すべてを使って、最大限に表現していくことは、自分自身の大きな力になります。大学院では、ボランティアなどの体験を通じて、より実践的な設計に取り組んでいく予定です。

こぼれ話

研究に行き詰まったときなど、目の前にあるものをスケッチすることが、気分転換になります。

そして未来へ

ページトップへ戻る

検索

閉じる