トップ > 学部・大学院 > 工学部第二部 > 工学部第二部について

学部の理念

実社会で真に必要とされる、高い能力を備えた技術者・研究者となるための学びを展開します。一人ひとり異なるライフスタイルにも対応できる充実したカリキュラムを支えるのは、工学部(昼間部)の教授陣。実験や実習に重点を置く「実学尊重」の精神のもと、工学の基礎と実践的な技術の習得、広い視野を育てることをめざします。働きながら学ぶ熱意ある学生のため、少人数制のきめ細やかな教育の実施、各種サポートシステムの導入といったバックアップ体制も整えています。

学部の特徴

あなたに合った自由な時間割編成をサポート

昼間アルバイトなどに励む方は平日5時限目から7時限目を履修する「週5日制」の時間割編成を、会社に勤務する場合は平日の6時限目と7時限目に加え、土曜日昼間からの授業も受ける「土曜日併用制」の時間割編成を選択できます。

時間割

時限平日土曜日
1̶̶
2̶ 10:40~12:10
3̶ 13:10~14:40
4̶ 14:50~16:20
5 16:30~18:00 16:30~18:00
6 18:10~19:40 18:10~19:40
7 19:50~21:20̶

教授陣は工学部(昼間部)と同じ、授業内容もほぼ同じ

工学部・未来科学部の教授陣が授業を担当。主要科目などの学びの内容も工学部とほぼ同じ、基礎から応用まで多数の科目を用意しました。所属学科以外の科目や、昼間開講の工学部の科目も履修可能です。

学費は「単位従量制」で工学部の約半分

学費は履修申告した単位数に応じた額となります。工学部とほぼ同じ教育が受けられ、しかも学費をおよそ半額にすることも可能です。
奨学金制度は工学部と同様です。

学部の1年次在籍者数(2015年5月現在)

電気電子工学科 52人(男子50人 女子2人)
機械工学科 50人(男子48人 女子2人)
情報通信工学科 53人(男子46人 女子7人)

ページトップへ戻る

検索

閉じる