トップ > 学部・大学院 > 工学部 > 3つのポリシー(工学部)

入学者受け入れの方針

 工学部は、科学技術の中核をなす工学の専門的な知識と技術を備え、安全で快適な社会の発展に貢献できる技術者を養成するという本学部の教育理念を十分に理解し、本学部を志望する理由が明確であり、工学を学ぶにふさわしい基礎学力と資質を有している学生を受け入れます。

電気電子工学科

 工学部の電気電子工学科は、エコエネルギー、生体・情報システム、スマートシステム、エレクトロデバイス、家庭用電子機器、生産技術、超高速光通信網の多分野にわたる教育を展開し、産業界で広く活躍できる技術者を養成します。時代に即した新しい視点で電気電子工学分野をとらえた、本学科独自の教育・研究の中で、学生は、各自の興味に応じた科目を選択しながら、最先端技術を体系的に学びます。変わりゆく時代の流れにも柔軟に対応できる人材となるよう、福祉等を含め人間の幸せそのものについて思い巡らせることのできる、高い人間力を培うことも重視します。
 この理念に共感し、基礎学力を有し、電気電子分野に強い興味を持つ学生を受け入れます。
 以下は、各コースが特に配慮する方針です。
 
<電気電子システムコース> 
 電気電子システムコースは、エコエネルギー、生体・情報システム、スマートシステム、エレクトロデバイスの多分野にわたる教育を展開し、産業界で広く活躍できる技術者を養成します。時代に即した新しい視点で電気電子工学分野をとらえた、本学科独自の研究・教育の中で、学生は、各自の興味に応じた科目を選択しながら、最先端技術を体系的に学びます。変わりゆく時代の流れにも柔軟に対応できる人材となるよう、福祉等を含め人間の幸せそのものについて思い巡らせることのできる高い人間力を培うことも重視します。
この理念に共感し、基礎学力を有し、電気電子分野に強い興味を持つ学生を受け入れます。
 
<電子光情報コース>
 これからの技術者には、知識・技術だけではなく、それらを活用して新しいものを生み出す創造性が求められます。
 電子光情報コースは、そのような創造性を持った技術者の養成を理念としています。学生は、電子、光、情報の各分野の先端技術を体系的に学ぶ中で、知識だけでなく、それらを活かす思考力を修得します。思考力は創造性の源となると同時に、時代の変化に対応するために不可欠な能力です。知識を深め、思考力を修得するための苦労は、後に何倍にもなって報われます。
 この理念に共感し、電子・光・情報分野に興味を持ち、かつ基礎学力を有する学生を受け入れます。

環境化学科

 資源の枯渇や地球温暖化、オゾン層の破壊など、地球規模での環境問題に直面している現代に求められるのは、かつてのような大量生産・大量消費による発展ではなく、「持続可能な発展」です。
 工学部の環境化学科は、化学と生物を基盤とする教育研究を展開し、環境に配慮したものづくりの技術開発力を有し、社会へ貢献できる技術者・研究者を養成します。「環境化学」「機能性高分子」「生物工学」「環境材料工学」の4分野を柱に、多彩な実験を通して実践的な技術力を磨くとともに、新しい技術の研究開発も行います。
 この理念に共感し、環境問題や環境にやさしいものづくりに関心を持つ学生を受け入れます。

機械工学科

 日常的に利用するあらゆる機器を、いかに高精度、高効率、高機能化するかを考えていく機械工学分野において、今後の社会でいきるものづくりを行えるようになるには、まず基礎をしっかりと固め、その後段階的に知識と技術を高めていくことが必要です。
 工学部の機械工学科は、機械工学のみならず、情報、コンピュータ、メカトロニクス、光学、医用工学など、新たな分野を取り入れた教育研究を展開し、機械、制御、計測、材料、加工技術などの基礎と先端技術を修得し、科学技術者としての確かな能力と豊かな創造力を養うことを目指します。
 この理念に共感し、機械工学やその周辺技術に強い興味のある学生を受け入れます。
 以下は、各コースが特に配慮する方針です。
 
<機械工学コース>
 機械工学科の機械工学コースは、工学におけるさまざまな問題に柔軟に対応するために、数学、物理、化学に関する基礎学力と、材料、熱、流体、機械力学、制御、設計、機械要素、加工に関する専門知識、さらには、実践の中でそれらを応用して新しい開発が進められる技術者の養成を目指します。また、科学技術に対する知識のみならず、技術者として社会に貢献できる人材を育てます。
 この理念に共感し、工学全般と機械工学に興味を有し、幅広い専門教育に十分に対応でき、さらに専門知識の応用と発展が可能な創造力の豊かな学生を受け入れます。
 
<先端機械コース>
 機械工学科の先端機械コースは、急速に発展・進化する科学技術に、幅広い教養とゆるぎない専門知識を背景に、柔軟な発想でそれに対応できる科学技術者の養成を目指します。そのために、機械工学の基盤である力学関連科目に加えて、情報、コンピュータ、メカトロニクス、光学、医用工学、制御、計測、材料、加工技術分野における先端的な講義科目も修得させます。
 この理念に共感し、機械工学の基盤と、その周辺の先端技術に強い興味のある学生を受け入れます。

情報通信工学科

 工学部の情報通信工学科は、コンピュータを中心とする情報系技術と、ネットワークや光ファイバをはじめとする通信系技術の両分野を網羅した情報通信工学を学ぶ学科です。これらを修得できるようにしつつ、応用力と洞察力を備え、技術者として自立できる社会性をもった人材を養成します。いつでも、どこでも、誰でも、快適に利用できるユビキタスネットワークの実現に貢献するエンジニアを育てるため、コンピュータや通信システムのほか、音響や画像の信号処理技術まで習得できる幅広いカリキュラムを用意しています。産業界とも積極的に交流しながら、学生自身の実力と個性を伸ばしていきます。
 この理念に共感し、情報通信工学に特に強い興味のある学生を受け入れます。

教育課程編成・実施の方針

 工学部は、本学部の教育目標を達成するため、「手厚いサポートのある基礎教育」(安心教育)、「充実した実験、実習、ワークショップ」(実力教育)、さらに「幅広い専門科目と卒業研究」(飛躍教育)の3段階で教育課程を編成し、実施します。以下は、学年において特に配慮する方針です。
(1)低学年
 低学年では、数学科目、物理科目、英語科目の習熟度別クラスで、基礎学力を固めます。また、厳選した「必修科目」と、工学への学習意欲をかき立てる導入科目を含む「選択科目」を通して、工学の基礎知識と基礎技能をしっかりと修得させます。さらに、社会人としての基本的な素養やキャリア意識、及び技術者として必要な倫理観を身につけさせます。
(2)全学年
 全学年を通じて、工学の基礎知識と技能の関連性を重視し、講義で修得した知識の理解を深め、かつ基礎技能を体得できる「実験・実習」を用意します。また、技術者として実社会で活躍できるコミュニケーション力とプレゼンテーション力を育むために、「ワークショップ」や「キャリア関連科目」等の参加型科目を充実させます。
(3)高学年
 高学年では、「電気電子工学」「環境化学」「機械工学」「情報通信工学」の各分野で、現代的なニーズを意識した幅広い専門科目群を用意します。研究者である教授及び准教授との濃密なコミュニケーションを行う卒業研究では、その過程を通じて創造的学習活動を展開し、多分野で課題が解決できる技術者を養成します。また、大学院の先取り科目等も設置し、常に新しい知識と技術の獲得に努める積極的な姿勢を持つ技術者・研究者の養成を目指します。

電気電子工学科

<電気電子システムコース>
 電気電子工学科の電気電子システムコースは、学生が卒業後に電気電子工学のいずれの分野に進んだ場合でも、柔軟に対応できる十分な基礎学力を柱として、電気電子工学の分野の基礎、さらに、エコエネルギー分野、生体情報システム分野、スマートシステム分野、エレクトロデバイス分野を系統的かつ専門的に学習できるように、教育課程を編成し、実施します。
 また、英語科目と技術者倫理の学習機会を複数学年において提供します。
 
<電子光情報コース>
 電気電子工学科の電子光情報コースは、基礎学力を柱として、電気電子工学の分野の基礎を学び、さらに電子、光、情報の分野を系統的かつ専門的に学習できるように、教育課程を編成し、実施します。
 また、実社会で活躍できるようにワークショップ科目や実験科目、課題解決力を高めることができるカリキュラム、コミュニケーション力とプレゼンテーション力を身につけることができるカリキュラムを編成し、実施します。

環境化学科

 工学部の環境化学科は、自然科学の基盤を修得するための「基盤科目」、国際性を身につけるために必要な「外国語科目」、環境化学に関する「基幹科目」を柱として、環境化学の分野の基礎を学ぶ学科です。この3本柱に加え、環境化学、生物工学、機能性高分子化学、環境材料工学の4分野から構成する「基幹科目」を系統的かつ専門的に学習できるように、教育課程を編成し、実施します。
 また、学生が実社会で活躍できるように、自ら学ぶ姿勢やコミュニケーション力及びプレゼンテーション力を身につける科目、将来への展望が明確になるように、キャリアデザインに関する科目「ワークショップ」「環境化学総合演習Ⅰ・Ⅱ」「インターンシップ」を配置します。

機械工学科

 工学部の機械工学科は、コースごとに特色ある教育課程を編成し、実施します。
 
<機械工学コース>
 機械工学科の機械工学コースは、数学、物理、化学に対する基礎教育科目を柱として、機械工学分野の基礎教育を展開し、さらに、材料力学、熱力学、流体力学、機械力学、設計・加工学の専門分野を系統的に学習できるように、教育課程を編成し、実施します。
 また、実験、実習、設計及びワークショップにて、機械工学における実践的な能力を身につけさせます。
 
<先端機械コース>
 機械工学科の先端機械コースは、機械技術及び機械システムにかかわる基礎と応用を2つの柱として、機械工学の基盤である力学系科目を展開し、さらに、「先端医用工学」「先端自動車工学」「先端精密機械加工」などの先端的な機械工学関連分野を、系統的かつ専門的に学習できるように、教育課程を編成し、実施します。
 このように先端的な技術内容の科目を配置することで、将来にわたる学生の工学技術への興味向上と視野拡大へとつなげていきます。
 また、技術課題解決の能力を養うために、「機械のしくみ」から始まって、「ワークショップ系科目」「実験実習系科目」、そして最後は「卒業研究」と、一連の課題探究科目群を配置します。さらに、「コンピュータの基礎および演習」や「機械工学輪講」を配置します。これらの学習によって、学生はプレゼンテーション能力を向上させ、技術成果を発表する経験を積みます。

情報通信工学科

 工学部の情報通信工学科は、基礎学力を柱とし、情報通信工学分野の基礎を学び、さらに、情報通信システム、マルチメディア処理、コンピュータネットワーク、コンピュータ応用技術の各分野を系統的かつ専門的に学習できるように、教育課程を編成し、実施します。
 また、多岐にわたる情報通信工学分野の応用科目を多数用意し、各自の興味に沿った自由度の高い学習を可能とするとともに、常に科目の見直しを行い、時代に即した知識や技術が修得できるようにします。
 さらに、演習、実験、実習を重視し、すべての年次でコンピュータ関連科目及び講義科目と連携した実験科目を配し、基礎力、実践力、思考力、豊かな想像力を確実に養成しつつ、学習意欲の高い学生の実力と個性を伸ばす教育プログラムを提供します。

共通教育

<人間科学科目>
 工学部の人間科学科目は、今日の科学技術者に必要な基礎的な能力と幅広い教養を身につける科目です。そのため、7つの科目区分を設け(スキル・キャリア、コミュニケーション、スポーツ・健康、人間理解、社会理解、異文化理解、技術者教養)、学生がバランスよく学習できるように教育課程を編成し、実施します。
 
<英語科目>
 工学部の英語科目は、国際人として必要な英語のコミュニケーションの基本を身につけること、及び将来エンジニアとして自分の考えを発表し伝達しようとする積極的態度を涵養することを柱とし、学生によって異なる英語力に対応するために、基幹科目と発展科目を学習できる教育課程を編成し、実施します。
 
<数学科目> 
 工学部の数学科目は、科学技術者となるために必要不可欠な基礎的数学を柱として、それぞれの専門分野に関連の深い専門的な数学を学習できるように、教育課程を編成し、実施します。
 
<物理学科目> 
 工学部の物理学科目は、理工系専門科目の理解に必要不可欠な質点力学を柱とする基礎物理学を体系的に学べるように、さらに、自然法則の確認と測定技術の修得を目指す実験科目を学習できるように、教育課程を編成し、実施します。
 
<化学科目> 
 工学部の化学科目は、専門科目を履修するための基礎となる化学の原理や理論を確実に修得させることを柱とし、(1)実験科目を通じて基礎的な実験技術を習熟させ、(2)創造的なものづくりへの意欲を育み、(3)化学的な知識や見方を身につけさせ、さらに(4)科学技術者として求められる問題解決力、課題探求力、表現力などを涵養するよう、教育課程を編成し、実施します。

学位授与の方針

工学部は、本学部に所定の期間在学し(※)、工学部の教育目標を達成するために開設した各学科の授業科目を履修して所定の単位を修得し、以下の知識、能力、姿勢を身につけた学生に対して卒業を認定し、学士(工学)の学位を授与します。
(1)工学に関する基礎知識と基礎技能を修得していること。
(2)「電気電子工学」「環境化学」「機械工学」「情報通信工学」の4分野のうち、1つの分野について、より進んだ専門知識と専門技能を持ち、それらを活用してさまざまな課題解決ができること。
(3)科学技術者として活躍するために必要な、社会人としての基本的な素養やキャリア意識、及び技術者として必要な倫理観を身につけていること。
(4)常に新しい知識と技術の獲得に努める積極的な姿勢を持ち、工学分野の技術者に必要なコミュニケーション力とプレゼンテーション力を身につけていること。
 
※標準修業年限は4年。

電気電子工学科

 工学部の電気電子工学科は、本学部の学位授与方針をもとに、本学科に所定の期間在学し(※)、各コースの卒業要件をすべて満たした者に対して、学士(工学)の学位を授与します。
 
<電気電子システムコース> 
(1)一般教養、外国語(英語)を含めた基礎的なコミュニケーション能力、工学全般に関する広い知識と理解力、工学の電気電子工学分野に関する知識、並びに深い考察力と課題解決力を兼ね備えること。
(2)エコエネルギー分野、生体情報システム分野、スマートシステム分野、エレクトロデバイス分野などの、より専門的な電気電子工学の分野を修得し、かつ社会に対する技術の責任を自覚する能力(技術者倫理)を身につけること。
 
<電子光情報コース>
(1)一般教養と語学、工学全般に関する広い知識と理解力、工学の電子・光・情報分野に関する知識、並びに深い考察力と課題解決力を兼ね備えること。
(2)課題の解決に向けて取り組んだ内容について、背景や目的、方法、結果、結論とともに、文章や図、表、式などを用いて論理的に記述し、論文としてまとめる能力とわかりやすく発表できる能力を身につけること。
 
※標準修業年限は4年。

環境化学科

工学部の環境化学科は、本学部の学位授与方針をもとに、本学科に所定の期間在学し(※)、以下のすべてを満たした者に対して、学士(工学)の学位を授与します。
(1)一般教養、語学、論理的表現や課題解決のためのコミュニケーション能力、工学全般に関する広い知識と理解力、工学の環境化学分野に関する知識、並びに深い考察力と課題解決力を兼ね備えること。
(2)環境化学の基礎知識をもとに、「環境化学」「機能性高分子」「生物工学」「環境材料工学」の4分野の1つの分野について、より進んだ専門知識を持ち、活用できる能力と環境にやさしいものづくり(グリーンケミストリー)を実現するための基盤技術を修得すること。
 
※標準修業年限は4年。

機械工学科

 工学部の機械工学科は、本学部の学位授与方針をもとに、本学科に所定の期間在学し(※)、各コースの卒業要件をすべて満たした者に対して、学士(工学)の学位を授与します。

<機械工学コース>
(1)一般教養、語学とともに、工学全般にわたる広い知識と理解力を有し、さらに、機械工学分野に関する専門知識、並びに深い考察力と課題解決力を兼ね備えること。
(2)機械工学に対する社会的ニーズに基づき、研究課題の提起と解決への指針を明らかにできる能力、学術的な文書能力、研究発表や議論ができる能力を身につけること。
 
<先端機械コース>
(1)一般教養、語学とともに、従来からの機械工学全般に関する広い知識と理解力を有し、さらに、機械工学における先端的な周辺分野の基礎知識を有し、それを活用した深い考察力と課題解決力を兼ね備えること。
(2)技術課題解決の目的を明確化し、その目的のために行った検討内容を的確に伝達するとともに、事実に基づく自分の考えを論理的に報告する能力を身につけること。
(3)将来の機械技術革新・先端化に対応できる広い視野を有すること。
 
※標準修業年限は4年。

情報通信工学科

 工学部の情報通信工学科は、本学部の学位授与方針をもとに、本学科に所定の期間在学し(※)、以下のすべてを満たした者に対して、学士(工学)の学位を授与します。
 
(1)一般教養、語学、並びに工学全般に関する広い知識と理解力、工学の情報通信工学における「情報・コンピュータ技術」と「通信・メディア処理技術」の両分野に関する知識、かつ深い考察力と課題解決力を兼ね備えること。
(2)自発性、問題解決能力や実践力、新技術に柔軟に対応し受容するための実践的な適応力、コミュニケーション力、プレゼンテーション力、マネジメント力など、情報通信分野の専門技術者・研究者として自立できる能力と社会性を備える基盤を築いていること。
 
※標準修業年限は4年。

ページトップへ戻る

検索

閉じる