トップ > 学部・大学院 > 工学部 > 応用化学科

応用化学科
学科オリジナルサイト
※2017年4月新設

環境化学科

地球環境にやさしい素材・材料が身の回りに増えてきました。では、これまでの大量生産・大量消費の悪循環に、この調子でいけば終止符を打てるでしょうか。地球環境にやさしくても、使い勝手、壊れにくさ、コストの面で優れた素材・材料が現状でいかに少ないことか。応用化学科は、環境を考慮しても人類の生活レベルを落とすことなく繁栄できる安全・快適で持続可能な社会の構築に貢献できるように、応用化学の分野で社会のさまざまな課題に挑戦し活躍できる研究や人材を養成しています。

学科の概要

学びのポイント

Point1
化学工学で生産技術も意識

地球環境にやさしく、性能も従来品と同等以上の実用素材・材料を創製するには、基礎研究から産業における生産段階の技術までのどの段階でも手を抜くことは許されません。化学工学で最終段階の生産技術の大切さまで習得し、素材・材料開発の流れを身につけます。

Point2
ワークショップ

身の回りで起きている現象の調査やものづくりなど、実際性のある学びを行うワークショップ科目を低学年次から開設し、高い技術力と実行力を身につけることができるよう配慮しました。学んだ知識を実践できる演習科目も、各年次に配置しています。

Point3
4部門制

「有機化学」「無機・分析化学」「物理化学」「化学工学」の4部門が柱です。地球環境を意識しながらの素材・材料開発はもはや常識で、いかに人類の高い生活レベルを伴えるかが次世代の焦点です。ものづくりに、適切な素材・材料を見抜く力と開発力を併せ持った技術者の育成を目的とします。

暮らしを支える応用化学

暮らしを支える応用科学科

拡大してみる

応用化学科の学び

有機化学

高効率で環境にやさしい有機合成プロセスや、高い付加価値を持つ機能性高分子の合成と機能評価のできる素養を身につけます。
無機・分析化学

次世代のエネルギー備蓄に重要な電気化学や、有害物を粘土で回収する無機材料工学、さらに微量の有害元素も見逃さない分析化学を学びます。
物理化学

元素の特性や物質の状態、さらには物質どうしの化学反応やその速度などの化学の基本概念を学び、それらを駆使してさまざまな化学現象を分析できるようになります。
化学工学

生産段階で高効率で低コストなプラント設計ができるように、超音波や生体触媒を用いた化学工学的な解析や設計能力が養成されます。

研究室と教員紹介

石丸 臣一

石丸 臣一
教授
材料物性化学研究室

篠崎 開

篠崎 開
教授
合成有機化学研究室

鈴木 隆之

鈴木 隆之
教授
機能高分子化学研究室

夏目 亮

夏目 亮
教授
応用微生物研究室

保倉 明子

保倉 明子
教授
分析化学研究室

ES小林先生

小林 大祐
准教授
反応工学研究室

宮坂 誠

宮坂 誠
准教授
高分子材料デザイン
研究室

藪内先生

藪内 直明
准教授
電気化学エネルギー
研究室

岩崎直也

岩崎 直也
講師
物性研究室

ES畠中先生

畠中 正志
助教

ES山本先生

山本 哲也
助教

カリキュラム

応用化学科カリキュラム

カリキュラムを拡大してみる

学部共通カリキュラム(システムデザイン工学部/未来科学部/工学部)

共通教育科目科学技術と人間、社会との関わりを理解し、科学技術者として良識ある社会人として必要な教養、キャリア意識、倫理観を身につける
フレッシュマンセミナー/東京電機大学で学ぶ/情報と職業/論理的思考法/文章表現法/人間科学プロジェクト/歴史理解の基礎/哲学と倫理の基礎/認知心理学/人間関係の心理/自己心理学セミナー/情報デザインと心理/芸術/実用法律入門/日本国憲法/日本経済入門/介護福祉論/企業と社会/大学と社会/企 業と経営/健康と生活/身体運動のしくみ/トリムスポーツⅠ・Ⅱ/体力科学演習/アウトドアスポーツA・B・C/技術者倫理/失敗学/情報化社会と知的財産権/製造物責任法/情報倫理/情報とネットワークの経済社会/情報化社会とコミュニケーション/科学と技術の社会史/科学技術と現代社会/科学技術と企業経営
世界で活躍できる技術者に必要なグローバルなコミュニケーション能力を身につける
グローバル社会の市民論/比較文化論/地球環境論/国際政治の基礎/ヨーロッパ理解/アメリカ理解/アジア理解/ドイツ語・ドイツ文化/中国語・中国文化/ 総合英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/口語英語Ⅰ・Ⅱ/英語演習A・B・C・D・E・F・G・H・I/海外英語短期研修/国内英語短期研修
教職課程科目教員免許を取得するための専門教養科目
教職入門/教育学概論/教育心理学/教育社会学/理科教育法/道徳教育論/教育相談/生徒・進路指導論/教育実習セミナー/教育実習Ⅰ・Ⅱ/教職実践演習(中・高) 他

ピックアップカリキュラム

物理化学実験

我々の過ごしている環境には、光・熱・応力・電界などのさまざまな刺激が含まれています。これらの刺激に高分子化合物・有機化合物・無機化合物などの材料がどのように応答するかを、測定実験を通して学びます。

物理化学実験

応用有機化学実験

2年次に習得したものづくり(有機化合物合成)の基本を応用して、高分子などの有機材料を合成します。さらにガスクロマトグラフィー、赤外分光、核磁気共鳴等の機器分析を利用して、それらの分子構造や性質などを調べます。分子構造をもとに有機材料の機能を考える力が身につきます。

応用有機化学実験

応用生物化学実験

粒子系や粘性の異なる混合物が液体中で沈降する速度を測定解析したり、沸点の違いで混合溶媒を精製する蒸留操作を学ぶことで化学工業における生産段階のプラント設計能力を磨きます。

応用生物化学実験

主な進路

卒業後の就職者の業種別割合 ※2(2015年3月卒業実績)

卒業後の就職者の業種別割合

卒業者数
男子 55名 女子 11名

主な就職先※2

トヨタ自動車、大日本印刷、味の素、三菱電機、日立製作所、富士電機、山崎製パン、パナソニック、YKK、大成建設、日本ケミコン、日本サムスン、共同印刷、JR東日本、TDK、日本製紙、キッコーマンソイフーズ、住友精化、日立プラントテクノロジー、ニチレイフーズ、鳥居薬品、和光純薬工業、神戸屋、東京消防庁、教員(神奈川・埼玉など) など

大学院進学※2

16名(2015年3月卒業実績)
男子 13名
女子 3名
進学率 24.2%

※2 環境化学科のデータを参考に掲載しています。

取得可能な資格

めざせる資格

公害防止管理者
毒物劇物取扱責任者
技術士補
危険物取扱者(甲種)
消防設備士(甲種)
弁理士
高等学校教諭一種免許状(理科)※1
中学校教諭一種免許状(理科)※1 など
※1 文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更になる可能性があります。

4年間のSTEP

T.Y

化学の奥深さを感じた学びを土台に次世代の電池を開発していきたい

環境化学科 
T.Y(群馬県/県立高崎女子高校 出身)

Step1:1年次
学んできた化学や物理の理論を講義や実験で深く理解する

高校の時から化学や物理が好きでした。特に身近な現象を理論的に説明できる化学に興味を持ちました。ものづくりの工学部で化学を学べることもあり、東京電機大学に進学。北千住に新しいキャンパスができるのも魅力的でした。1年次の授業で好きだったのは「化学Ⅰ・Ⅱ」。今まで覚えてきた化学の理論をより深く学べたのでとても興味が湧きました。「物理実験」は、高校のときに学んだ知識を実際の現象として目の当たりにできたので感動しました。

1年次

同級生と協力して作成した環境と化学の発表スライド
「環境と化学」では数名のグループごとに、各章の内容をまとめて、授業で発表する形式の科目でした。授業以外でも集まり、準備を行いました。協調性やコミュニケーションも学べました。

Step2:2年次
化学の専門科目がスタート研究の難しさを実感する授業も

2年次になると専門的な授業が始まります。「有機化学Ⅱ・Ⅲ」が印象的でした。高校生の頃、有機化学は覚えることばかりで正直苦手でした。でも、この授業では基礎となる仕組みを理解できたので、その知識を応用して有機化合物の反応式を書けたときは嬉しかったですね。夏休みの終わりに研究室を体験できる「ワークショップ」でも有機合成をテーマに選びました。1週間かけて実験をするのですが、研究は時間がかかるものだと実感しました。

2年次

苦手を克服できた有機化学ではノートの書き方にも工夫
有機化学では、先生の板書を書き写すだけでなく、自分がひらめいたことや先生がふと言ったフレーズなどもメモしました。自分なりに理解をすることで知識として身に付けていきました。

Step3:3年次
調査研究や実験を通じて自ら考察する力を養う

3年次になると、ぐっと専門性が高まります。興味深かったのは「高分子物性学」です。グループに分かれて、身の回りにあるモノで、なぜその高分子の物質が使われているかを解明していきます。私のグループは建物の耐熱材について調べました。生産コストを抑えるために安い素材を使っていることも多く、製品性能と経済性の深い関係を学べました。「応用無機・分析化学実験」では、図書館で文献を探し、新しい知識も学びながら、実験結果の理由を考察する力を鍛えました。

3年次

応用無機・分析化学実験のレポートに追われた3年次
実験レポートの作成も2年次よりも難しくなり、忍耐力が付きました。とても厳しく採点されるのですがヒントもくれるので、それを頼りに調べ、考える日々でした。

Step4:4年次
忍耐強く失敗の原因を究明し、ナトリウムイオン電池の材料を作製

卒業研究には「電気化学エネルギー研究室」を選択しました。テーマはナトリウムイオン電池の研究です。材料を焼成し、電池のさらなる性能向上を目指しています。研究の大きな方向性は先生が示してくれますが、細かい方法は英語の論文などを読み解き、自分で考えていきます。最初は失敗続きでしたが、原因を粘り強く究明することで、3カ月目でようやく成果が出たときは嬉しかったです。研究室では大学院生が丁寧に教えてくれるので心強かったですね。

4年次

材料を焼成して作製したナトリウムイオン電池の電極
リチウムイオン電池の代替えとして期待されているナトリウムイオン電池。卒業研究では正極および負極材料の合成をするとともに、電気化学特性評価を行っています。

そして未来へ 進学先
東京電機大学大学院 工学研究科 物質工学専攻

将来は電池メーカーでの研究職に就きたいと考え、本学の大学院に進学を決めました。現在の研究室で引き続きナトリウムイオン電池の研究を続けていきます。容量の大きな電池を作れるように新しい材料の合成をしていきますが、学部の頃よりも、もっと自分で考え、行動しなければなりません。電池は条件を細かく変えることで性能が変化します。根気強く実験に取り組みながら次世代の電池を開発していきたいです。そして、自分の言葉で研究についてしっかりと語れるよう知識と経験を蓄積していきます。

こぼれ話

休日はカフェめぐり。気になったお店には行ってみます。
ゆったりできる雰囲気のカフェで勉強の疲れをリセットします!

そして未来へ

ページトップへ戻る

検索

閉じる