トップ > 学部・大学院 > 工学部 > 環境化学科

環境化学科
※募集停止
学科オリジナルサイト

環境化学科

資源の枯渇や地球温暖化、オゾン層の破壊など、地球規模での環境問題に直面している現代において、かつてのような大量生産・大量消費による発展ではなく、「持続可能な発展」が求められています。環境化学科では、地球環境を意識した上で化学と生物を基盤とした技術開発に従事し、その結果を社会貢献につなげていける技術者・研究者を養成しています。

学科の目的と理念

学びのポイント

Point1
新分野の創成

化学を中心としながらも複合的な領域を多彩に取り入れ、実用に貢献できる新分野の創成を視野に入れた教育・研究を行っています。その過程で求めていくのは、学術的発見・発明から実用にいたるまでのプロセスを習得できる、確かな実学です。

Point2
ワークショップ

身の回りで起きている現象の調査やものづくりなど、実際性のある学びを行うワークショップ科目を低学年次から開設し、高い技術力と実行力を身につけることができるよう配慮しました。学んだ知識を実践できる演習科目も、各年次に配置しています。

Point3
4部門制

「環境化学」「機能性高分子」「環境材料工学」「生物工学」の4部門を柱としています。これらの部門に関する基礎的学問の習得、さらに技術的課題に対する解決能力を得ることによって、人間社会が抱えている環境化学的な問題を解決する幅広い知識を身につけます。

暮らしを支える環境化学

暮らしを支える環境化学

拡大してみる

環境化学科の学び

環境化学

人類の営みで生じる有機および無機化合物が、動植物あるいは微生物の生存にどのような影響を及ぼすのかを大局的にとらえられる素養を身につけます。
機能性高分子

生分解性高分子や汚染物質を検知・除去する機能をもった高分子の合成や物性、機能などをテーマとしています。
環境材料工学

環境の汚染度のセンシングや環境をモニタリングするための手法やセンサー、さらにそれに用いる材料など幅広く網羅します。
生物工学

バイオテクノロジーを利用した再生可能資源からの有用物質の生産技術、環境負荷の小さい生産技術、汚染物質の除去技術などの開発をめざし、これに必要な生物化学的な方法を身につけます。

研究室と教員紹介

石丸 臣一

石丸 臣一
教授
材料物性化学研究室

川崎 寿

川崎 寿
教授
応用生命工学研究室

篠崎 開

篠崎 開
教授
合成有機化学研究室

鈴木 隆之

鈴木 隆之
教授
機能高分子化学研究室

夏目 亮

夏目 亮
教授
生体反応制御研究室

保倉 明子

保倉 明子
教授
分析化学研究室

ES小林先生

小林 大祐
准教授
反応工学研究室

宮坂 誠

宮坂 誠
教授
高分子材料デザイン
研究室

藪内先生

藪内 直明
准教授
電気化学エネルギー
研究室

岩崎直也

岩崎 直也
講師
物性研究室

佐藤 真一

佐藤 真一
講師

田中 里美

田中 里美
講師

橋本 賢一

橋本 賢一
助教

ES畠中先生

畠中 正志
助教

ES山本先生

山本 哲也
助教

カリキュラム

工学部-環境化学科-カリキュラム

カリキュラムを拡大してみる

ピックアップカリキュラム

物理化学実験

我々の過ごしている環境には、光・熱・応力・電界などのさまざまな刺激が含まれています。これらの刺激に高分子化合物・有機化合物・無機化合物などの材料がどのように応答するかを、測定実験を通して学びます。

物理化学実験

応用有機化学実験

2年次に習得したものづくり(有機化合物合成)の基本を応用して、高分子などの有機材料を合成します。さらにガスクロマトグラフィー、赤外分光、核磁気共鳴等の機器分析を利用して、それらの分子構造や性質などを調べます。分子構造をもとに有機材料の機能を考える力が身につきます。

応用有機化学実験

応用生物化学実験

バイオテクノロジーを利用した分析や再生可能資源からの有用物質生産、遺伝子解析など、環境化学を学ぶ上で重要なバイオ系の実験手法および、その原理や背景にある学問的知識を身につけ、応用力を磨きます。

応用生物化学実験

主な進路

工学部-環境科学科-主な進路

卒業者数
男子 67名 女子 14名

主な就職先

トヨタ自動車、大日本印刷、味の素、三菱電機、日立製作所、日本ケミコン、日本サムスン、共同印刷、JR東日本、TDK、富士電機、山崎製パン、パナソニック、YKK、大成建設、日本製紙、キッコーマンソイフーズ、住友精化、日立プラントテクノロジー、ニチレイフーズ、鳥居薬品、和光純薬工業、神戸屋、東京消防庁、教員(神奈川・埼玉など) など

大学院進学

21名(2014年3月卒業実績)
男子 18名
女子 3名

取得可能な資格

めざせる資格

公害防止管理者
毒物劇物取扱責任者
技術士補
危険物取扱者(甲種)
消防設備士(甲種)
弁理士
高等学校教諭一種免許状(数学)
高等学校教諭一種免許状(理科)
中学校教諭一種免許状(数学)
中学校教諭一種免許状(理科) など

4年間のSTEP

環境化学科-ME

高分子化学の知識を活かして
環境にやさしい製品を開発したい


環境化学科 
M.E(東京都/東京電機大学高校 出身)

Step1:1年次
物理の知識を深めることで化学に対する見方が変わった

高校に入学する時点で本学への進学を決めていましたが、学科選択はオープンキャンパスへの参加が契機になりました。漠然と環境問題に貢献できるような勉強をしたいと考えていたのですが、実際に色々な実験を見学し、化学や生物学の視点から環境について学びたいという思いが強くなりました。1年次では「物理実験Ⅰ・Ⅱ」と「物理学基礎演習」が印象に残っています。物理には化学に応用できる知識が多く、それを深めることで化学を違う視点から見ることができるようになりました。

環境化学科-step1

まとめ方を工夫した演習ノート
「物理学基礎演習」では要点を自分なりに工夫してノートにまとめました。理解を深めると同時に、後で見返す際にわかりやすいように図を書いたり、重要な部分に色づけを行ったりしています。

Step2:2年次
無機化学と有機化学をじっくり学び化学の基礎知識が身についた

2年次になると専門性の高い授業が増えてきて内容も難しくなりますが、化学の基本となる「有機化学」と「無機化学」を体系的に学べたことは有意義でした。「有機化学演習Ⅰ・Ⅱ」では、講義で得られた知識を使いながら解いていく応用問題も多く、座学と演習が連携することで理解が深まることがわかりました。レポートや課題も多く、友人と協力しながら進めていくケースもあり、そこで協調性を養うことができたのも収穫だったと思います。

環境化学科-step2

現在の研究につながる無機化学のテキスト
苦労が多かったのは有機化学でしたが、無機化学は自分がより興味を持てる分野であり、現在の卒業研究につながる基礎的な知識を学ぶことができました。

Step3:3年次
学んできた知識を総合的に活かしていく応用無機化学実験

「応用無機・分析化学実験」は、それまでに学んだ無機化学の知識を総合的に使っていくもので、内容も2年次より数段高度なものになりました。特にレポートの作成には苦労しました。かなりの分量のレポートを毎週提出しなければならなかったので、図書館や自宅でもレポート作成に追われる日々でしたが、現在取り組んでいる卒業研究に直接つながるテーマと出会うことができました。実験をきっかけに高分子ゲルに興味を持ち、さらに理解を深めていきたいと思いました。

環境化学科-step3

応用無機・分析化学実験のテキストとレポート
個人単位での実験もありましたが、グループ単位で行うことが多く、友人に教えたりすることで自分の理解度もさらに向上することを実感できました。。

Step4:4年次
電池の電解質に高分子ゲルを利用する研究に挑戦

取り組んでいる卒業研究のテーマは「粘土・ポリマーナノハイブリッドのゲル電解質への応用」というものです。現在製品化されているリチウムイオン電池や燃料電池には液状の電解質が使用されているため、流動性により液漏れや発火が発生することがあります。これを改善するために、液体ではないゲル状の電解質を開発することに挑戦しています。また、コスト低減と環境対応への観点から、その材料には入手が容易で安価な自然素材である粘土の活用に着目しています。

環境化学科-step4

卒業研究で生成した高分子ゲル素材
これはゲルにする一歩手前の素材です。これにイオン溶液を加えゲル状にし、電池の電解質として利用する研究を行っています。

そして未来へ 進学先
鬼怒川ゴム工業株式会社

これまで学んできたことを活かせることと、技術職に就けるという視点で企業を選択しました。鬼怒川ゴム工業株式会社は、主に自動車に使われるゴムや樹脂の部品を幅広く開発・製造しており、私が現在研究している高分子化学の知識を材料開発などに十分に活かせると考えました。また、環境にやさしい製品開発を目指していることも重要なポイントでした。入社後は化学以外の幅広い分野の知識も身につけ、地球環境への負荷を少しでも軽減できるような製品の開発に携わっていきたいと考えています。

こぼれ話

食べ歩きが好きで、足立区のグルメガイドを買って気になるお店に行っていました。喫茶店「サンローゼ」は店内が広く、友達とのおしゃべりの場としてよく利用します。

環境化学科-こぼれ話

ページトップへ戻る

検索

閉じる