トップ > 学部・大学院 > 工学部 > 機械工学科

機械工学科は応用力に優れたジェネラリストの養成を目的とし、機械工学の基礎となる材料・機械・流体・熱の4力学の理解と、新分野への展開に欠かせない基礎教育に重点を置いています。基礎的知識の応用力、論理的思考力を養い、技術革新の激しい現代社会で幅広く活躍し、先端を切り開ける機械工学技術者を養成します。

学科の概要

学びのポイント

Point1
基礎をしっかり

機械工学は、我々が日常的に利用する機器などを、いかに高精度、高効率、高機能に実現するかを学ぶ学問です。これを学ぶ上で最も重要な事項は、基礎となる科目を十分に身につけることです。特に数学や物理は力学の基礎であり、なるべく多くの科目を修得しておくことが望まれます。これらが、新たな分野への展開 に最も役立ちます。

Point2
幅広い知識

機械工学は、対象となる学習分野が幅広く、すべての科目を完全に修得するのは大変なことです。しかし、企業が機械工学科の学生に求めるのは、採用後の適性範囲の広さであり、機械工学全般を知るジェネラリストです。これに応えられるよう、できる限り多くの専門科目を幅広く履修しておくことを勧めます。その場で理解できなくても、聞いたことがあるかないかが将来大きな違いを生むからです。

Point3
実際に物にふれ、体験する

機械工学科では多くの実験・実習科目を配してあります。実際に物にふれ、体験することが物事の理解に大きく役立つからです。そのうち最も重要なのが卒業研究です。それまで学習した知識の応用ばかりでなく、自ら問題点を見いだしたり、必要な情報を探し出したりという、実社会で最も求められる能力を磨くことができます。大学生活の集大成として、卒業研究に自ら進んで取り組んでください。

暮らしを支える機械工学

暮らしを支える機械工学

拡大してみる

機械工学コースの学び

・エネルギー
・環境
・エンジン
・燃焼
・伝熱
設計・加工

・生産
・加工
・ものづくり
・保守
・設計
・潤滑
流体

・流体機械
・数値流体
・空力
・騒音
・スポーツ流体
振動・制御

・ロボット
・メカトロニクス
・振動
・制御
・計測
設計・加工

・材料
・構造
・安全
・バイオメカニクス
・強度

研究室と教員紹介

EK伊東先生

伊東 明俊
教授
メカトロニクス研究室

EK岩津先生

岩津 玲磨
教授
数値流体力学研究室

EK栗栖先生

栗栖 正充
教授
ロボティクス研究室

EK児山先生

児山 秀晴
教授
粘性流体力学研究室

EK五味先生

五味 健二
教授
材料評価研究室

EK齋藤先生

齋藤 博之
教授
環境材料学研究室

EK高橋先生

高橋 直也
教授
渦流体力学研究室

EK田中先生

田中 一郎
教授
機械情報システム
研究室

EK藤田先生

藤田 聡
教授
振動・制御研究室

EK松村先生

松村 隆
教授
機械加工学研究室

EK水原先生

水原 和行
教授
トライボロジー
研究室

EK吉田先生

吉田 亮
教授
燃焼工学研究室

EK新井先生

新井 雅隆
特別専任教授
熱流体工学研究室

EK小林先生

小林 佳弘
准教授
内燃機関研究室

TDUロゴ4

小見 俊夫
講師

EK酒井先生

酒井 則男
講師

EM酒井孝之先生

酒井 孝之
講師

カリキュラム

機械工学科カリキュラム

カリキュラムを拡大してみる

学部共通カリキュラム(システムデザイン工学部/未来科学部/工学部)

共通教育科目科学技術と人間、社会との関わりを理解し、科学技術者として良識ある社会人として必要な教養、キャリア意識、倫理観を身につける
フレッシュマンセミナー/東京電機大学で学ぶ/情報と職業/論理的思考法/文章表現法/人間科学プロジェクト/歴史理解の基礎/哲学と倫理の基礎/認知心理学/人間関係の心理/自己心理学セミナー/情報デザインと心理/芸術/実用法律入門/日本国憲法/日本経済入門/介護福祉論/企業と社会/大学と社会/企 業と経営/健康と生活/身体運動のしくみ/トリムスポーツⅠ・Ⅱ/体力科学演習/アウトドアスポーツA・B・C/技術者倫理/失敗学/情報化社会と知的財産権/製造物責任法/情報倫理/情報とネットワークの経済社会/情報化社会とコミュニケーション/科学と技術の社会史/科学技術と現代社会/科学技術と企業経営
世界で活躍できる技術者に必要なグローバルなコミュニケーション能力を身につける
グローバル社会の市民論/比較文化論/地球環境論/国際政治の基礎/ヨーロッパ理解/アメリカ理解/アジア理解/ドイツ語・ドイツ文化/中国語・中国文化/ 総合英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/口語英語Ⅰ・Ⅱ/英語演習A・B・C・D・E・F・G・H・I/海外英語短期研修/国内英語短期研修
教職課程科目教員免許を取得するための専門教養科目
教職入門/教育学概論/教育心理学/教育社会学/理科教育法/道徳教育論/教育相談/生徒・進路指導論/教育実習セミナー/教育実習Ⅰ・Ⅱ/教職実践演習(中・高) 他

ピックアップカリキュラム

ワークショップⅠ(エンジンの分解・組み立て)

1年生全員が、複数のグループに分かれ、エンジンの分解・組み立てを行い、その機構を学びます。そして、組み立てたエンジンで自作のプロペラを回して推力を競います。

ワークショップⅠ(エンジンの分析・組み立て)①

ワークショップⅡ

各自が工夫をしながら独創的な作品を作り、最後に発表をして、その成果を競う形式で授業を進めます。例えば、飛行体の製作では、各自が空気力学の原理を学んで独自のものを設計製作して滞空時間を競います。

ワークショップⅡ

機械設計製図Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

CADを使って製図を行う演習授業で、2年次生・3年次生全員を対象としています。「CAD利用技術者検定」を受験する学生も多数おり、合格率は、多い年で7割を超える魅力的な授業です。

機械設計製図Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

主な進路

卒業後の就職者の業種別割合 (2015年3月卒業実績)

卒業後の就職者の業種別割合

卒業者数
男子 116名 女子 3名

主な就職先

トヨタ自動車、ホンダ、スズキ、いすゞ自動車、富士重工業、日野自動車、キッツ、サンデン、タカタ、オークマ、日立プラントテクノロジー、三菱自動車エンジニアリング、YKK AP、JR東日本、日立製作所 など

大学院進学

27名(2015年3月卒業実績)
男子 26名
女子 1名
進学率 22.7%

取得可能な資格

めざせる資格

公害防止管理者
ボイラー・タービン主任技術者(第1種・第2種)
ボイラー技士(特級・1級・2級)
技術士補
危険物取扱者(甲種)
消防設備士(甲種)
弁理士
建設機械施工技士(1級)
高等学校教諭一種免許状(数学)
高等学校教諭一種免許状(工業)
高等学校教諭一種免許状(情報)
中学校教諭一種免許状(数学)
CAD利用技術者検定 など

4年間のSTEP

T.K

幼い頃から憧れた鉄道会社で
社会に貢献していきたい


機械工学科
T.K(神奈川県/藤嶺学園藤沢高校 出身)

Step1:1年次
鉄道関連の職に憧れて入学し数学、物理などの基礎を固めていく

中学生の時に「将来、車や電車をつくりたい」と話していたら、友人が「そういうのをやりたかったら東京電機大学に行ったら」と言ってくれました。そして、大学受験をする時になって、その記憶がよみがえりました。調べてみると、東京電機大は将来就きたいと思っていた鉄道関連の企業にも卒業生が入っていることがわかり、入学することを決めました。機械工学科は幅広い知識を求められるので、1年生の時は数学、物理などの基礎をしっかりと学んで、基礎を固めていきました。

1年次

機械設計の方法を学び図面をつくる技術を習得
1年の授業で印象に残ったのが「ワークショップ」です。コンプレッサやターボチャージャーなどを実際に分解し、構造を理解するとともに、エンジニアとしての感性を磨きました。

Step2:2年次
エンジニアとしての基礎を「4力(よんりき)」を通して学ぶ

2年次は、エンジニアとして仕事をしていくための基礎として、材料力学、熱力学、流体力学、機械力学の「4力」をメインに学びました。この4力については、週に2回、いずれかの分野の小テストがあって、この小テストを通して、必要な知識が定着したと思います。また、加工学基礎および演習という科目は、担当教員と対話をしながら授業を進めていくというスタイルで、先生から一方的に話を聞くだけでなく、自分でも考えたり調べたりすることで、加工についていろいろな発見がありました。

2年次

加工の方法や種類について理解を深めた
加工学基礎では、実際のものづくりを想定して、加工方法を班ごとに考えていきました。仲間や担当教員との議論を通して、ものを加工することについての理解が深まりました。

Step3:3年次
研究室選びを考慮しながら専門性の高い授業を選択

3年次になると、授業の専門性はより高くなります。同時に必修科目の数は減っていき、選択科目が増えてきます。機械工学科は3年次の後期から研究室に仮配属されるので、研究室選びを考慮しながら、授業も選択していきました。私は超電導応用の研究室が気になっていたので、それにあわせて、電気や材料関係の授業を受講するようにしていました。専門性が高くなる分、授業も実験も難しくはなりましたが、充実度も高くなりました。

3年次

機械設計の方法を学び図面をつくる技術を習得
「機械設計製図Ⅲ」では、自分で強度計算や製品の性能試算をしながら製図をしていき、一本の線を引くたいへんさと自分のつくりたいものを図面にできる面白さを学びました。

Step4:4年次
超電導応用の研究室に所属し送電シミュレーションを研究

4年次は、希望していた超電導応用の研究室に所属することができ、超電導を応用した鉄道用送電ケーブルについての研究に取り組みました。電気を送る鉄道用送電ケーブルには電気抵抗があるので、どうしても電気が熱に変化してロスが出ます。超電導は電気抵抗が0にな
る現象なので、エネルギーのロスを少なくすることができます。私は、鉄道用送電ケーブルを超電導ケーブルに置き換えたときに、エネルギーのロスをどのくらい少なくすることができるのかをシミュレーションしています。

4年次

プログラムを一から組んでシミュレーションを作成
超電導ケーブルの置き換えシミュレーションはプログラムを組むところからスタートしました。この経験から機械系の技術者でもプログラム技術を学ぶ必要性を強く感じました。

そして未来へ 内定先
東海旅客鉄道株式会社

小さな頃より鉄道が好きだったので、鉄道に関する仕事ができたらいいなと常に考えていました。東海旅客鉄道株式会社(JR東海)は、日本を代表する鉄道会社である上に、大きな社会インフラを担う大切な会社でもあるので、試験を受けることを決めて、内定を頂きました。JR東海はこれからリニア新幹線を建設していきますので、それに携わることができたらいいなと思います。また、日本の大動脈である東海道新幹線の安全、安定輸送に貢献していきたいとも考えています。特に、JR東海はメンテナンスの研究もおこなっているので、他の鉄道会社と違ったやりがいがあるのではないかと感じています。

こぼれ話

電車の床下機器と鉄道模型が好きで、鉄道模型用の床下機器を3Dプリンタでつくって、組み立てたりしています。

そして未来へ

ページトップへ戻る

検索

閉じる