トップ > 学部・大学院 > 工学部 > 電気電子工学科 電子光情報コース

電気電子工学科
電子光情報コース

電子光情報コース

パソコン、携帯電話、LED照明、ブルーレイレコーダーなど、身近な製品の基礎となる電子・光・情報技術を身につけた、社会に貢献できる人材の育成が本コースの目的です。製品を企画立案し、開発のリーダーとして活躍するために、基礎から応用まで幅広い技術を習得し、さらに調査能力や国際感覚などの就業力も備えていきます。

学科の目的と理念

学びのポイント

Point1
基礎科目

電子光情報技術は極めて進歩が速い技術分野です。だからこそ基礎を低学年でしっかりと身につけることが肝要です。本コースでは、電磁気学、電気回路、プログラミング等の基本科目を少人数クラスで豊富な演習を交え、確実に習得させます。また理論だけでなく、実験やワークショップを通じて興味を引き出しています。

Point2
広範な知識

電子光情報技術は極めて範囲の広い技術分野です。そこで実社会で即戦力になれるよう、さまざまな技術の概要を学びます。また将来、どんな製品が必要とされ ているかを考え新製品を企画立案したり、開発プロジェクトのリーダーとして活躍したりするためには、広範囲にわたる技術の全体像を把握しておくことが不可欠です。

Point3
就業力

学力・技術が秀でていても一人でできる仕事はほとんどありません。社会では、日本だけでなく海外の技術者などとも意思の疎通を円滑に行うことが必要です。 そのためにプレゼンテーション、ビジネス英語等の科目を用意しています。また、インターンシップや卒業研究を通じて、グループの中で仕事をすることを体験的に学び、就業力を向上させることも重視しています。

暮らしを支える電子光情報

暮らしを支える電子光情報

拡大してみる

電子光情報コースの学び

家庭用
電子機器

身の回りの高度な家電製品の原理を学び、製品の企画・開発に携わる人材を育成します。
高機能材料・
光デバイス

高性能な材料や新機能デバイスの開発技術を学び、新たな産業の種を開拓できる人材を育成します。
情報・
光通信サービス

さまざまな情報機器をつなぐ高度情報通信システムについて学び、IT技術に貢献できる人材を育成します。
生産・
制御技術

さまざまな製品を実際に生産するための技術を学び、製造工程の設計・管理に携わる人材を育成します。

研究室と教員紹介

大内 幹夫

大内 幹夫
教授
プラズマ物性研究室

金杉 昭徳

金杉 昭徳
教授
集積情報システム
研究室

小松先生

小松 聡
教授
集積回路研究室

田所 貴志

田所 貴志
教授
光システム研究室

西川 正

西川 正
教授
光応用工学研究室

六倉 信喜

六倉 信喜
教授
電子デバイス研究室

山本 欧

和田 成夫

和田 成夫
教授
電子情報システム
工学研究室

五十嵐 洋

五十嵐 洋
准教授
協調ロボティクス
研究室

篠田 宏之

篠田 宏之
准教授
電子デバイス
応用研究室

安藤毅

安藤 毅
助教

佐藤修一

佐藤 修一
助教

カリキュラム

工学部-電気電子工学科電気光情報コース-カリキュラム

カリキュラムを拡大してみる

ピックアップカリキュラム

ワークショップⅠ・Ⅱ

電気一般の基礎やハンダ付けから学び、ラジオ、電子オルゴール、ファクシミリなどを製作します。失敗を繰り返しながら、ものづくりの難しさ、面白さ、喜びを体験します。

ワークショップⅠ・Ⅱ

論理システム設計

大規模なディジタル回路を効率的に設計する方法について学びます。わかりやすい講義と一人1台ずつCADシステムを使った豊富な実習で、設計能力が身につきます。

論理システム設計

プレゼンテーション

卒業研究や、文献の内容をパソコンを使ってプレゼンし、教員や同級生からの質問に答える練習を行います。最初は緊張しますが、次第に堂々と発表できるようになります。

プレゼンテーション

主な進路

卒業後の主な進路 (2014年3月卒業実績)

工学部-電子光情報コース-主な進路

卒業者数
男子 93名 女子 1名

主な就職先

JR東日本、NTTデータ、キヤノン、京セラ、ソニー、ボッシュ、関電工、ソフトバンクテレコム、いすゞ自動車、岩崎通信機、富士通、三菱電機、日本サムスン、セガ、パイオニア、東芝、JR東海、日立製作所、ホンダ、NEC、日本精機、大成建設、高砂熱学工業、日立情報システムズ、NECソフト  など

大学院進学

13名(2014年3月卒業実績)
男子 12名
女子 1名

取得可能な資格

めざせる資格

第一級・第二級 陸上無線技術士
第一級陸上特殊無線技士
第三級海上特殊無線技士
電気通信主任技術者
公害防止管理者
技術士補
危険物取扱者(甲種)
消防設備士(甲種)
弁理士
高等学校教諭一種免許状(数学)
高等学校教諭一種免許状(工業)
高等学校教諭一種免許状(情報)
中学校教諭一種免許状(数学) など

4年間のSTEP

電子光情報コース-MY

集積回路の研究者をめざし
幅広い知識を学んでいきたい


電子光情報コース 
M.Y(東京都/城北高校 出身)

Step1:1年次
ものづくりを通して実践的な技術を学んでいく

伯父が集積回路の製造に携わっていたことから、電気に関連したことを学びたいと考えていました。東京電機大学を選択したのは、埼玉鳩山キャンパスが自宅と同じ沿線にありよく知っていたことと、東京千住キャンパスが新設されたことなどが、大きな理由です。1年次の授業では、「ワークショップⅠ・Ⅱ」が印象に残っています。電子工作の技術や測定器の使い方などを実践的に学ぶことができたので、2年次以降の実験に欠かせない技術を習得できました。

電子光情報コース-step1

ファクシミリ製作に取り組み電子部品の性質や機能を知る
ファクシミリの製作を通して、各部品の機能やはんだごての扱い方などを習得しました。1年次から、座学だけはなく実際に機材を触って行う実習があることには驚きました。

Step2:2年次
半導体に関する授業を受け技術者としての将来を決意

「半導体物理基礎」ではダイオードやトランジスタといった半導体部品の仕組み、製造方法などを学びました。この講義を受けて電子部品の製造に興味を持ったことが、現在所属している研究室に配属希望を出した大きな動機となっています。いま振り返ると、技術者としての進路が決まった瞬間だったかもしれません。「プログラミングⅠ・Ⅱ」では、C言語でプログラミングを行う上での基礎と、そのアルゴリズムについて学習しました。ここで得られた知識は、卒業研究でも大いに役立っています。

電子光情報コース-step2

電気電子工学の基礎をしっかりと蓄積
「電気回路Ⅰ・Ⅱ」「電磁気学」などの基礎的な講義にしっかりと取り組んできたことが、専門科目を理解するにあたり大きな助けに。このときの教科書はいまでも手放せません。

Step3:3年次
デジタル回路に関する授業で卒業研究のヒントを得る

2年次までは、主に連続的な値を扱うアナログの電気回路を学んできましたが、「論理システム設計」で初めてデジタル回路の基礎を学びました。また「電子光情報工学実験Ⅰ・Ⅱ」は、これまで座学の講義で学んできたことを実験によって確かめるという内容で、技術者としての知識をより深めることができました。専門科目外では「芸術」などを受講したのですが、これら理工系ではない教育カリキュラムが充実しているのも、東京電機大学のユニークな点ではないでしょうか。

電子光情報コース-step3

毎週のレポート提出で計画的な行動が身についた
「電子光情報工学実験Ⅰ・Ⅱ」では、ただ実験機器の操作を覚えるだけでなく、得られたデータに考察を加えてレポートを提出する必要があったことから、計画的に行動することを学びました。

Step4:4年次
より低コストで短時間に測定できるアナログ集積回路のテスト技術を研究

卒業研究は、集積回路研究室で「アナログ集積回路のテスト技術」に取り組みました。アナログ集積回路の製造過程で実施される動作テストでは、故障のモデルが定まっているデジタル回路と比較して長時間の測定が必要という問題があります。そこで、設計段階におけるシミュレーション値と実際のテスト結果を比較することで故障の有無を判定し、測定時間を短縮する方法を研究しています。またアナログ回路とデジタル回路の両方が搭載された集積回路におけるテスト方法も検討しています。

電子光情報コース-step4

入出力の信号を比較して故障の有無を判定する
アナログ集積回路に対して入力された信号に対し、想定された出力が出ているかを計測することで、従来より短時間で故障の有無を判定するテスト技術の開発を行っています。

そして未来へ 進学先
東京電機大学大学院 工学研究科 電気電子工学専攻

将来は集積回路に携わる研究者になることを目指していますが、そのためにもさらに知識の幅を広げていきたいと思い、東京電機大学大学院への進学を決めました。これまでは専門的な知識を学ぶだけで精一杯でしたが、大学院では卒業研究をさらに発展させて研究活動を継続させていく予定です。現在は集積回路の設計に近い部分を研究テーマとしていますが、今後は製造に関しても学んでいきたいですね。学部生であったときには、専門外であるからと敬遠していたような科目にも、積極的に取り組んでいきたいと考えています。

こぼれ話

勉強のストレスは読書で発散しています。なかでも坂口安吾の『堕落論』がお気に入りです。

電子光情報コース-こぼれ話

ページトップへ戻る

検索

閉じる