トップ > 学部・大学院 > 工学部 > 機械工学科 先端機械コース

機械工学科
先端機械コース ※募集停止
学科オリジナルサイト

先端機械コース

今後の社会に生かせるものづくりを行うためにはまず基礎をしっかりと固め、その後、段階的に知識と技術を高めていくことが必要です。機械工学に加え、情報、コンピュータ、光学、医用工学など先端工学を取り入れた教育・研究を実施し、機械、計測、制御、精密加工などの基礎と先端技術を習得し、広く社会で活躍できる技術者の育成を目的としています。

コースの目的と理念

学びのポイント

Point1
ものづくりが学べる

1年次のワークショップでものづくりの楽しさ、創意工夫の重要さ、アイデアを実現することの難しさを体験してもらいます。以後、ものづくりに必要な加工技術、材料、強度計算、メカニズム、設計技術、製図などを順次学習することにより、将来の最先端機械技術者となるための技術素養を身につけます。

Point2
最先端の機械工学が学べる

3年次に先端自動車工学、先端医用工学、先端精密機械加工という講義科目を配当し、現在の機械工学における先端分野の技術を学べるカリキュラムとしています。興味を持った分野の研究室を3年後期に選び、4年次に未知の技術の開発や原理の分からない現象の解明などに卒業研究として取り組みます。自ら考え、積極的に研究活動にチャレンジします。

Point3
発表力を身につける

機械工学の基礎を十分に学んだ上で、電気・電子・情報など他分野の基礎も学び、視野の広い技術者を目指します。さらに、積極的に行動でき、考えをしっかり伝えることができ、人の話もきちんと聞けるようになることを目指します。そのために、授業の質問、輪講、研究会などで力を養います。そして、卒論発表会ではコース全員を聴衆に発表を行い、その成果を発揮してもらいます。

暮らしを支える先端機械

暮らしを支える先端機械

拡大してみる

先端機械コースの学び

ものづくり

・機械設計
・メカニズム
・精密加工
・精密測定
・高機能材料
医用・福祉

・医用機器
・福祉機器
・センサー
・3次元観察
・ロボット
先端機械

・将来型自動車
・自動制御
・空圧応用
・音響応用
・光応用

研究室と教員紹介

EF伊藤先生

伊藤 裕
教授
メカトロ機械
設計研究室

EF大澤先生

大澤 基明
教授
材料工学研究室

EF佐藤先生

佐藤 太一
教授
振動・音響工学
研究室

先端機械・清水先生

清水 康夫
教授
先端自動車工学研究室

EF土肥先生2

土肥 健純
教授
先端医療福祉
工学研究室

EF藤田先生

藤田 壽憲
教授
流体制御研究室

EF古谷先生

古谷 涼秋
教授
計測工学研究室

EF堀内先生

堀内 敏行
教授
光応用機械
工学研究室

EF三井先生

三井 和幸
教授
医用精密工学研究室

柳田先生

柳田 明
教授
塑性加工研究室

EF森田先生

森田 晋也
教授
ナノ精度加工研究室

TDUロゴ4

桑名 健太
助教

カリキュラム

工学部-機械工学科先端機械コース-カリキュラム

カリキュラムを拡大してみる

ピックアップカリキュラム

ワークショップⅠ・Ⅱ

1年生全員が、複数のグループに分かれて、紙を使って〈重量挙げロボット〉を製作し、完成後は、一堂に会して、「重量挙げ大会」を開催します。頭で考えたことを実現することの難しさを身をもって体験する授業です。特に、材料の強度や力学についての体験ができます。過去には8.0kg以上の錘を持ち上げた年もあります。

ワークショップⅠ・Ⅱ

機械工学実験実習Ⅰ・Ⅱ 機械設計製図Ⅰ・Ⅱ

2・3年の実験と実習の授業です。2年では学科の専門基礎科目に関するテーマ、3年では専門科目に関するテーマを設定しています。実験ではロボット制御など、実習ではNC加工実習などを扱います。

機械工学実験実習Ⅰ・Ⅱ 機械設計製図Ⅰ・Ⅱ

機械設計製図Ⅰ・Ⅱ、先端機械設計製図Ⅰ・Ⅱ

2、3年生対象の演習を中心とした授業です。製図の書き方・規則を基礎から学び、機械の設計ができる能力を習得します。多くの学生が「CAD 利用技術者試験」を受験し、合格率は、多い年で7割を超えます。

機械設計製図Ⅰ・Ⅱ、先端機械設計製図Ⅰ・Ⅱ

卒業研究

いずれかの教員の研究室に属し、1年間研究を行う、4年生の科目です。3年生までの授業とは異なり、問題を自ら設定し、解決法を求めての試行錯誤が続きます。苦労した後に、解決法に至った時の達成感は何にも代え難いものです。研究論文にまとめた後、全教員と全4年生の前で研究内容を発表します。

卒業研究

主な進路

工学部-先端機械コース-主な進路

卒業者数
男子 94名 女子 2名

主な就職先

トヨタ自動車、ホンダ、オリンパス、キヤノン、日産自動車、日立製作所、三菱電機、富士通ゼネラル、東芝機械マシナリー、小松製作所、大日本印刷、JR東日本、JR東海、YKK、クラリオン、スタンレー電気、オルガノ、日機装、シーメンス・ジャパン、シチズンマシナリー、セイコーエプソン、東京エレクトロンAT、日本精工、ミネベア、THK など

大学院進学

23名(2014年3月卒業実績)
男子 22名
女子 1名

取得可能な資格

めざせる資格

技術士補
ボイラー・タービン主任技術者(第1種・第2種)
ボイラー技士(特級・1級・2級)
危険物取扱者(甲種)
消防設備士(甲種)
公害防止管理者
弁理士
建設機械施工技士(1級)
高等学校教諭一種免許状(数学)
高等学校教諭一種免許状(工業)
高等学校教諭一種免許状(情報)
中学校教諭一種免許状(数学) など

4年間のSTEP

先端機械コース-OT

技術者としてのスキルを身につけ、ロボットの製作に携わりたい


先端機械コース
O.T(千葉県/県立木更津高校 出身)

Step1:1年次
エンジニアとしての基礎を幅広く学べるカリキュラム

もともと機械系の分野を専攻したいと考えていましたが、さまざまな場面で活躍できるエンジニアを目指したいという希望もあり、電気電子系のカリキュラムが充実している東京電機大学を選択しました。高校が普通科だったため、工学の基礎を一からきちんと学びたいという意識が強かったですね。1年次で印象に残っているのは「ワークショップⅠ・Ⅱ」で行ったロボットの製作実習です。中学でロボットコンテストに参加した経験があったのですが、ものづくりを行う難しさを改めて実感しました。

先端機械コース-step1

グループ製作で重量挙げロボットを設計
段ボールとモータで、重量物を持ちあげるロボットの製作を行いました。
限られた期間において、重量物に耐えきる強度と、それを持ち上げる機構を設計することに苦労しました。

Step2:2年次
設計図の作成を通じて図面での作業を理解する

「機械設計製図Ⅰ・Ⅱ」では、手書きで製図を行う方法を学びました。手書きの図面では線の太さによって意味が異なるため、一本の線を引くだけでも非常に苦労しました。また、手書きでは完成形がきちんとイメージできていないと図面を引けないため、空間を把握する能力を身につけることができました。製図では設計者の意図を間違いなく汲み取れるように描くことが重要なのですが、見る人が作りやすいようにイメージして描く訓練は、後にCADでの製図を学んだ際にも役に立ちました。

先端機械コース-step2

手書き製図の実習では1本の線を引く大変さを知る
実習で製図した「フランジ形軸継手」は、数枚の図面からなる簡単な部品ですが、手書きで線を引くことの難しさを知りました。

Step3:3年次
CADでの製図を通じて機械設計の基礎を学ぶ

3年次の「先端機械設計製図Ⅰ・Ⅱ」では、これまでの応用として、CADを使った製図に取り組みました。複雑な構造の機械製品を製図するという課題では、それぞれの部品と組立図を合わせて、12枚の図面を3カ月かけて作成します。CADは手書きでの製図と異なり効率よく作業を行えるのですが、ただ部品の形を決定してそれに合わせた製図を行うだけでなく、部品にかかる力の計算や要件に合わせた大きさに設計することが求められたため、これまで学んだ知識をフルに活用した実習となりました。

先端機械コース-step3

プレス機の設計では部品の強度計算に苦労
パソコンのCADソフトで「プレス打抜き金型」の図面を作成。十数枚の図面を組み合わせる必要があることに加えて、目的に耐えうる強度を持たせるための設計に苦労しました。

Step4:4年次
災害時に活躍する飛翔ロボット研究にグループで取り組む

卒業研究では、災害時におけるレスキューロボットとして、建物内を自由に飛び回る自律型の「小型飛翔ロボット」の設計製作を行いました。飛翔ロボットは空中で静止させることが非常に難しいことから、研究ではいかに静止させるかを目標に実験を行っています。当初はロボットの機構設計やプログラミングの学習、製作などに時間を要してしまい、飛ばすこともままなりませんでしたが、問題の原因が分かりうまく飛ぶようになったときには、大きな達成感がありました。

先端機械コース-step4

狭い室内での安定した飛行を目指しロボットの設計改良を実施
ロボットを空中で静止させるには水平、方位、高度の3要素の制御が必要になりますが、主に水平方向の制御を自動的に行い、空中で静止するロボットのハードウェア設計を担当しました。

そして未来へ 内定先
株式会社不二越

今後もロボット製作に携わっていきたいという意識が強かったことから、ロボット事業を展開する企業を目指して就職活動を行いました。私の場合、工学系の知識を何も持たずに入学したのですが、4年間勉学に励んだことでエンジニアとして必要なスキルを習得できたことは、就職においても大きな自信につながりました。内定をいただいた不二越は、ロボット事業だけでなく材料から製品まで全てを独自で生産できる設備を備えており、東京電機大学で学んだ加工技術や設計技術を活かすことができるのではないかと期待しています。

こぼれ話

『20代にしておきたい17のこと』という本が、4年間の大学生活と今後の人生の指針です。

先端機械コース-こぼれ話

ページトップへ戻る

検索

閉じる