トップ > 学部・大学院 > 工学部 > 情報通信工学科

情報通信工学科
学科オリジナルサイト

情報通信工学科

ネットワークや光ファイバをはじめとする通信系技術と、コンピュータを中心とする情報系技術の両分野を網羅した情報通信工学を学びつつ、応用力と洞察力を備え、技術者として自立できる社会性を持った人材を育成します。コンピュータや通信システムのほか、音響・画像の信号処理技術まで習得できる幅広いカリキュラムと産業界との積極的な交流で学生の個性を伸ばし、ハードウェアを理解してプログラムも書ける視野の広い情報通信技術者の育成を目指します。

学科の概要

学びのポイント

Point1
基礎を重視

1年次の基礎科目は上級学年で応用力をつけるためには欠かせません。電気・電子回路やプログラムのつくり方などを初歩から学べるとともに、コンピュータ・数学などの基礎科目で習熟度別クラス、補習講座などを設け、確実に基礎が身につくようにしています。

Point2
ワークショップ・実験

1年次は、ものづくりや実験の楽しさを「ワークショップ」で学びます。2年次は、基礎科目で学んだ事項を実験することで体験し、3年次には現代の情報通信技術を実際に操作します。さらに4年次は、興味あるテーマを1年間にわたって探求する「情報通信プロジェクト」を実施します。

Point3
少人数教育

上級学年では個人の適性に合わせて能力を飛躍させるため、少人数教育の場が用意されています。全教員が参加するグループスタディのほか、プログラミングやマイコンなどに特化した少人数科目があります。そして各人が身につけた知識・技術を卒業研究で発揮します。
※グループスタディ:全教員がテーマを設定し、学生が興味のあるテーマに参加しグループで実習や輪講を行う

暮らしを支える情報通信

暮らしを支える情報通信

拡大してみる

情報通信工学科の学び

通信技術・ネットワーク

コンピュータシステム

マルチメディア

情報処理

モバイル

情報通信の主分野にあたる5つのキーワードを設定し、互いを密に連携させた教育を行います。
今後の技術革新に対応できる技術者になるためには、個々の技術を断片的に学ぶのではなく、情報通信工学という学問体系に基づいて、基礎と応用、ハードウェアとソフトウェアのバランスをとりつつ総合的に学ぶ必要があります。

研究室と教員紹介

井上 潮

井上 潮
教授
データ工学研究室

金田 豊

金田 豊
教授
音響信号処理
研究室

小林 岳彦

小林 岳彦
教授
ワイヤレス
システム研究室

齊藤 泰一

坂本 直志

坂本 直志
教授
ネットワークシステム研究室

月本 洋

月本 洋
教授
人工知能研究室

長谷川 誠

長谷川 誠
教授
画像処理研究室

松本 隆男

松本 隆男
教授
通信システム研究室

三谷 政昭

三谷 政昭
教授
通信処理
ネットワーク研究室

本橋光也

本橋 光也
教授
情報通信
デバイス研究室

脇 英世

吉野 隆幸

吉野 隆幸
准教授
光応用研究室

定松 宣義

定松 宣義
講師
情報通信工学実験室

カリキュラム

情報通信工学科カリキュラム

カリキュラムを拡大してみる

学部共通カリキュラム(システムデザイン工学部/未来科学部/工学部)

共通教育科目科学技術と人間、社会との関わりを理解し、科学技術者として良識ある社会人として必要な教養、キャリア意識、倫理観を身につける
フレッシュマンセミナー/東京電機大学で学ぶ/情報と職業/論理的思考法/文章表現法/人間科学プロジェクト/歴史理解の基礎/哲学と倫理の基礎/認知心理学/人間関係の心理/自己心理学セミナー/情報デザインと心理/芸術/実用法律入門/日本国憲法/日本経済入門/介護福祉論/企業と社会/大学と社会/企 業と経営/健康と生活/身体運動のしくみ/トリムスポーツⅠ・Ⅱ/体力科学演習/アウトドアスポーツA・B・C/技術者倫理/失敗学/情報化社会と知的財産権/製造物責任法/情報倫理/情報とネットワークの経済社会/情報化社会とコミュニケーション/科学と技術の社会史/科学技術と現代社会/科学技術と企業経営
世界で活躍できる技術者に必要なグローバルなコミュニケーション能力を身につける
グローバル社会の市民論/比較文化論/地球環境論/国際政治の基礎/ヨーロッパ理解/アメリカ理解/アジア理解/ドイツ語・ドイツ文化/中国語・中国文化/ 総合英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/口語英語Ⅰ・Ⅱ/英語演習A・B・C・D・E・F・G・H・I/海外英語短期研修/国内英語短期研修
教職課程科目教員免許を取得するための専門教養科目
教職入門/教育学概論/教育心理学/教育社会学/理科教育法/道徳教育論/教育相談/生徒・進路指導論/教育実習セミナー/教育実習Ⅰ・Ⅱ/教職実践演習(中・高) 他

ピックアップカリキュラム

ワークショップ(電子回路基礎)

テスタ、電流計、マルチメータ、オシロスコープなどの各種測定器と電子回路ブロックを一人1台ずつ使用して、電子回路構成と測定の基礎的技術を身につけます。

ワークショップⅠ・Ⅱ(電子回路基礎)①

情報通信プロジェクト(アンテナ)

種々のアンテナの性能や特性を学び、自らアンテナを設計・製作します。自作したアンテナの性能は、電波暗室において電磁界測定装置を用いて計測し評価します。

情報通信プロジェクト(アンテナ)

情報通信プロジェクト(マイコン制御)

PICマイコンを用いて、機器制御を行うためのインタフェースや制御対象機器を設計・製作します。また、アセンブリ言語によるプログラミングの技術を学びます。

情報通信プロジェクト(マイコン制御)

主な進路

卒業後の就職者の業種別割合(2015年3月卒業実績)

卒業後の就職者の業種別割合

卒業者数
男子 81名 女子 9名

主な就職先

NTTデータ、NTTコムウェア、日立製作所、ルネサスエレクトロニクス、ソフトバンク、大日本印刷、NEC、NTT、富士ゼロックス、富士通、パナソニック、三菱電機、みずほ情報総研、東芝、沖電気工業、キヤノン、京セラ、日本コムシス、アルファシステムズ、アドバンテスト など

大学院進学

16名(2015年3月卒業実績)
男子 15名
女子 1名
進学率 17.8%

取得可能な資格

めざせる資格

第一級陸上特殊無線技士
第三級海上特殊無線技士
電気通信主任技術者
公害防止管理者
技術士補
危険物取扱者(甲種)
弁理士
高等学校教諭一種免許状(数学)
高等学校教諭一種免許状(工業)
高等学校教諭一種免許状(情報)
中学校教諭一種免許状(数学) など

4年間のSTEP

H.K

4年間で培った力をもとにして
社会で結果を出していきたい


情報通信工学科
H.K(千葉県/千葉市立稲毛高校 出身)

Step1:1年次
厳しい言葉を投げかけられ自分自身の姿勢を見直す

大学卒業後は就職しようと考えていたので、上場企業への就職率が高い東京電機大学で学ぶことを決めました。ただ、まだ自分がどのような分野に進みたいのかよくわからなかったので、ハードとソフトの両方を幅広く学ぶことできる情報通信工学科を選択。1年次に受講した「ワークショップ」では、最初にガツンと厳しいことを言われ、少し怖いという印象があったのですが、礼儀などを含めて自分自身を見直し、社会人としての基礎的な力を養うきっかけとなりました。

1年次

苦戦しながら取り組んだテスターづくり
「ワークショップ」では、テスターやLANケーブルを手づくりしました。電子部品を扱ったり、ハンダづけをするなど、新しく体験することばかりで、かなり苦戦したのを覚えています。

Step2:2年次
高度な課題と向き合いより高度な技術を習得

2年次になると、より専門性の高い授業が多くなります。その中でも特に印象に残っているのが「データ構造とアルゴリズムⅠ」という授業で、2回のレポートだけで成績が決まります。とても難しかったのですが、高度なプログラミング技術が身につきました。また、「情報通信基礎実験」では、パソコンを分解し、組み立てる体験もしました。パソコンを分解するという発想がなかったので、普段使っているパソコンの中身を見て、とても新鮮でした。

2年次

仲間の大切さを学んだJAVAプログラミング
レポート提出日前日には、友人の家に仲間が全員泊まりこんで、助け合いながらチェックしました。おかげで、実践的な技術を身につけると同時に、仲間の大切さを痛切に感じました。

Step3:3年次
自分の頭でしっかりと考え答えを出していく課題が増える

私の場合は、1年次、2年次に順調に単位を取ることができたので、3年次は就職を見据え、インターンシップに積極的に参加したり、授業も将来役に立ちそうなものを選んで受講したりしました。中でも印象に残っているのが「情報通信工学実験」です。1年次、2年次でも実験はありましたが、3年次になると扱う内容が高度になり、自分たちが検討する項目も多くなって、1回のレポートの量が格段に増えました。このように、自分の頭でしっかりと考えて答えを出していく課題が多くなりました。

3年次

自分たちで部品を調達し組み立てた光検出器
光検出器を組み立てる実験では、用意された部品を組み立てるのではなく、指定された部品を売っているお店を探し、自分たちで買いにいくところから取り組みました。

Step4:4年次
アプリ開発や講座の手伝いなどをインターンシップで幅広く経験

3年次の7月から4年次にかけて、インターンシップとしてスマートフォンのアプリ開発に参加しました。ただアプリを開発するだけでなく、大学で行われるアプリ開発講座の手伝いなども、幅広く活動させて頂きました。また、小学生向けの講座を手伝う機会もあり、小さな子どもたちに教えることで、自分の知識も深まりました。スマートフォンアプリは、画像をすぐには読み込めずに利用者にストレスとなることがあるので、そのストレスを少なくする方法を卒業研究のテーマにしました。

4年次

過信に気づかされたゲームアプリ開発
授業でもゲームアプリを作りました。インターンシップでアプリ開発の経験があるので簡単にできると過信していましたが、一筋縄ではいかずに高くなっていた鼻をへし折られました。

そして未来へ 内定先
富士通株式会社

私の就職活動の原点は、父を越えたいという思いです。父は富士通株式会社の関連会社に勤めていて、それを越えるという意味でも富士通に就職したいと思うようになりました。実際に調べてみるとスーパーコンピュータ京の開発に携わったり、またB to Bビジネスに優れている会社だということがわかり、富士通への思いがさらに強くなりました。幸いにも富士通から内定を頂くことができました。また、就職活動を通して、父親の仕事内容も垣間見ることができ、父親に対する尊敬の念が強くなりました。入社するからには社長を目指す気持ちで取り組んでいきます。

こぼれ話

鹿島アントラーズの応援とフットサルは自分の生活に張りを与えてくれる大切な時間です。

そして未来へ

ページトップへ戻る

検索

閉じる