トップ > 学部・大学院 > 大学院 > 先端科学技術研究科 > 数理学専攻

先端科学技術研究科 数理学専攻
修業年限:3年 学位:博士(理学)

数学、化学、物理学およびシステム科学を融合的に研究教育し、
数理学分野における創造性豊かな人材を育成します。

数理学専攻の教育理念と目的

1.基礎科学の柱である「数学」「化学」「物理学」を融合的にとらえ、複雑化・大規模化する工学や、人間社会をモデル化して得られるシステムの理論と具体的計算手法などを、数理的立場から研究教育を行うことを目的としています。

2.先端科学技術研究科の他の専攻と連携しながら基礎分野としての数理学の研究教育を進め、数理学分野における創造性豊かな科学者や高度な専門性を持つ人材の育成を目指します。

3.基礎科学分野のなかでも数学およびそれに基礎を置く化学・物理学・システム科学を強調し、統一的かつ協調性を持った教育課程の編成を行うとともに、数理学の広い学識が得られるように研究教育を進めます。

数理学専攻の部門

共通部門

博士論文の指導および、広く数理学の学識を高めるための研究教育。

[主な対象分野]
数理学特別研究、数理学セミナー、科学英語。
数学部門

数学の基本分野に関する考究と、その応用分野を含む研究。

[主な対象分野]
代数体の整数論、代数多様体論、可換環論、カテゴリー論、位相幾何学、微分幾何学、関数解析学、偏微分方程式論、確率過程論、複素解析学等の分野。
化学物理学部門

理学の新しい展開の一分野である物質科学の理論と応用を考究。

[主な対象分野]
液体、溶液論、物性物理、統計力学、計算機物理化学。
システム科学部門

工学はもとより自然界や人間社会などの複雑な現象をモデル化し、その抽象的なシステムをシステム理論および情報論的立場から考究。

[主な対象分野]
マシンビジョン、知能ロボティクス、システム制御、学習理論、データマイニング。

数理学専攻の開講科目

共通部門
数理学特別研究Ⅰ(必修)
数理学特別研究Ⅱ(必修)
数理学特別研究Ⅲ(必修)
数理学セミナーⅠ(必修)
数理学セミナーⅡ(必修)
数理学セミナーⅢ(必修)
科学英語(選択)
先端総合技術特別講義(選択)
AMOT概論(選択)
先端科学技術英語演習Ⅰ・Ⅱ(選択)
数学部門
代数学考究(選択)
幾何学考究(選択)
解析学考究(選択)
応用数理学考究(選択)
化学物理学部門
化学物理学考究(選択)

システム科学部門
システム情報学考究(選択)
知能情報学考究(選択)

ページトップへ戻る

検索

閉じる