トップ > 学部・大学院 > 大学院 > 先端科学技術研究科 > 電気電子システム工学専攻

先端科学技術研究科 電気電子システム工学専攻
修業年限:3年 学位:博士(工学)

電気・電子工学、情報処理の融合領域で、
地球的・世界的な視野から研究教育を推進します。

電気電子システム工学専攻の教育理念と目的

1.電気工学、電子工学、情報処理分野のみならず、それらが融合した学際的領域において、先端的な研究教育を行うことを目的とします。

2.電気電子システム工学に関する広範な知識だけでなく、特定専門分野の極めて高度な学識を修得します。自ら発想した研究テーマを継続的かつ実践的に追求し、創造性・先見性と柔軟な思考力を身に付けた研究者、上級技術者を育成します。

3.常に地球的・世界的な視野を持って研究を遂行する能力と、自立的で主体性のある創造性豊かな構想力の資質・能力を養い、学術研究をとおして国際社会への貢献を目指します。

電気電子システム工学専攻の部門

電気機器学部門

パワーエレクトロニクスを基盤とした電気機器の最適運用方法と、新たな制御方法の研究。

[主な対象分野]
風力発電システム、コンバータの力率改善、系統連系用インバータの高調波低減、軸発電システム、モータのセンサレス駆動。
電力システム部門

常に地球環境を視野に入れた、電気エネルギーの発生・輸送・制御に関する研究。

[主な対象分野]
エネルギーシステムの最適化、自然変動電源の連系評価、スマートコミュニティ、高電圧システム。
計測・システム制御部門

高精度な電子計測技術とそれを用いたシステム制御、生体計測技術に関する研究。

[主な対象分野]
太陽光発電、適応制御設計・適応オブサーバ設計、カオス、生体磁界、マイクロコンピュータ制御システム。
電子物性・デバイス部門

新たな機能を有する電子材料の創成と、電子デバイスの高性能化に関する研究。

[主な対象分野]
環境計測センサ、環境半導体、半導体ナノデバイス、太陽光発電の有効利用、高周波プラズマプロセス、化合物半導体の合成。
電子情報処理部門

信号処理、情報処理の理論とその応用に関する研究。


[主な対象分野]
ディジタル信号処理、知的システム、VLSI、並列計算機、非線形動力学、高機能高性能電子回路、コンピュータ応用。

電気電子システム工学専攻の開講科目

共通
電気電子システム工学特別研究(必修)
電気電子システム工学グループ輪講(必修)
電気電子システム工学全体輪講(必修)
先端科学技術英語演習Ⅰ・Ⅱ(選択)
AMOT概論(選択)

電気機器学
電気機器学先端演習(選択)

電力システム
電力システム先端演習(選択)
計測・システム制御
計測・システム制御先端演習(選択)


電子物性・デバイス
電子物性・デバイス先端演習(選択)

電子情報処理
電子情報処理先端演習(選択)

ページトップへ戻る

検索

閉じる