トップ > 学部・大学院 > 大学院 > 先端科学技術研究科 > 先端科学技術研究科

先端科学技術研究科 [博士課程(後期)]

先端科学研究科の教育・研究方針

大学の使命は知の継承と知の創造を介して社会に貢献することです。これをより高度に実現するために、東京電機大学大学院は各キャンパスに設置されている修士課程と、これらを横断的に統合した先端科学技術研究科[博士課程(後期)]から構成されています。修士課程は研究者養成の一段階で、高度専門職業人、知識基盤社会を多方面から支える高度知的素養ある人材等の育成に力点を置いており、各学部の各学科・学系と連携した教育が容易なようにそれぞれに接続した修士課程の大学院が設置されています。
先端科学技術研究科博士課程(後期)は、産官学を通してあらゆる研究教育機関を担うために、国際的にも高い水準の研究環境の中で、広い視野を持ち自立して研究活動を行うに足りる能力を修得させ、創造性豊かな研究能力を持つ技術者、研究者や、確かな教育能力と研究遂行能力を兼ね備えた大学教員の養成を目的としています。キャンパスにとらわれず広い視野を包含する8専攻で構成されておりますが、専攻間の壁は低く、教員、学生は容易に関連分野の情報を獲得することが可能です。本学には様々な研究組織があり、国際的な研究を通して、まさに先端の研究が進行しています。そして、これからますます要請される学際融合領域研究および国際共同研究の進展に必要な研究活動の融合・連携・流動化・新分野の開発に迅速な対応が可能となっています。またキャンパス間の遠距離移動による時間的効率低下を防ぐために、高速通信ネットワークを活用し、それぞれのキャンパスに居ながら適切な研究指導、研究討論ができるようになっています。
また院生は希望に応じて有給のTA※1、RA※2として採用され、ほとんど全員に奨学金が貸与されます。国際会議への参加を積極的に推奨し、そのための資金的な援助も行っており、研究に専念できる環境が整っています。

※Teaching Assistant 授業の補佐や運用支援を行い学生
※Research Assistant 職位として研究を行う学生

先端科学研究科の教育・研究方針

先端科学技術研究科 専攻一覧

専攻課程昼夜開講修業年限学位
数理学専攻博士課程(後期) 3年博士(理学)
電気電子システム工学専攻博士課程(後期) 3年博士(工学)
情報通信メディア工学専攻博士課程(後期) 3年博士(工学)
機械システム工学専攻博士課程(後期) 3年博士(工学)
建築・建設環境工学専攻博士課程(後期) 3年博士(工学)
物質生命理工学専攻博士課程(後期) 3年博士(工学)・博士(理学)
先端技術創成専攻博士課程(後期) 3年博士(工学)・博士(理学)
情報学専攻博士課程(後期) 3年博士(情報学)

先端科学技術研究科 入学試験情報

・一般入試
・社会人入試

※各種入試制度の詳細はコチラをご確認下さい。
※社会人の方で、論文博士により博士学位の取得をお考えの方は、上記「博士論文審査申請方法」をご確認下さい。

先端科学技術研究科 シラバス

私の3年間の研究

先端科学技術研究科 情報学専攻 3年内部観測研究室 O.K

人間特有の認知の偏りを
コンピュータ技術に応用する
研究に取り組む

先端科学技術研究科 情報学専攻 3年
内部観測研究室

O.Kさん(埼玉県/県立新座総合技術高校 出身)
学部時代は統計学やプログラミング、人工あ知能などを学びましたが、研究と同時に教育にも大いに関心があったので、大学教員を目指すべく、修士課程、さらに博士課程へと進学しました。
現 在は内部観測研究室で認知科学の研究に取り組んでおり、「対称性推論の不確実性下での適用性の解明と既検索への応用」というタイトルで博士論文を執筆しま した。認知心理学などの分野では、人間特有の認知の傾向が研究成果としてかなり蓄積されていますが、それをコンピュータに応用することがあまり研究されて いないこともあり、「一を聞いて十を知る」といった人間の能力をコンピュータの解法として用いた場合、どのような効果が表れるのかを研究しています。まだ 基礎的な課題を用いた研究ですが、人間の認知を実装した確率モデルの実用により、従来の計算方法と比較して短時間で答えを発見できたり、少ないITリソー スで計算できたり、といった効率化に貢献できるのではないかと期待しています。
TDUでは専門的な知識やスキルを深く学ぶことができましたが、特に国内外における学会での発表機会に多く恵まれたことに感謝しています。そういう機会が研究へのモチベーションになっています。

人間の認知を実装した確率モデル(赤)と 条件付き確率(青)の差異

人間の認知を実装した確率モデル(赤)と
条件付き確率(青)の差異

論文

認知科学や人工知能の分野において
数々の論文を発表
これまで査読つき論文8編、査読なし論文23編を発表しています。2014年9月にギリシャで開催された国際学会では、ゲーム機探索において因果価値を探索優先度に用いる方法の有効性に関する論文を発表しました。

学会

国内外の学会で
数多くの発表機会に恵まれる
国内外の学会で研究成果を発表するチャンスに恵まれてきました。当初国際学会での英語の発表には緊張しましたが、国際学会は研究や語学学習への意欲を高める重要な機会です。

後輩指導

研究することの意味や目的を明示し
モチベーションを向上させる
いま研究している内容がどのように社会に役立つのか、後輩たちにわかりやすく示して、勉強や研究へのモチベーションを向上させてあげることが重要であると考えています。

そして未来へ、内定先

関西学院大学 総合政策学部 助教
自身の研究を深めると同時に
人材の育成を通して社会に貢献したい

博士課程を修了してやっと研究者としてのスタートラインに立てるわけですから、まず一人前の研究者として、他の研究者から面白いと思ってもらえるような研究を行っていくことが現在の目標です。関西学院大学の総合政策学部は、学科の枠を越えて専門性を磨き、総合的な視点を養う教育に力を入れています。私は、学生たちの研究内容が社会にどのように貢献できるのかという具体例を示してモチベーションを与え、社会で活躍できる人材を育成していきたいと思っています。

本学博士課程在籍の方(課程博士)

  
  本研究科に3年以上在学し、所要科目14単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査及び最終試験に合格しなければならない。ただし、在学期間に関しては、優れた研究業績をあげた者については、本研究科の在学期間が1年(修士課程を2年未満の在学をもって修了した者にあっては、当該在学期間を含めて3年)以上の在学で修了を認めることができます。
 
博士論文審査申請要領・様式

本学博士課程に籍のない方(論文博士)

   本学学位規則により、本学に学位論文を提出してその審査及び学力の確認に合格し、かつ、人物学力とも本学大学院の博士課程(後期)に所定期間在学し所定の専攻科目について所定単位以上を修得した者と同等以上と認められた者に学位(論文博士)を授与することができます。
 
博士論文審査申請要領・様式

博士論文審査申請要領・様式

ページトップへ戻る

検索

閉じる