トップ > 学部・大学院 > 大学院 > 先端科学技術研究科 > 先端科学技術研究科

先端科学技術研究科 [博士課程(後期)]

先端科学研究科の教育・研究方針

大学の使命は知の継承と知の創造を介して社会に貢献することです。これをより高度に実現するために、東京電機大学大学院は各キャンパスに設置されている修士課程と、これらを横断的に統合した先端科学技術研究科[博士課程(後期)]から構成されています。修士課程は研究者養成の一段階で、高度専門職業人、知識基盤社会を多方面から支える高度知的素養ある人材等の育成に力点を置いており、各学部の各学科・学系と連携した教育が容易なようにそれぞれに接続した修士課程の大学院が設置されています。
先端科学技術研究科博士課程(後期)は、産官学を通してあらゆる研究教育機関を担うために、国際的にも高い水準の研究環境の中で、広い視野を持ち自立して研究活動を行うに足りる能力を修得させ、創造性豊かな研究能力を持つ技術者、研究者や、確かな教育能力と研究遂行能力を兼ね備えた大学教員の養成を目的としています。キャンパスにとらわれず広い視野を包含する8専攻で構成されておりますが、専攻間の壁は低く、教員、学生は容易に関連分野の情報を獲得することが可能です。本学には様々な研究組織があり、国際的な研究を通して、まさに先端の研究が進行しています。そして、これからますます要請される学際融合領域研究および国際共同研究の進展に必要な研究活動の融合・連携・流動化・新分野の開発に迅速な対応が可能となっています。またキャンパス間の遠距離移動による時間的効率低下を防ぐために、高速通信ネットワークを活用し、それぞれのキャンパスに居ながら適切な研究指導、研究討論ができるようになっています。
また院生は希望に応じて有給のTA※1、RA※2として採用され、ほとんど全員に奨学金が貸与されます。国際会議への参加を積極的に推奨し、そのための資金的な援助も行っており、研究に専念できる環境が整っています。

※Teaching Assistant 授業の補佐や運用支援を行う学生
※Research Assistant 職位として研究を行う学生

先端科学研究科の教育・研究方針

先端科学技術研究科 専攻一覧

専攻課程昼夜開講修業年限学位
数理学専攻博士課程(後期) 3年博士(理学)
電気電子システム工学専攻博士課程(後期) 3年博士(工学)
情報通信メディア工学専攻博士課程(後期) 3年博士(工学)
機械システム工学専攻博士課程(後期) 3年博士(工学)
建築・建設環境工学専攻博士課程(後期) 3年博士(工学)
物質生命理工学専攻博士課程(後期) 3年博士(工学)・博士(理学)
先端技術創成専攻博士課程(後期) 3年博士(工学)・博士(理学)
情報学専攻博士課程(後期) 3年博士(情報学)
※「昼夜開講制」を実施しております。

先端科学技術研究科 入学試験情報

・一般入試
・社会人入試

※各種入試制度の詳細はコチラをご確認下さい。
※社会人の方で、論文博士により博士学位の取得をお考えの方は、上記「博士論文審査申請方法」をご確認下さい。

先端科学技術研究科 シラバス

私の3年間の研究

M.Sさん

放電現象の本質を明らかにすることが目標
新たな技術を生み出すきっかけにしてほしい

先端科学技術研究科 数理学専攻 3年
物性理論研究室

M.Sさん(茨城県/県立麻生高校出身)
高校生の頃から興味を持っていた物理学について学びたいと思い、理工学部を志望しました。学部時代は物理学を主コース、物理学に必要な数学を副コースに選び、両分野の専門知識を重点的に学習。量子力学や熱力学など物理の基礎を固め、物理学の学びをより深めるために大学院へ進学しました。
大学院では、ガラス転移や放電現象といった非平衡系の統計力学について研究する物性理論研究室に所属しています。研究テーマは「転移現象として捉えた時の放電現象の特徴について」。雷やストリーマ放電といった放電現象の全体像を理解し、原理を明らかにすることが研究の目的です。
放電現象の研究は、主にシミュレーションと実験を通して行われています。私は、シミュレーションを中心に調査。放電現象をコンピュータの中で再現し、そこから得た結果を解析し、実験家の方と議論しながら研究を進めました。この研究は、放電現象の原理を理解するための基礎研究です。放電現象の原理を明らかにすることで新しい技術を生み出すきっかけになってくれたらと考えています。

電位分布図

放電が起こる直前のクラスター構造、電位分布の様子

論文

議論を重ねることで質の高い研究論文に
放電現象のパーコレーションモデルによる解析についてまとめた論文が、学会誌に掲載されました。研究を進める上で他の研究者との議論が大変役に立ちました。とくに、実際に実験室を訪問し、放電現象の実験に触れることで理解を深めることができました。

学会

研究内容をわかりやすく伝えるよう工夫
学会で研究をきちんと評価してもらうには、専門外の研究者にも研究内容を理解してもらわなくてはならないので、発表時は分かりやすく伝えることを意識。研究発表用のポスターを作るときも、図や表を入れて視覚的に見やすくなるように工夫しました。

後輩指導

後輩の考えを踏まえて親身にアドバイス
後輩指導で意識したのは、質問を受けた時に作業しながらではなく、手を止めて相手と向き合って話を聞くことです。アドバイスをする際にも、後輩の気持ちや考えを踏まえたうえで、自分の意見を伝えることを心がけました。

そして未来へ、内定先

デジタルプロセス株式会社
物理の知識を活かし、ものづくりに携わる人々を支える存在へ
内定先のデジタルプロセス株式会社は、ものづくりに取り組む技術者の支援を目的に、CADを中心に製造業向けのソフトウェア開発やコンサルティングなどを行う会社です。この会社を選んだきっかけは、物理的解析ができると聞いたこと。大学で学んだ物理の知識や考え方を、この会社なら最大限活かすことができると考えました。入社後は、システム開発に携わります。物理を学んできた人間として専門知識を活用し、技術者の視点に寄り添い解決案を提示できる存在を目指したいと思います。

本学博士課程在籍の方(課程博士)

  
  本研究科に3年以上在学し、所要科目14単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査及び最終試験に合格しなければならない。ただし、在学期間に関しては、優れた研究業績をあげた者については、本研究科の在学期間が1年(修士課程を2年未満の在学をもって修了した者にあっては、当該在学期間を含めて3年)以上の在学で修了を認めることができます。
 
博士論文審査申請要領・様式

本学博士課程に籍のない方(論文博士)

   本学学位規則により、本学に学位論文を提出してその審査及び学力の確認に合格し、かつ、人物学力とも本学大学院の博士課程(後期)に所定期間在学し所定の専攻科目について所定単位以上を修得した者と同等以上と認められた者に学位(論文博士)を授与することができます。
 
博士論文審査申請要領・様式

博士論文審査申請要領・様式

ページトップへ戻る

検索

閉じる