トップ > 学部・大学院 > 大学院 > 理工学研究科 > 理工学研究科

理工学研究科 [修士課程]

理工学研究科の教育・研究方針

理工学研究科は、2013年4月より、理学、生命理工学、情報学、電子・機械工学および建築・都市環境学の5専攻体制に改編しました。理工学部5学系を基礎とする専攻体制とすることで、学部教育から大学院教育への道筋を明確にするという狙いがありました。これにより、基礎力に裏づけられた専門性を持つ人材の養成を目指すとともに、この体制を生かしてさらに教育・研究環境を充実させ、大学院の活性化に取り組んでいきます。
日々進歩してゆく科学技術と多様化する価値観に適応可能な研究者・技術者であるためには、基礎学力のみならず、広い視野をもって柔軟に対応していく能力が今までにも増して求められています。専攻や部門の枠を超えて、ここで行われている夢のある先端的な研究や開発に積極的に触れて、自ら問題を発見し解決する能力を養うことができる場を広く提供する、これが基本方針です。
その実現のために有給の副手制度を活用して学部教育への参加を促し、多様な学生に教える経験を通して基礎学力・情報伝達能力の強化を図っています。また科学技術の国際化に対応するためには英語力の向上が欠かせません。海外研修制度の利用、国際学会への参加を奨励して英語力向上を図っています。さらに外部研究機関との共同研究、社会人への公開講座、講義の夜間開講などの様々な企画を積極的に実施・推進することにより、社会に開かれ、地域とのつながりを重視した研究科を目指します。このような活動を通して視野の広い自立した研究者・技術者の育成に努めています。

理工学研究科の教育・研究方針

理工学研究科 専攻一覧

専攻課程昼夜開講修業年限学位
理学専攻修士課程 2年修士(理学)
生命理工学専攻修士課程 2年修士(工学)
情報学専攻修士課程 2年修士(情報学)
電子・機械工学専攻修士課程 2年修士(工学)
建築・都市環境学専攻修士課程 2年修士(工学)
研究成果の公表や科学技術の海外移転等、大学院生が将来世界で活躍できるように、科学技術英語教育を重視しています。同時に、国際会議や学会への積極的な参加を奨励しています。 ※「昼夜開講制」を実施しております。

私の2年間の研究

K.T

子どもから高齢者までみんなが
読みやすいフォント開発を目指す


理工学研究科 情報学専攻 2年
エルゴノミクスデザイン研究室

K.Tさん(埼玉県/県立松山高校 出身)
学部4年生のときに初めて視線計測機の存在を知り、さまざまな可能性を秘めていると感じ、深く学びたい、より知識を深めたいと思い、大学院へ進学しました。視線計測機とは、被験者の眼球運動から視線の位置などを計測できる機器で、WEBデザインなどの評価に用いられ、人がどこに注目するかを分析し企業の広告制作の現場で活用されています。
今は老若男女、さまざまな人にとって使いやすいデザイン(ユニバーサルデザイン)の開発や調査を行う研究室に所属しています。僕はここでディスプレイ型の視線計測システムを使い、フォントの視認性のユーザビリティ評価を行なうソフトウエアの開発を行っています。これはパソコンのディスプレイ上の3D空間に表示された単語や文章に、あらゆる方法で変化を加え、被験者の視線滞留時間を計測し、実際にそのフォントを正しく読めているかを評価するもの。最終目標は、幅広い年齢層の人たちが読みやすい(可読性)、見やすい(視認性)と感じるフォントを開発することですが、まずは「フォントの視認性、可読性の標準基準」を作ることが目的です。大学院では、研究や就職面で担当教授だけでなく、専攻内のさまざまな教授から指導を受けることができるので、自分の可能性を広げる機会につながったと思います

理工2年間の勉強

ディスプレイ型の視線計測機を使い、文化祭で約20名を計測しデータを分析

学会

視線計測システムを使ったフォントの視認性評価の発表
日本人間工学会の関東支部大会にて、研究テーマである視線計測機を使ったフォントの視認性評価のデータを発表。さらに修士論文では、研究室独自のIPOテストという手法で計測したり、100名を超える人たちにさまざまなフォントを見てもらい、読みやすさを判断する主観アンケートを行うなど、ひとつの研究に対して、多角的にデータを集計して論文をまとめました。

後輩指導

後輩指導で身についたプロジェクトマネージメントのスキル
研究室では学部3、4年生16名分の研究スケジュールを管理。各自の研究を把握し、いつまでにどの程度完成させなくてはいけないかを考え、具体的に指示。滞っているところはフォローしながら、期日までに仕上げるためのサポートも行いました。プロジェクトを進行させるためにスケジュール管理は必要不可欠。この経験は自分の大きな財産となりました。

そして未来へ、内定先

大日本印刷株式会社
学んだ技術を駆使して社会全体にシステムを発信したい
大学でソフトウエア開発の技術を学び、人々に使いやすいものを提供する人間工学について研究したので、それらの知識を生かしたいと思い大日本印刷への就職を決めました。大日本印刷にはICカードやビジネスフォームなどの情報分野もあり、将来は国家規模の大きなプロジェクトの核を担えるような存在になりたいと思っています。

就職実績

理工学

2015年3月修了実績

理学専攻

エヌ・ティ・ティ・データ/トーモク/日本電産コパル/サンデンホールディングス/中央化学/ニフティ/八千代工業/SJI/理研計器/フコク/第一電子工業/第一生命情報システム/ミツトヨ/日立公共システム/日本伸管

生命理工学専攻

東芝/富士通/三菱電機/エーザイ/日本化薬/能美防災/マクニカ/新日本科学/電気興業/池上通信機/日機装/鳥居薬品/クミアイ化学工業/小林製薬/NECディスプレイソリューションズ/理研ビタミン/京セラメディカル/ノボノルディスクファーマ/リオン/エースコック/富士フイルムメディカル/高田製薬

情報学専攻

東芝/三菱電機/凸版印刷/沖電気工業/インターネットイニシアティブ/JVCケンウッド/NECフィールディング/富士通エフサス/NECソリューションイノベータ/アルファシステムズ/富士通フロンテック/NSD/内田洋行/共同印刷/東洋電装

電子・機械工学専攻

トヨタ自動車/三菱電機/スズキ/本田技研工業/日本精工/SMC/富士電機/沖電気工業/いすゞ自動車/コニカミノルタ/日本電産サンキョー/山九/東芝メディカルシステムズ/新電元工業/日本無線/日立ビルシステム

建築・都市環境学専攻

東日本旅客鉄道(JR東日本)/積水ハウス/大和ハウス工業/富士重工業/東海旅客鉄道(JR東海)/IHI/小松製作所/SMC/三菱ガス化学/曙ブレーキ工業/前田道路/東急建設/三井住友建設/電気興業/パスコ/日本電設工業/三機工業/KOA/青木あすなろ建設/山田製作所/東京地下鉄(東京メトロ)

平成24~26年度修士課程修了者実績

ページトップへ戻る

検索

閉じる