トップ > 学部・大学院 > 大学院 > 工学研究科 > 工学研究科

工学研究科 [修士課程]

工学研究科の教育・研究方針

世界に貢献する独創的かつ斬新な科学技術の開発は我が国に課せられた使命です。このための必須の要件は独創性のある、先端技術の開発を推進する技術者、研究者の存在です。この養成訓練の場として大学院は大きな使命を負い、重要視されています。
工学研究科修士課程は工学部全学科の上に設置されており、広い工学分野を包含し、科学技術の発展に柔軟に対応できると同時に学部教育との連携が容易になっています。また、大学院生のほとんどが有給の学習補助員として学部生の指導を担当することにより自身の基礎学力の養成と経済的負担の軽減が容易な構成となっています。
また「連携大学院方式」をとり最先端の設備と機能をもつ学外の研究所でも指導を受けられ、研究領域の拡大、学際化、高度化を進め研究内容の拡大を図っています。        
科学技術は自然に対する好奇心とその摂理を理解、予測、制御するための道具としての基礎能力(学力)を身に付け、独創性をもってこれを実際に応用することが肝要です。本研究科ではこれに有効と考えられる方法として学位論文の作成を重要視し、この成果を学内だけではなく広く学外の人々が誰でも参加可能なポスター形式により発表しております。
また広く社会人に対しても積極的に門戸を開いており、修士課程の全専攻に昼夜開講制を実施するとともに、履修期間も2年に限らず3年でも選択できる社会人コースも準備し多様な履修方法の要求に対応できるようになっております。さらに国際的視野を身に付けるため海外語学研修、海外での国際会議、シンポジウム等への積極的な参加を奨励し、また多くの海外研究者、留学生の受け入れも行っています。

工学研究科の教育・研究方針

工学研究科 専攻一覧

専攻課程昼夜開講修業年限学位
電気電子工学専攻 電気電子システムコース修士課程 2年修士(工学)
電気電子工学専攻 電子光情報コース修士課程 2年修士(工学)
物質工学専攻修士課程 2年修士(工学)
機械工学専攻 機械工学コース修士課程 2年修士(工学)
機械工学専攻 先端機械コース修士課程 2年修士(工学)
情報通信工学専攻修士課程 2年修士(工学)
3年間で修士号を取得する「社会人コース」を工学研究科で設置
2004年4月、工学研究科では全専攻に3年間で修士号を取得する「社会人コース」を開設しました。
社会人コースの大学院生は、平日夜間と土曜日に開講される科目の単位を中心に取得しながら、3年間で修士号の取得を目指していきます。 ※「昼夜開講制」を実施しております。

私の2年間の研究

N.N

医療機器の開発を通じて
多くの人たちの役にたちたい


工学研究科 機械工学専攻 先端機械コース 2年
医用精密工学研究室

N.Nさん(埼玉県/県立春日部東高校 出身)
機械系の開発職だった父の影響を受け、自分も開発職に就きたいと思い、工学研究科を希望。学部3年生までの勉強では物足りなく感じたこと、また開発職に就くためには大学院を出ていたほうが有利だと考え、進学を決めました。
進学したばかりの頃は、開発者として具体的な目標はありませんでしたが、メディカルメカトロニクスの講義で医療機器の社会的な役割、機器がどのように使われているかを学ぶうちに、将来は医療系の開発職に携わりたいと決意。
現在はシート型EAMブレーキデバイスを用いた指の訓練装置の開発を行っています。これは手の形をしたグローブにシート型EAMブレーキデバイスをつけ、電気を流すと負加が発生する仕組みで、リハビリの現場で活用できないかと考えました。EAMブレーキデバイスは、電圧を調整することで負荷の調節が可能なので、使用者が自分にあった負荷に調節しながら、指の曲げ伸ばしの訓練ができます。また、重さ約600gと軽量なので使用場所を選ばずに訓練ができるのもメリットです。
今後は実際に現場で働く医師に意見を聞き、より現場で使いやすいようにするために改良を重ね、大学院で学んだことをしっかりとした形で残していきたいと思っています。

訓練装置

シート型EAMブレーキデバイスを用いた指の訓練装置

学会

自分の研究の軌跡を知る大切な場
学部生の頃より取り組んできた「シート型EAM」の性能や使い方について、学会で4回ほど発表しました。薄いデバイスを開発したのが学部4年生の頃だったので、その頃からの研究結果を報告。学会で発表することで、自分がどの時期にどの程度まで研究を進めていたのかを知ることができ、後に自分の研究を振り返るきっかけにつながりました。

後輩指導

チームワークの重要さを学んだ後輩指導
研究室のEAM班にて院生2人で6人を指導。一緒に研究を進めるうえで、自分たちが求めるものを期日までに後輩に仕上げてもらうにはどうしたらいいか?という点で試行錯誤しました。ひとつの目標に向かっていくためには、各自のモチベーションを高めること、そしてチームとしてお互いに協力することの大切さを学びました。

そして未来へ 進路先

オリンパス株式会社
将来の夢は自分で内視鏡を開発すること
医療事業の開発に携わりたいと思い、内視鏡や処置具の開発を行うオリンパス株式会社に就職を決めました。面接では、自分の研究について問題点も交えて説明。地道に取り組んできた成果が実を結びました。内定先はグローバル化が進んでいるので、今は英語の特訓中。将来は内視鏡を開発し、英語で説明できるようになりたいです。

就職実績

工学研究

2015年3月修了実績

電気電子工学専攻  電気電子システムコース

日立製作所/東芝/トヨタ自動車/中部電力/JR東日本/清水建設/三菱電機/キヤノン/日産自動車/富士重工業/スズキ/大日本印刷/北海道電力/JR東海/凸版印刷

電気電子工学専攻 電子光情報コース

JR東日本/三菱電機/ホンダ/富士電機/いすゞ自動車/ボッシュ/スタンレー電気/アルバック/ロッテ/NECネッツエスアイ/メイコー/NECソフト/京三製作所

物質工学専攻

三菱電機/トヨタ自動車/日本ケミコン/東芝エレベータ/三愛石油/日本配合飼料/ダイニック/鬼怒川ゴム工業/共同印刷/日本フエルト/ミルボン/東亜ディーケーケー/ロキテクノ/日本カーリット/昭和システムエンジニアリング/中立電機/日本合成アルコール/吉野工業所

機械工学専攻 機械工学コース

日立製作所/三菱電機/IHI/ホンダ/三井造船/森永乳業/東芝エレベータ/大正製薬/日産自動車/TDK/富士重工業/日野自動車/UDトラックス/日立電線

機械工学専攻 先端機械コース

日立製作所/東芝/三菱電機/テルモ/JR東海/ミネベア/富士電機/富士重工業/スズキ/ジェイテクト/沖電気工業/日立オートモティブシステムズ/レンゴー/山九

情報通信工学専攻

日立製作所/NEC/トヨタ自動車/三菱電機/JR東海/パイオニア/本田技研工業/ダイキン工業/三菱化学/富士電機/日本コムシス/リンテック/富士通エフ・アイ・ピー/日立化成/ディスコ/理想科学工業/富士通エフサス/NECソリューションイノベータ/ヤフー/日本光電工業/サイバーエージェント/PFU
平成24~26年度修士課程修了者実績

ページトップへ戻る

検索

閉じる