トップ > 学部・大学院 > 大学院 > 工学研究科 > 工学研究科

工学研究科 [修士課程]

工学研究科の教育・研究方針

世界に貢献する独創的かつ斬新な科学技術の開発は我が国に課せられた使命です。このための必須の要件は独創性のある、先端技術の開発を推進する技術者、研究者の存在です。この養成訓練の場として大学院は大きな使命を負い、重要視されています。
工学研究科修士課程は工学部全学科の上に設置されており、広い工学分野を包含し、科学技術の発展に柔軟に対応できると同時に学部教育との連携が容易になっています。また、大学院生のほとんどを有給の学習補助として学部生の指導にあたらせることにより基礎学力の養成と経済的負担の軽減が容易な構成となっています。
また「連携大学院方式」をとり最先端の設備と機能をもつ研究所でも指導を受けられ、研究領域の拡大、学際化、高度化を進め研究内容の拡大を図っています。        
科学技術は自然に対する好奇心とその摂理を理解、予測、制御するための道具としての基礎能力(学力)を身に付け、独創性をもってこれを実際に応用することが肝要です。本研究科ではこれに有効と考えられる方法として学位論文の作成を重要視し、この成果を学内だけではなく広く学外の人々が誰でも参加可能なポスター形式により発表しております。
また広く社会人に対しても積極的に門戸を開いており、修士課程の全専攻に昼夜開講制を実施するとともに、履修期間も2年に限らず3年でも選択できる社会人コースも準備し多様な履修方法の要求に対応できるようになっております。さらに国際的視野を身に付けるため海外語学研修、海外での国際会議、シンポジウム等への積極的な参加を奨励し、また多くの海外研究者、留学生の受け入れも行っております。

工学研究科の教育・研究方針

工学研究科 専攻一覧

専攻課程昼夜開講修業年限学位
電気電子工学専攻 電気電子システムコース修士課程 2年修士(工学)
電気電子工学専攻 電子光情報コース修士課程 2年修士(工学)
物質工学専攻修士課程 2年修士(工学)
機械工学専攻 機械工学コース修士課程 2年修士(工学)
機械工学専攻 先端機械コース修士課程 2年修士(工学)
情報通信工学専攻修士課程 2年修士(工学)
3年間で修士号を取得する「社会人コース」を工学研究科で設置
2004年4月、工学研究科では全専攻に3年間で修士号を取得する「社会人コース」を開設しました。
社会人コースの大学院生は、平日夜間と土曜日に開講される科目の単位を中心に取得しながら、3年間で修士号の取得を目指していきます。

私の2年間の研究

工学研究科 情報通信工学専攻 2年音響信号処理研究室 S.R

幅広い知識を身につけて
問題を見つけ解決する力がついた


工学研究科 情報通信工学専攻 2年
音響信号処理研究室

S.Rさん(東京都/立正大学付属立正高校 出身)
私が大学院への進学を決めたのは学部3年のときでした。就職活動をして、企業の方のお話を聞いているうちに、ものづくりに関わる仕事がしたいと思うようになりました。希望する職種に就くには大学院で学ばないといけないことがわかり、進学を決意しました。
大学院で研究を始めるときに、研究室の教授から「問題を自分で見つけて解決する力をつけて下さい」と言葉をかけてもらいました。大学院での研究は自分で問題を設定して、その答えを探していく必要があります。私の場合は、部屋の特性を調べる測定信号の開発に取り組んだのですが、初めはどこから手をつけていいのかがまったくわかりませんでした。とにかく、最初は他の人が書いた論文を一生懸命読みました。その中で、部屋の特性を測定するのに雑音を取ることがなかなかできないことがわかって、雑音の効果を抑える信号音をつくるアイデアが固まってきました。
授業では、自分の研究とは直接関連しない分野の科目も学びます。しかし、どの科目でも授業で学んだことと自分の研究との関連づけが問われます。このように幅広い知見を得ることで、自分の研究を人に論理的に説明できるようになったと思います。

波高率低減アルゴリズム

波高率低減アルゴリズム

論文

日本語と英語の両方で論文発表
大学院で取り組んできた部屋や機械の雑音を抑えて特性を調べる測定信号のつくり方について、「波高率低減アルゴリズム」という論文にまとめました。デジタルデータである信号音をスピーカーからアナログの音として出力するときのずれを抑え、高いエネルギーの音を出力することができます。英語論文も専門誌に掲載されました。

学会

学会発表で表彰される
プレゼン能力を磨くために、1年のときに学会に4回発表をさせてもらいました。発表したときはあまり反応がなかったのですが、1年ほど経ってから発表内容について話しかけられることもあります。また、日本音響学会で学生優秀発表賞を頂きました。この賞は百数十名の中から7〜8名選ばれるもので、大きな自信になりました。

そして未来へ 進路先

日本光電工業株式会社
患者さんや医療従事者の方々の役に立つ機器をつくりたい
医療に少しでも貢献したいと思い、医用電子機器メーカーである日本光電工業株式会社への就職を決めました。大学院で専門的に学んだ音響工学と直接的なつながりはありませんが、音響工学も医用電子機器も信号処理という点では共通しています。大学院で学んだ信号処理の考え方を製品開発にも活かせると思います。患者さんが救われるのはもちろんですが、医療従事者の方々の負担も軽減できるような機器をつくっていきたいです。

就職実績

工学研究科-就職実績

電気電子工学専攻  電気電子システムコース

日立製作所/東芝/トヨタ自動車/中部電力/JR東日本/清水建設/三菱電機/キヤノン/日産自動車/富士重工業/スズキ/大日本印刷/北海道電力/JR東海/凸版印刷

電気電子工学専攻 電子光情報コース

JR東日本/三菱電機/ホンダ/富士電機/いすゞ自動車/ボッシュ/スタンレー電気/アルバック/ロッテ/NECネッツエスアイ/メイコー/NECソフト/京三製作所

物質工学専攻

三菱電機/栗田工業/山崎製パン/鬼怒川ゴム工業/ヤマト科学/トヨタ自動車/和光純薬工業/日本カーリット/日立化成ポリマー/ミネベア/ボッシュ/日本総合住生活

機械工学専攻 機械工学コース

日立製作所/三菱電機/IHI/ホンダ/三井造船/森永乳業/東芝エレベータ/大正製薬/日産自動車/TDK/富士重工業/日野自動車/UDトラックス/日立電線

機械工学専攻 先端機械コース

日立製作所/東芝/三菱電機/テルモ/JR東海/ミネベア/富士電機/富士重工業/スズキ/ジェイテクト/沖電気工業/日立オートモティブシステムズ/レンゴー/山九

情報通信工学専攻

日立製作所/NEC/トヨタ自動車/三菱電機/JR東海/パイオニア/ホンダ/ダイキン工業/三菱化学/沖電気工業/横河電機/アドバンテスト/リンテック
平成23~25年度修士課程修了者実績

ページトップへ戻る

検索

閉じる