トップ > 学部・大学院 > 大学院 > 情報環境学研究科 > 情報環境学研究科 3つのポリシー

情報環境学研究科 [修士課程] 3つのポリシー

入学者受け入れの方針

 情報環境学研究科は、以下の目的に沿うべく、幅広く深い学識の涵養を図り、高度な専門能力の修得に積極的に取り組む意欲のある学生を受け入れます。
(1) 自主・自立の精神と創造力・独創性を兼ね備え、国際社会で活躍できる人材を養成する理念のもとに、高度な情報技術に関する専門知識を基盤とした研究能力・技術力を備える学生を育てます。
(2) 社会から期待される、「独創性豊かな研究能力」「産業上の有効性が重要な技術開発力」「幅広い技術・知識を必要とする調査・企画能力」を修得し、社会で研究・開発リーダーとして活躍できる人材を養成します。

情報環境学専攻

 情報環境学研究科の情報環境学専攻は、以下の目的に沿うべく、幅広く深い学識の涵養を図り、高度な専門能力の修得に積極的に取り組む意欲のある学生を受け入れます。
(1) 自主・自立の精神と創造力・独創性を兼ね備え、国際社会で活躍できる人材を養成する理念のもとに、高度な情報技術に関する専門知識を基盤とした研究能力・技術力を備える学生を育てます。
(2) 社会から期待される、「独創性豊かな研究能力」「産業上の有効性が重要な技術開発力」「幅広い技術・知識を必要とする調査・企画能力」を修得し、社会で研究・開発リーダーとして活躍できる人材を養成します。

教育課程編成・実施の方針

 情報環境学研究科の教育理念に基づく特色ある教育を実施するため、以下の方針により教育課程を編成し、実施します。
(1) 情報科学、情報工学及び医療工学等の分野において、専門的知識や論理的思考力を高めるための科目を体系的に配置します。
(2)急速に進展する科学技術と、多様化する国際的な価値観にも柔軟に対応できる、豊かな国際性を育みます。
(3) 広い国際的な視野のもとで、他分野の学問領域と横断的に連携を進めるための研究課題を設定し、教育・研究に活用します。

情報環境学専攻

 情報環境学研究科の教育理念に基づく特色ある教育を実施するため、情報環境学専攻は以下の方針により教育課程を編成し、実施します。
(1) 情報科学、情報工学及び医療工学等の分野において、専門的知識や論理的思考力を高めるための科目を体系的に配置します。
(2) 急速に進展する科学技術と、多様化する国際的な価値観にも柔軟に対応できる、国際性豊かな学生を育てます。
(3) 広い国際的な視野のもとで、他分野の学問領域と横断的に連携を進めるための研究課題を設定し、教育と研究に活用します。

学位授与の方針

 情報環境学研究科は、本研究科に所定の期間在学し(※)、所定の単位を修得し、かつ修士論文の審査及び最終試験に合格して、以下の能力を身につけたと判断された者に修士(情報環境学)の学位を授与します。
(1)高度な専門科学技術を身につけることにより、基礎科学及び工学等の応用分野での課題解決能力を持つこと。
(2)専門分野の基礎学力、英語表現能力を備え、結果を論文にまとめ、国内外の会議で発表できる能力を身につけること。
(3)自身の専門分野に限定せず、広い視野に立って、高い次元から課題解決ができる能力を備えること。
 
※標準修業年限は2年。

情報環境学専攻

 情報環境学研究科の情報環境学専攻は、本研究科の学位授与方針をもとに、本専攻に所定の期間在学し(※)、以下の能力を身につけたと判断された者に修士(情報環境学)の学位を授与します。
(1) 高度な専門科学技術を身につけ、基礎科学及び工学等の応用分野での課題解決能力を持つこと。
(2) 専門分野の基礎学力、英語表現能力を備え、結果を論文にまとめ、国内外の会議で発表できる能力を身につけること。
(3) 自身の専門分野に限定せず、広い視野に立って、高い次元から課題解決ができる能力を備えること。
 
※標準修業年限は2年。
 

ページトップへ戻る

検索

閉じる