トップ > 学部・大学院 > 大学院 > 情報環境学研究科 > 情報環境学研究科

情報環境学研究科 [修士課程]

情報環境学研究科の教育・研究方針

情報環境学研究科は情報環境学部の上に設置された修士課程です。情報環境学部では専門4コースから進路を選択しますが、修士課程ではより専門的に学ぶことになるので、分野は8部門を複合的に学ぶことになります。
社会はますます高学歴化、高度な専門知識を身につけることは言うまでもなく、幅広い人間力を兼ね備えなければ、創造的な仕事が出来難くなっています。そこで学部時代に培った自主・自立の精神を生かし、自らの力でその能力を磨いてください。われわれ教員はその支援に全力を尽くします。
2011年3月に起きた東日本大震災、その後の津波で最も安全といわれてきた原子力発電所が、サブシステムである補助電源装置が破壊、原子炉を安全に保てずあの惨事を引き起こしました。わが国の工学技術の未熟さを世界に曝け出すことになりました。人間の命を優先する姿勢が欠けていたと言わざるを得ません。津波はまた、道路や港湾施設、鉄道、道路、通信などインフラ設備をはじめ、すべてのコミュニティーを飲み込んでしまいました。その中でも情報環境技術がいち早く復旧に役立ったことを見える形で示すことができました。
情報環境は技術を扱う学問ではありません。人々の生活を豊かにする文化を構築する力も秘めています。インターネットの力は計り知れませんが、その秘めた力が絶大である故に、危険性も同時に併せ持っています。社会性を伴う倫理観や人間性等が問われる所以なのです。技術の進歩はわれわれの生活を豊かにしますが、行き過ぎた、人に優しくないものは排除しなければなりません。これからの社会に相応しい情報環境学を学ぶ所が、情報環境学研究科修士課程なのです。

情報環境学研究科の教育・研究方針

情報環境学研究科 専攻一覧

専攻課程昼夜開講修業年限学位
情報環境学専攻修士課程 2年修士(情報環境学)
高度な専門知識の修得と研究能力の育成はもとより、近年の技術のグローバル化に即応できる国際技術者の育成、新しい視点からのビジネスの創生を担っていく独創性や創造性に富んだ企業家マインドの醸成を基本方針として独自のカリキュラムを取り入れています。 ※「昼夜開講制」を実施しております。

私の2年間の研究

H.T

2つの研究室で専門知識を深め、
両方の技術を生かした作品を残したい


情報環境学研究科 情報環境学専攻 2年
ユニバーサル・ソフトウェア・デザイン研究室 信号処理応用研究室

H.Tさん(埼玉県/県立春日部高校出身)
学部時代に信号処理とプログラミングに出会い、専門的な知識を深めたい、学んだものを形にしたいと思い、大学院へ進学。
現在はユニバーサルソフトウエアデザイン研究室で、みんなが使いやすいソフトウエアの開発を行いながら、信号処理応用研究室にてハード面のシステム研究も行っています。その両方の力で進めているのが、三次元測位を用いた「机間指導支援システム」です。
机間指導とは、学校などで先生が生徒の間を巡回し指導することですが、授業時間内で全員の生徒の進行状況を把握するのは、とても難しいということを知りました。そこで教室内で先生がどれくらいの時間、どこにとどまっていたのかを三次元測位システムで計測し、後で簡単に確認するためのシステムを作っています。最終的には、生徒指導や先生同士のコミュニケーションツールとして利用されることが目的ですが、まずは測位結果をわかりやすく、見やすくするためにどうすればいいかを研究しています。周囲には同じシステムを使い、さまざまな応用方法を考える人がいます。仲間とともに意見交換しながら進められる環境が整っていることが、よりよい研究成果を生み出すことにつながっているのだと思います。

情報2年間の勉強

先生がとどまった場所や時間がひと目でわかるようにマークで表示される

学会

研究テーマの基礎づくりになった貴重な学びの場
学部生の頃に、情報処理学会での学生向けのセッションがあり、そこで今回の研究のテーマでもある机間指導のベースになるものを発表しました。先輩が机間指導の研究を行っていたこともあり、違った視点からアドバイスをもらいながら研究。その時に身につけた幅広い知識が今のシステムづくりに大いに役立っていると感じています。

後輩指導

後輩を指導することは自分を高めるきっかけになる
現在は学部3年生や4年生の後輩を直接指導しています。2つの研究室で学んでいるため、どちらの後輩からも質問を受けていますが、それが僕自身の刺激にもなっています。同じ質問でも、聞いた人の数だけさまざまな回答を得ることができるので、研究室ではお互いに質問しやすい環境を作るようにしています。

そして未来へ、内定先

三菱電機株式会社
ものづくりの基礎づくりの場で、学んだ技術を生かしたい
配属は産業の自動化をはかるFAシステム部門に決まっています。この部署は「ものづくりのためのものづくり」といわれ、製品を作るための製品を作っています。ものづくりの基礎ともいえる場所なので、大学院で学んだ信号処理とユニバーサルデザインの両方の知識を活かしつつ、責任感をもってシステムづくりに携わっていきたいです。

就職実績

情報環境

2015年3月修了実績

情報環境学専攻

日立製作所/三菱電機/大和ハウス工業/凸版印刷/グリー/パイオニア/日立造船/沖電気工業/コナミデジタルエンタテインメント/アルパイン/東芝メディカルシステムズ/ネットワンシステムズ/JVCケンウッド/ヤフー/NSD/協和エクシオ/日機装/日立ビルシステム/NTTアドバンステクノロジ/三菱電機インフォメーションシステムズ/みずほ情報総研/第一コンピュータリソース/エフ・ディー・シー/ベストスキップ/wapon/ラック/バイトルヒクマ/NTTデータビジネスブレインズ/ティージー情報ネットワーク/日立造船/オーエスピー/電気通信大学/NCS&A/メイテック/ヤマハサウンドシステム/MS&ADシステムズ/安田情報/AGS/キーポート・ソリューションズ/カレン/コムシス情報システム/丸紅情報システムズ/アネシス

平成24~26年度修士課程修了者実績

ページトップへ戻る

検索

閉じる