トップ > 学部・大学院 > 大学院 > 未来科学研究科 > 未来科学研究科 3つのポリシー

未来科学研究科 [修士課程] 3つのポリシー

入学者受入の方針

 未未来科学研究科は、本学の建学の精神「実学尊重」と教育・研究理念「技術は人なり」に基づく、「高度専門職技術者の育成」に沿って、未来社会における生活空間に対する確かな予見能力を持つ技術者の養成を目指し、学部から大学院修士まで一貫性のある教育課程を編成しています。それにより、未来科学部の教育・研究内容を発展させ、(1)実学尊重、(2)未来科学に関する高度な専門知識の修得、(3)独創性及び創造性の育成、(4)グローバル性の重視、(5)起業家マインドに富んだ問題の発見とその解決能力の涵養、(6)学際領域技術の重視を通し、社会に出て直ちに実戦力となるとともに、他分野の技術の心が理解できる、「プロの能力、豊かな教養」を身につけたい人材を受け入れます。

建築学専攻

 情報の高度化、世界のグローバル化と高齢化が急速に進む中、限りある地球の生態環境をいかにして持続共存するかが、世界全体のテーマになっています。
 未来科学研究科の建築学専攻は、「プロフェッショナルな能力と自然を五感で享受する豊かな教養」を有し、クリエイティブな建築専門技術を身につけた、個性豊かな設計者・技術者・研究者を世に送り出します。
 この理念に共感し、幅広く深い学識の涵養を図り、研究能力又は高度な専門的な職業を担うための卓越した能力を身につけたいと考えている人材を受け入れます。

情報メディア学専攻

 未来科学研究科の情報メディア学専攻は、以下の3点を教育研究の理念とします。この理念に共感し、情報メディア分野における基礎専門知識を持ち、幅広く深い学識の涵養を図り、研究能力又は高度な専門的な職業を担うための専門技術と卓越した能力を身につけたいと考えている人材を受け入れます。
(1)情報とメディアの研究領域の拡大、学際化、高度化を目指し、“工学としてのメディア学”を追究します。
(2)俯瞰的な視野から研究を遂行し、先見性に満ち創造力豊かな高度専門科学技術者の養成を目指します。
(3)世界に通用するコミュニケーション能力を持ち、学術研究を通して国際社会に貢献できる人材を養成します。

ロボット・メカトロニクス学専攻

未来科学研究科のロボット・メカトロニクス学専攻は、従来個別に研究されていた「電気電子工学」「機械工学」「情報工学」「制御工学」の基盤技術を相乗的に統合し、新領域にチャレンジできる国際性豊かな人材の養成を目指しています。
そのための研究能力や、高度で専門的な職業を担うための卓越した能力を身につけたいと考えている人材を、広く受け入れます。

教育課程編成・実施の方針

 未来科学研究科は、基礎となる未来科学部の教育研究と整合性・連携性を図っており、学部から大学院修士課程まで一貫性のあるカリキュラム編成を柱とします。
 高い基礎学力と専門分野の高度な知識、かつ社会で即戦力として期待される高い専門性を有する能力を培うために、専攻の専門領域科目に加えて、研究・実習科目及びインターンシップ科目を体系的かつ効果的に配置し、「プロの能力」を有する人材を養成します。
 さらに、未来の生活空間(知的住空間、知的情報空間、知的行動空間)の創生に必要な、異分野の技術の知識を身につけるために、3専攻(建築学、情報メディア学、ロボット・メカトロニクス学)の分野が融合する学際性を涵養する科目、国際性とバランス感覚を涵養する科目を配置し、「豊かな教養」を有する人材を養成します。
 以上の考えに基づき、教育課程を編成し、実施します。

建築学専攻

 未来科学研究科の建築学専攻は、問題を発見・認識・解決できる統合力を身につけさせるために、高度で専門な研究・設計能力を培う科目とインターンシップ等の実学を柱とします。
 学生は、専門分野の研究と設計を通して、課題を探求することでものづくりの本質を知り、同時に、インターンシップ等により社会との接点を学び、コミュニケーション能力、協働する力を身につけます。また、海外との授業及び研究の交流を通して国際性を身につけます。
 こうした高度な専門性と、それを社会に役立てることができる素養を身につけるための教育課程を編成し、実施します。

情報メディア学専攻

 未来科学研究科の情報メディア学専攻は、基礎となる未来科学部の教育研究と整合性・連携性を図り、学部から大学院修士課程まで一貫性のあるカリキュラム編成を柱とします。
 高い基礎学力と専門分野の高度な知識、かつ社会で即戦力として期待される高い専門性を有する能力を培うために、情報メディア学の「メディアデザイン」「ヒューマンコンピュータインタラクション」「ネットワークコンピューティング」部門に関する専門領域科目に加えて、研究・実習科目及びインターンシップ科目を体系的かつ効果的に配置し、「プロの能力」を養成します。
 さらに、未来の生活空間(知的住空間、知的情報空間、知的行動空間)の創生に必要な、異分野の技術の知識を身につけるために、3専攻(建築学、情報メディア学、ロボット・メカトロニクス学)の分野が融合する学際性を涵養する科目、国際性とバランス感覚を涵養する科目を配置し、「豊かな教養」を有する人材を養成します。
以上の考えに基づき、教育課程を編成し、実施します。

ロボット・メカトロニクス学専攻

 未来科学研究科のロボット・メカトロニクス学専攻は、集団指導体制のもと、専門分野のみに特化することなく分野を横断し、常に新しい領域に挑戦する気概を持った国際性豊かな人材を養成する教育課程編成を柱とします。
 具体的には、日常生活、医療、福祉、防災などの分野において有用な、ロボット工学やメカトロニクス学に関する技術の開発と、社会への応用展開を担う人材を養成する教育課程を編成し、実施します。

学位授与の方針

未来科学研究科は、本研究科に所定の期間在学し(※)、以下のすべてを満たした者を、人の生活空間環境の発展と維持に、科学技術を適用し、かつ共生させることができる、幅広い視野と時代の方向性を見通す先見性及び創造性を有する高度専門科学技術者と認定し、修士(工学)の学位を授与します。
(1)本学の建学の精神「実学尊重」と教育・研究理念「技術は人なり」に基づく、本研究科の「人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的」に沿って編成した教育課程から、必要な単位を修得すること。
(2)論文審査(専攻により、論文審査に代わる特定の課題についての成果物の審査)に合格すること。
 
※標準修業年限は2年。

建築学専攻

 未来科学研究科の建築学専攻は、本研究科の学位授与方針をもとに、本専攻に所定の期間在学し(※)、以下のすべてを満たした者を、建築学の「建築計画・意匠」「建築構造・情報」「建築環境・設備」部門の創造性を有する高度専門科学技術者・設計者・研究者と認定し、修士(工学)の学位を授与します。
(1)本研究科の教育理念「プロの能力、豊かな教養」に基づく、本専攻の「人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的」に沿って編成された教育課程から、必要な単位を修得すること。
(2)論文審査(論文審査に代わる特定の課題についての成果物の審査))に合格すること。
 
※標準修業年限は2年。

情報メディア学専攻

 未来科学研究科の情報メディア学専攻は、本研究科の学位授与方針をもとに、本専攻に所定の期間在学し(※)、以下のすべてを満たした者を、情報メディア学の「メディアデザイン」「ヒューマンコンピュータインタラクション」「ネットワークコンピューティング」部門の創造性を有する高度専門科学技術者と認定し、修士(工学)の学位を授与します。
(1)本研究科の教育理念「プロの能力、豊かな教養」に基づく、本専攻の「人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的」に沿って編成された教育課程から、必要な単位を修得すること。
(2)論文審査(論文審査に代わる特定の課題についての成果物の審査)に合格すること。
 
※標準修業年限は2年。

ロボット・メカトロニクス学専攻

 未来科学研究科のロボット・メカトロニクス学専攻は、本研究科の学位授与方針をもとに、本専攻に所定の期間在学し(※)、以下のすべてを満たした者を、ロボット・メカトロニクス学の「電気電子工学」「機械工学」「情報工学」「コンピュータ工学」「制御工学」部門の基盤技術を相乗的に統合する創造性を有する高度専門科学技術者と認定し、修士(工学)の学位を授与します。
(1)本研究科の教育理念「プロの能力、豊かな教養」に基づく、本専攻の「人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的」に沿って編成された教育課程から、必要な単位を修得すること。
(2)論文審査に合格すること。
 
※標準修業年限は2年。

ページトップへ戻る

検索

閉じる