トップ > 学部・大学院 > 大学院 > 未来科学研究科 > ロボット・メカトロニクス学専攻

未来科学研究科 ロボット・メカトロニクス学専攻
修業年限:2年 学位:修士(工学)

電気電子工学、コンピュータおよび情報工学、機械工学、制御工学
などの基盤技術を相乗的に統合し、新領域にチャレンジできる人材を
育成します。

ロボット・メカトロニクス学専攻の教育理念と目的

1.従来個別に研究されていた電気電子工学、機械工学、コンピュータ・情報工学、制御工学などの基盤技術のそれぞれを相乗的に統合することで、さらに高い能力を発揮し、機能や価値を創出する今までにない新たな学問領域の構築を目指しています。

2.理論・知識を実学として身に付け、高度な技術の創造を通して社会に貢献する、「豊かな教養」と「プロの能力」を兼ね備えた高度専門職業人の育成を目指すとともに、「倫理・環境・安全」と「技術の高度化」とのバランス感覚に優れ、国際的な場でリーダーシップを発揮できる人材を育成します。

3.複数の専門科目を体系的に履修できるコースワークの充実をはじめ、海外教育機関との交流、チームで創造的なものづくりを実施するプロジェクト型の学習など、実学としてロボット工学・メカトロニクス学を修得できるカリキュラムを組んでいます。

ロボット・メカトロニクス学専攻の教育理念と目的

ロボット・メカトロニクス学専攻の部門

情報駆動システム部門

■環境に適応し、協調性、柔軟性を備えた人に優しい機械(高度情報駆動機械)の実現

■システム制御、情報工学などの理論をベースに、ハードウエアとソフトウエアを密接に関連付けた総合的な教育・研究能力を持つ人材の育成

■人間の五感と機械の関係に着目した新しい理論分野の開拓
メカトロニクス部門

■メカトロニクスに関連する基礎理論の構築、情報駆動機械システムの高度化、知能化技術の確立

■洗練されたモデリング技術による理論と応用のバランスに優れた問題解決能力の高い技術者の育成

■人間と機械のインタフェース技術に着目した高度なメカトロニクスシステムの実現
ロボットデザイン部門

■産業上あるいは社会的なニーズを的確に掌握し、近未来のインテリジェントな生活空間に共存するロボット・システムの設計・製作

■ベンチャービジネスを起業できる素養をもった提案型人材の育成

■ロボット工学の最先端理論を応用し、社会福祉に限らず、対人地雷除去技術など、世界平和に貢献するシステムの実現

ロボット・メカトロニクス学専攻の開講科目

ロボット・メカトロニクス学特別研究Ⅰ・Ⅱ
特別輪講ⅠA・ⅠB
特別輪講ⅡA・ⅡB
コンピュータネットワーク特論
コンピュータシミュレーション特論
最適化法特論
非線形制御特論(英語対応)
システムと信号特論(英語対応)
アドバンストコントロール特論(英語対応)
信号処理特論
アドバンストメカトロニクス特論
計測標準論
インフォメーションインターフェース特論
ロボットインターフェース特論
ロボットプランニング特論
アドバンスト・ロボティクス
エネルギー変換学特論
知能システム特論
ロボット設計特論
産業別企業研究特論
エンジニアリング・ビジネスA・B
プロジェクト型ワークショップ
インターンシップ
ITとビジネスモデルA・B
安全建築都市システム論
デジタル放送論
セキュリティインテリジェンスと心理・倫理・法
科学英語Ⅰ
Practical English for Global Engineers
MOT概論
融合技術戦略特論

研究室と教員紹介

FR_ishikawa

FR_hatakeyama

畠山 省四朗
教授
情報駆動知能化
研究室

FR_iwase

岩瀬 将美
准教授
情報駆動制御
研究室

FR_kamamichi

釜道 紀浩
 准教授
ソフトメカニクス
研究室

FR_nakamura

中村 明生
准教授
知能機械
システム研究室

abm00016837[1]

遠藤 信綱
助教

ページトップへ戻る

検索

閉じる