トップ > 学部・大学院 > 大学院 > 未来科学研究科 > 建築学専攻

未来科学研究科 建築学専攻
修業年限:2年 学位:修士(工学)

「プロの能力」と「豊かな教養」をあわせ持つ、
クリエイティブで個性豊かな専門技術者を育成していきます。

建築学専攻の教育理念と目的

1.世に送り出す学生像
情報の高度化、世界のグローバル化と高齢化が急速に進む中、限りある地球の生態環境といかにして持続共存するかが世界全体のテーマとなっています。
建築学専攻は、「プロフェッショナルな能力と自然を五感で享受する豊かな教養」をあわせ持つクリエイティブな建築専門技術を身に付けた個性豊かな設計者・技術者・研究者を世に送り出します。

2.カリキュラムの骨格
「空間デザイン」「工学デザイン」という2つの分野をカリキュラムの骨格に据えています。個性豊かでクリエイティブな感性を持つ学生には空間デザイン、着実な理論で未来の技術にチャレンジする学生には工学デザインといったように、学生の資質と個性に合致したカリキュラムを提供することで、先端的研究・実務レベルにおける建築全般のデザインの具現化を試みます。

建築学専攻の教育理念と目的

建築学専攻の部門

空間デザイン部門

空間デザイン部門では、古代から現代に至る建築及び都市や地域の空間構成のあり方を実務を考慮して調査研究するとともに、未来の建築空間のデザインを研究し、空間の具現化を試みる。
工学デザイン部門

工学デザイン部門では、自然・社会環境における建築や構造体の創造と持続するための性能を研究し、工学技術に基づく建築と構造・設備デザインの具現化を試みる。

建築学専攻の開講科目

建築学特別設計Ⅰ・Ⅱ
建築学特別研究Ⅰ・Ⅱ
建築空間デザイン論
建築形態論
都市デザイン論
地域施設計画論
近代建築論
環境情報デザイン論
建築鋼構造論
建築ハイブリット構造論
建築構造設計論
コンピューターによる骨組解析論
建築環境形成技術論
建築環境心理生理
建築環境形成論
建築生産論
コンピューターデザイン論
建築防災工学論
安全都市システム論
空間構造創成論
構造デザイン認識論
統計解析法
建築学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
建築技術・知識演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
インターンシップⅤ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ・Ⅸ・Ⅹ
建築学専門研修Ⅰ・Ⅱ
デジタル放送論
セキュリティインテリジェンスと心理・倫理・法
ITとビジネスモデルA・B
科学英語Ⅰ
Practical English for Global Engineers
MOT概論
融合技術戦略特論 

研究室と教員紹介

秋田先生

秋田 剛
教授
環境心理生理研究室

朝山秀一

射場本忠彦

射場本 忠彦
教授
建築環境工学研究室

土田寛

宮崎桂

宮崎 桂
教授

山本圭介

山本 圭介
教授
空間デザイン研究室

柳原隆司

柳原 隆司
特別専任教授
建築環境省エネルギー
研究室

松下希和

松下 希和
准教授
建築デザイン研究室

百田真史

山川誠

山川 誠
准教授
構造工学研究室

山田あすか

山田 あすか
准教授
建築・環境計画研究室

横手義洋

横手義洋
准教授
建築史研究室

ページトップへ戻る

検索

閉じる