トップ > 学部・大学院 > 大学院 > 未来科学研究科 > 未来科学研究科

未来科学研究科 [修士課程]

未来科学研究科の教育・研究方針

21世紀は循環型社会時代と言われ、これからの100年においては、社会を根本的に革新する大発見・大発明とその工業化は、これまでの100年間に比較して少なくなると予測されています。すなわち、循環型社会における技術の研究・開発は、その主軸を、環境に配慮した人間中心・知財重視へ移すことが迫られており、従来通りの革新技術を追求する不断の努力に加えて、既存の開発技術の効率化・利便化・安心安全化・グローバル化への努力が問われています。
循環型社会の生活空間は、美しさを内包する快適な居住空間と、情報基盤を機能的に配置した知的空間、及び、人間の知的活動を担保する活動空間のそれぞれが相乗的に統合された、安心安全化された生活空間といえるでしょう。
未来科学研究科は、東京電機大学の教育目標である「高度専門職技術者の育成」に沿って、未来社会における生活空間に対する確かな予見能力を持つ技術者の育成を目指し、学部・大学院を連携した教育課程を編成しています。この連携により、未来科学部で培った教育内容を未来科学研究科で研究・発展させ、「①実学尊重、②未来科学に関する高度な専門知識の修得、③独創性・グローバル性・学際性の涵養、④企業家マインドに富んだ問題の発見とその解決能力の獲得、⑤安心安全性確保意欲の深化」を通し、社会に出て直ちに実戦力となるとともに、他分野の技術の心が理解できる、「プロの能力、豊かな教養」を身に付けた技術者の育成を実現しています。
また、本研究科では基礎となる3つの専攻(建築学専攻、情報メディア学専攻、ロボット・メカトロニクス学専攻)について、各専攻がそれぞれに特徴ある教育システムを展開しつつ、さらに3専攻分野を融合する「豊かな教養科目」の受講を推進することで、異分野技術の考え方を理解し、かつ俯瞰的な視野を有する技術者の育成を目指しています。
3つの専攻のどこに所属しても、3専攻融合下での研究生活を体得することにより、皆さんが未来社会において知的活動を担保する快適で美しい安心安全生活空間を「提案し、デザインし、そして実現する」能力を持つ技術者となることを期待しています。

未来科学研究科の教育・研究方針

未来科学研究科 専攻一覧

専攻課程昼夜開講修業年限学位
建築学専攻修士課程 2年修士(工学)
情報メディア学専攻修士課程 2年修士(工学)
ロボット・メカトロニクス学専攻修士課程 2年修士(工学)
建築学専攻及び情報メディア学専攻において修士論文によらない修了要件科目を設定し、高度な実務的能力の養成を行っています。建築学専攻ではこれにより修士課程修了後、一級建築士などの資格試験合格を目指し、情報メディア学専攻では実践的なメディア製作能力を身に付けた人材の育成に取り組んでいます。なお、ロボット・メカトロニクス学専攻については、修士論文によらない修了要件科目の設定はありません。 ※「昼夜開講制」を実施しております。

私の2年間の研究

I.S

人の情報とエネルギー量の管理を連携し
より効率よくCO2削減を図ることを実現


未来科学研究科 建築学専攻 2年
建築環境工学研究室

I.Sさん(愛知県/名古屋高校出身)
学部時代、建築学にも設備や設計などの分野があると知り、耐震化なら構造、省エネ対策なら設備など、それぞれの役割を学びました。設備分野に興味を持ったきっかけは、ある授業で、本大学の東京千住キャンパスがCO2削減を図るために導入した設備システムの話を聞いたこと。例えば、ICカード(学生証)を利用した出席確認システムと連動し、登録された出席者の人数に合わせて教室の空調や照明を自動制御すれば、使用エネルギーは必要最低限で済みます。このような仕組みに関心を抱き、設備分野について学びたいと思いました。
大学院では本キャンパスを対象に、学内の設備がCO2削減のためにどのように機能しているかを、換気量や点灯の有無を数値化したデータで研究。施設の利用者数に対するエネルギー量の設計値と実測値にどれくらい違いがあるかを分析し、違いが大きければ原因を調査し、施設内のエネルギーをより効率よく使えるように改善案を考えます。
このように、建物のエネルギーを管理するシステム(BEMS)と人間の情報を管理するシステム(サブシステム)を連携した結果、CO2削減を図ることができたとわかり、学会で発表。将来的に、研究の成果が省エネを意識した建物設計の目安になってほしいと考えています。

CO2削減

本キャンパスの省CO2実現に向けた取り組みについて学会で発表

論文

給排気バランスの調査で見る省エネ計画
卒業論文ではキャンパスの一部を対象に、建物の給排気バランスを調査。換気の時、排気量が多いと建物内の空気が不足するため意図しない空気が流入し、その空気を適切な室温にするため余分なエネルギーがかかります。これを省エネ化するにはどうしたらいいのかを検討し、その経過を論文にまとめました。修士論文では全館を対象にし、調査を進めています。

後輩指導

後輩を教える中で芽生えた責任感
研究室に入ると、1年間どのテーマで研究するかを決め、テーマごとに大学院の博士、修士1、2年生、学部4年生でグループを作ります。学部4年生の研究のフォローは修士1年生が行い、その内容を修士2年生の自分がチェックし、博士の先輩へ。後輩が論文作成を問題なく進められるように指示を出していく中で、彼らの研究に対する責任感が生まれたと思います。

そして未来へ、内定先

鹿島建設株式会社
街のシンボルとなる建物を造り人々の記憶に残る仕事をしたい
設備や設計・意匠など分野を特定せずに、建物の工事全体を取りまとめるゼネコンで働きたいと考え、鹿島建設株式会社に入社を決めました。入社後は、設備施工として設備関連の会社に指示を出しながら、建物の電気や空調・給排気設備の施行を担当します。ゼネコンに入社するからには、街のランドマークとなる建物の建築に関わり、会社の名を残せるような仕事をすることが目標。2020年には東京で五輪が開催されます。競技場や選手村の建設など、少しでも五輪に関われたらと思います。

就職実績

未来科学

2015年3月修了実績

建築学専攻

大成建設/鹿島建設/大林組/竹中工務店/高砂熱学工業/関電工/YKKAP/大気社/住友林業/きんでん/東京地下鉄(東京メトロ)/長谷工コーポレーション/長大/建設技術研究所/前田建設工業/西武鉄道/三井住友建設/三機工業/新菱冷熱工業/旭化成ホームズ/東鉄工業

情報メディア学専攻

日本電気(NEC)/富士通/ソフトバンクグループ/三菱電機/エヌ・ティ・ティ・データ/KDDI/凸版印刷/カシオ計算機/ぐるなび/TIS/インターネットイニシアティブ/日立システムズ/コーエーテクモホールディングス(コーエーテクモグループ)/ドワンゴ/富士通エフサス/NECソリューションイノベータ/ヤフー/サイバーエージェント/グリー/みずほ情報総研/スクウェア・エニックス

ロボット・メカトロニクス学専攻

日立製作所/日本電気(NEC)/トヨタ自動車/富士通/三菱電機/エヌ・ティ・ティ・データ/スズキ/オリンパス/ミネベア/日本精工/日本電産/富士電機/沖電気工業/横河電機/小森コーポレーション/日立オートモティブシステムズ/日本製鋼所/明電舎/文化シヤッター/東芝機械/YKK/京三製作所

平成24~26年度修士課程修了者実績

ページトップへ戻る

検索

閉じる