トップ > 学部・大学院 > 大学院 > 未来科学研究科 > 未来科学研究科

未来科学研究科 [修士課程]

未来科学研究科の教育・研究方針

 21世紀は循環型社会時代と言われ、これからの100年においては、社会を根本的に革新する大発見・大発明とその工業化は、これまでの100年間に比較して少なくなると予測されています。すなわち、循環型社会における技術の研究・開発は、その主軸を、環境に配慮した人間中心・知財重視へ移すことが迫られており、従来通りの革新技術を追求する不断の努力に加えて、既存の開発技術の効率化・利便化・安心安全化・グローバル化への努力が問われています。
 循環型社会の生活空間は、美しさを内包する快適な居住空間と、情報基盤を機能的に配置した知的空間、及び、人間の知的活動を担保する活動空間のそれぞれが相乗的に統合された、安心安全化された生活空間といえるでしょう。
 未来科学研究科は、東京電機大学の教育目標である「高度専門職技術者の育成」に沿って、未来社会における生活空間に対する確かな予見能力を持つ技術者の育成を目指し、学部・大学院を連携した教育課程を編成しています。この連携により、未来科学部で培った教育内容を未来科学研究科で研究・発展させ、「①実学尊重、②未来科学に関する高度な専門知識の習得、③独創性・グローバル性・学際性の涵養、④企業家マインドに富んだ問題の発見とその解決能力の獲得、⑤安心安全性確保意欲の深化」を通し、社会に出て直ちに実戦力となるとともに、他分野の技術の心が理解できる、「プロの能力、豊かな教養」を身に付けた技術者の育成を実現しています。
 また、本研究科では基礎となる3つの専攻(建築学専攻、情報メディア学専攻、ロボット・メカトロニクス学専攻)について、各専攻がそれぞれに特徴ある教育システムを展開しつつ、さらに3専攻分野を融合する「豊かな教養科目」の受講を推進することで、異分野技術の考え方を理解し、かつ俯瞰的な視野を有する技術者の育成を目指しています。
 3つの専攻のどこに所属しても、3専攻融合下での研究生活を体得することにより、皆さんが未来社会において知的活動を担保する快適で美しい安心安全生活空間を「提案し、デザインし、そして実現する」能力を持つ技術者となることを期待しています。

未来科学研究科の教育・研究方針

未来科学研究科 専攻一覧

専攻課程昼夜開講修業年限学位
建築学専攻修士課程 2年修士(工学)
情報メディア学専攻修士課程 2年修士(工学)
ロボット・メカトロニクス学専攻修士課程 2年修士(工学)
建築学専攻及び情報メディア学専攻において修士論文によらない修了要件科目を設定し、高度な実務的能力の養成を行っています。建築学専攻ではこれにより修士課程修了後、一級建築士などの資格試験合格を目指し、情報メディア学専攻では実践的なメディア製作能力を身に付けた人材の育成に取り組んでいます。なお、ロボット・メカトロニクス学専攻については、修士論文によらない修了要件科目の設定はありません。

私の2年間の研究

未来科学研究科 ロボット・メカトロニクス学専攻 2年情報駆動知能化研究室 O.K

モデルベース制御を進化させ、
簡潔な数式で記述できるシステムを実現する


未来科学研究科 ロボット・メカトロニクス学専攻 2年
情報駆動知能化研究室

O.Kさん(千葉県/専修大学松戸高校 出身)
高校生の頃からロボットづくりに興味がありました。学部3年次にはIDCロボコンのメンバーオーディションに合格し、米国のマサチューセッツ工科大学で行われた大会に出場しました。その経験を原動力として、学部時代はロボットづくりに必要となる幅広い分野の知識を座学と実験を通して学びました。
大学院での研究のテーマは制御です。現在、複雑な動作を可能とするロボットや機械が数多く登場する一方で、その制御原理を記述する数式はより複雑になっています。私は、より簡潔な数式によって機械システムの制御方法を記述できる「モデルベース制御」に注目しました。
まず、機械の動きを区分けし、その区分けごとに制御モデルを構築していきます。モータの回転数や電圧などのデータを取り込み、データを解析しながら変化を予測し、リアルタイムに制御モデルを更新する理論に取り組みました。
実際の研究では、自動車工場の溶接などに用いられるマニュピレータの動きを計測し、その計測値からパラメータマップを作成。点ではなく、平面によって制御モデルを導き出す方法を立証しました。大学院に進学したおかげで、僕自身が将来性を感じていた制御理論の立証に挑戦できました。

モデルベース制御に関する論文

モデルベース制御に関する論文

論文

モデルベース制御に関する論文を発表
卒業研究ではロボットなどの機械システムをモデルベースで制御することをテーマに論文「NARXモデルの出力差分モデルを考慮した非線形サーボ系の設計」を執筆しました。修士1年次にはさらに研究を進め、「非線形多入力多出力システムに対するセルフチューニング制御」を書き、自動制御に関する学会でも発表を行いました。

学会

国内外での学会発表で積極性を身につける
大学院に進学してから、海外含め5回の発表機会に恵まれました。
人との交流という収穫もありますが、人前で発表することにより度胸がつきます。人に自分の考えを伝えることが、まったく苦にならなくなりました。

後輩指導

学部生とペアになり、研究を支援
研究室では学部4年生と修士1年生がペアになります。週に1回、研究の進捗状況を報告します。先生が学部4年生の報告に対して批評をした後、院生とさらに議論を重ねてその週の研究内容を決めていきます。副手の立場からSTゼミという学部生の授業をサポートしています。教える立場に立ってみると、教えるのは難しく学ぶことが多かったです。

そして未来へ、内定先

トヨタ自動車株式会社
運転手によって異なる条件をモデルベースで予測しながら自動車の安全性を高めたい
修士1年次にインターン生としてトヨタ自動車に行きました。働いている方々が安全に対して重点を置いていることに感銘を受け、就職を決めました。自動車は運転手によってスピードの出し方やブレーキのかけ方が異なります。その情報を入力し、事故などを予測するモデルを、運転手に合わせて自動的に選択するシステムが作れれば安全性を高められます。修士で培った知識を生かしながら、精度の高い自動車の安全システムを開発していきたいと考えています。

就職実績

未来科学研究科就職実績

建築学専攻

大成建設/清水建設/東京地下鉄/大林組/長谷工コーポレーション/大京/パナホーム/三協立山/プランテック総合計画事務所/住友林業/前田建設工業/西武鉄道/東芝メディカルシステムズ/奥村組/東亜建設工業/東急建設/フジタ/高砂熱学工業/三井住友建設/関電工/ミサワホーム/YKK AP/三機工業/大氣社/植木組/藤木工務店/丹青社/新日本建設/新菱冷熱工業

情報メディア学専攻

日立製作所/NEC/富士通/ソフトバンクグループ/三菱電機/NTTデータ/KDDI/日立ソリューションズ/沖電気工業/セコム/日立システムズ/TIS/インターネットイニシアティブ(IIJ)/NTTコムウェア/トッパン・フォームズ/ドワンゴ/NECインフロンティア/ジャストシステム/NECソリューションイノベータ/ヤフー/ECナビ/サイバーエージェント/三菱総研DCS/NTTアドバンステクノロジ

ロボット・メカトロニクス学専攻

日立製作所/NEC/トヨタ自動車/富士通/三菱電機/富士重工業/スズキ/オリンパス/荏原製作所/ミネベア/日本精工/日本電産/富士電機/沖電気工業/横河電機/日清紡ホールディングス/TIS/双葉電子工業/ソディック/岡村製作所/富士通ゼネラル/明電舎/新明和工業/東芝三菱電機産業システム/文化シヤッター/日本精機/日本無線/タダノ/東芝機械/京セラドキュメントソリューションズ

平成23~25年度修士課程修了者実績

ページトップへ戻る

検索

閉じる