トップ > 大学案内 > 建学の精神・教育研究理念・3つのポリシー > 建学の精神と教育・研究理念

建学の精神と教育・研究理念

建学の精神

「実学尊重」

1907年(明治40年)の「電機学校設立趣意書」において、「工業は学術の応用が非常に重要だが、本学は学問としての技術の奥義を研究するのではなく、技術を通して社会貢献できる人材の育成を目指すために実物説明や実地演習、今日の実験や実習を重視し、独創的な実演室や教育用の実験装置を自作する等の充実に努めること」に基づき、「実学尊重」を建学の精神として掲げました。

電機学校創立者紹介
教育・研究理念

「技術は人なり」

私は技術も文学や美術と同じく、やはり人が根幹をなすものであることを申し述べたいのであります。すなわち「技術は人なり」といいうるのです。立派な技術には立派な人を要するのです。
よき技術者は人としても立派でなければならないのです。ですから技術になる前に「人」にならなければなりません。技術者は常に人格の陶冶を必要とするのです。

東京電機大学の教育・研究理念として主軸にあるのが初代学長である丹羽保次郎が唱えた「技術は人なり」です。「よき技術者は人としても立派でなければならない」、つまり、技術者である前に社会の一員として、人として、常に成長しなければならないということです。この理念を胸に刻み、東京電機大学は、日本をはじめ世界で活躍する多くの技術者を育成し続けています。

初代学長 丹羽保次郎紹介

ページトップへ戻る

検索

閉じる