トップ > 大学案内 > 中長期計画 > 中長期計画の5つの骨子 > ガバナンスの構築と運営組織の見直し

    中長期計画の5つの骨子
Ⅳ.ガバナンスの構築と運営組織の見直し

迅速な意思決定と的確な行動

急激な社会環境の変化が予想されるなか、経営面では理事会運営の効率化、教学面では責任体制の明確化と迅速化が必要になります。事務組織については組織の適正化、人事諸施策の策定とPDCAサイクル(Plan-Do-Check-Action)に基づく業務改善の推進が必要です。

計画の目標達成のために、教学における速やかで適切な意思決定システムを構築し、教学を支える管理運営組織を改善し、併せて全学的改編を踏まえた管理運営組織の再編および合理化を実施していきます。

活動項目

1.ガバナンスの構築

(1)大学の適切で迅速な意思決定のための見直しと改善
(2)情報戦略、IRに関する体制の確立
(3)内部監査・コンプライアンス体制の充実

2.管理運営組織の見直し

(1)全学的改編を踏まえた管理運営組織の整備
(2)教職員の意識改革と業務改善(PDCAサイクルの循環など)の推進

3.人事諸施策の策定

(1)給与体系見直し
(2)嘱託制度見直し
(3)評価システム導入
(4)望まれる教職員像の確立

ページトップへ戻る

検索

閉じる