トップ > 大学案内 > 大学の取り組み > 本学が求める教員像 > 東京電機大学が求める教員像

東京電機大学が求める教員像

本学の建学の精神「実学尊重」、教育・研究理念「技術は人なり」、学園創立100周年宣言「東京電機大学人の基本姿勢」の精神に基づき、「本学が求める教員像」として、次の事項を掲げる。

⑴ 心構え
① 東京電機大学の使命「技術で社会に貢献する人材の育成」を理解し、本学教員として自覚と誇りを持ち、
  各自の専門性と能力を最大限に発揮し、主体的に職務を遂行する。
② 職務(教育・研究・社会貢献・管理運営)に対して高い倫理観を持ち、自らの仕事に生き甲斐を見出し、
  誠実かつ積極的に取り組む。
③ 大学共同体である学生、教員・職員を互いに尊重し、豊かなコミュニケーションを通じて、構成員から
  の信頼を得て、本学の価値ある未来を創造する。


⑵ 教育
① 学生に愛情を持ち、「実学尊重」の質の高い教育を通じて、学生の就業力や社会人基礎力の育成を図り、
  技術で社会に貢献できる人材の育成に努める。
② 正課、正課外教育を通じて「技術は人なり」の精神を理解させ、大学生活の様々な経験が、現実社会で
  どのように生かされるのか、大学での学びと社会との関連性を教授する。


⑶ 研究と社会貢献

① 「知の創造」と「真理の探究」の実現のために研究に専心し、成果の社会還元に努める。

⑷ 研鑽
① グローバル化や情報化に適応し教育研究を発展させるとともに、常にスキルアップすることで視野の
  拡大に努める。



ページトップへ戻る

検索

閉じる