トップ > 大学案内 > 大学の取り組み > 男女共同参画推進に関する取り組み

男女共同参画推進に関する取り組み

学校法人東京電機大学 男女共同参画推進宣言

本学園は、「男女共同参画社会基本法」の精神に則り、男女共同参画社会の実現に寄与するため、次に掲げる基本方針のもとに男女共同参画の推進に取り組むことをここに宣言する。

男女共同参画推進に係る基本方針

  1. 男女共同参画に係る推進体制の確立を目指します。
  2. 教育・研究活動及び就業の場における男女共同参画の啓発と推進を図ります。
  3. 男女共同参画推進の視点をもって仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現を目指します。
  4. 地域社会における男女共同参画の推進に努めます。
  5. 男女共同参画推進の視点をもって次世代を担う人材の育成に努めます。
     
平成22年9月28日
学校法人東京電機大学男女共同参画推進委員会

学校法人東京電機大学 男女共同参画に関する意識調査報告書(平成23年12月) (309KB)

学校法人東京電機大学 男女共同参画推進行動計画

 平成11年6月に「男女共同参画社会基本法」が制定され、各大学において男女共同参画推進の動きが強まるなかで、本学においても、平成22年5月に学校法人東京電機大学男女共同参画推進委員会が設置された。同年9月28日には同委員会により「学校法人東京電機大学男女共同参画推進宣言」が策定、公表されている。また、同委員会によって、本学の教職員・大学院生を対象に、「男女共同参画に関する意識調査アンケート」が実施され、平成23年12月には、報告書の形でまとめられた。

 本行動計画は、以上のような本学内外の動きや、学内の意識調査の結果を踏まえつつ、すでに公表されている学校法人東京電機大学男女共同参画推進宣言の5つの基本方針に沿って策定したものである。

1.男女共同参画に係る推進体制の確立
 本計画を着実に推進していくためには、学校法人東京電機大学男女共同参画推進委員会が中心となって学内における実施状況を把握するとともに、評価、再調整など継続的な取り組みを行う。さらに、他大学との連携を深め、情報交換しつつ、共催行事実施などについて検討を深める。

2.教育・研究活動及び就業の場における男女共同参画の啓発と推進
 教職員・学生の数的構成の男女格差を是正し、大学運営の意思決定における男女共同参画の実現をめざす。女性教職員のいない学科等については積極的に女性教職員の採用を進める。

3.男女共同参画推進の視点に立ったワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の実現
 男女ともに育児・介護休業制度を取得しやすい環境整備・相談体制の充実を行う。

4.地域社会における男女共同参画の推進
 地域の自治体等の男女共同参画担当部局と連携し、情報交換に努める。

5.男女共同参画推進の視点に立った次世代を担う人材の育成
 社会で活躍している女性研究者を紹介し、受験生に将来のロールモデルの情報を提供する。女子受験生に出張授業などを通じて、理工系への進路選択について有効な啓発活動を行う。

平成23年11月25日
学校法人東京電機大学男女共同参画推進委員会

ページトップへ戻る

検索

閉じる