トップ > 大学案内 > 学園概要 > 東京千住キャンパス第2期計画(Ⅰ街区建物)

東京千住キャンパス第2期計画(Ⅰ街区建物)

 東京電機大学は、学園創立100周年を機に、東京神田で育んできた教育・研究機能を、 2012(平成24)年に足立区の東京千住キャンパスに展開し、次の100年に向けた新たな歴史を刻んでいます。
 東京千住キャンパスでは、建学の精神「実学尊重」と教育・研究理念「技術は人なり」を堅持し、輝き続ける東京電機大学の実現のため「ものづくり教育」をより一層重視し、理工系私立大学のトップになることを目指しています。
 学校法人東京電機大学中長期計画(TDU Vision2023)において、本学は2017(平成29)年に全学的改編を行い「横型統合的教育」と「縦型統合的教育」を軸とした新たな教育の実現を計画しています。全学的改編の具現化及び大学院の充実等に向けて、東京千住キャンパス第2期計画(Ⅰ街区建物)の建設を着工しました。その概要及び進捗等について、ご紹介します。


東京千住キャンパス第2期計画(Ⅰ街区建物)便り

東京千住キャンパス第2期計画パンフレット

TDU千住キャンパス第2期計画完成予想図

ページトップへ戻る

検索

閉じる