トップ > 大学案内 > 学園概要 > 学園創立100周年宣言

学園創立100年宣言

学園創立100周年宣言
「東京電機大学人の基本姿勢」



1.私たちは、技術の教育・研究を通し社会に貢献する人材を育成します。

2.私たちは、技術を通し社会に貢献したい人のために学校を運営します。

3.私たちは、学生・生徒を最優先に考え、優れた教育に価値をおきます。

4.私たちは、学生・生徒が活気にあふれ、卒業生が活躍することを誇りとします。

5.私たちは、時代をリードし社会が求める人材育成を目指し、常に変革します。




私たち東京電機大学の目標は、「技術で社会に貢献する人材の育成」に集約されます。
そしてこれを達成する3つの指針を尊重しています。

ひとつは建学の精神である「実学尊重」、つまり実社会で役立つ技術を大切にするという考え方。もう ひとつは初代学長丹羽保次郎博士の名言である「技術は人なり」、よき技術者は人としても立派でなければならないという考え方。そして創立時から受け継がれる「学生のための学校」、学生にとって良い学校であることが根本であるという考え方です。すなわち「学生・生徒主役」であるということです。
明治40年の電機学校創立時から社会は大きく変化を遂げてきました。しかし私たちの教育、研究に対する思いは変りません。

私たちは基本姿勢と3つの指針を尊重し、次の100年を見据え新たな一歩を踏み出します。

平成19年1月

ページトップへ戻る

検索

閉じる